脱力ライフの館

Home » 暮らし » 食生活 » 子どもの偏食は仕方ない?好き嫌いの原因や克服の方法とは?

子どもの偏食は仕方ない?好き嫌いの原因や克服の方法とは?

calendar

reload

子どもの偏食は仕方ない?好き嫌いの原因や克服の方法とは?

皆さんは食べ物の好き嫌いはありますか?

特に子どものうちは好き嫌いもたくさんあるでしょうが、親になってから自分の子どもの好き嫌いに苦労している人も多いのではないでしょうか。

子どもの好き嫌いは仕方ないのか、治すべきなのか、「自分も子供の頃は嫌いな食べ物があったな~」と考えると、難しい問題ですね。

そこで、今回は子どもの好き嫌いの原因や影響、克服の方法についてお話していきます!

子どもの好き嫌いの原因

まずは、子どもの好き嫌いが起きる原因について確認していきましょう。多くの親御さんの悩みの種ですね。

子どもの好き嫌いの原因は大きく分けて2種類あります。

先天的な要因

ここで言う先天的というのは、子どもと大人では味覚が異なるということです。皆さんも思い当たることはありませんか?昔は食べられなかったけど、今は好んで食べているなど。(野菜とか)

味覚の問題

苦いもの酸っぱいものは当てはまる人も多いようです。それは、人間は本能的に、そのような味のものに危険を感じているから。

苦い→毒?

酸っぱい→腐っている?

このような感覚が備わっているため、子どものころは好き嫌いが増えるようです。

僕も昔からほとんどの野菜が苦手でしたね。今もそれほど改善していませんが笑

子どもの味覚は成長とともに変化していくものなので、急に食べられるようになったり、逆に食べられなくなることもあります。

成長の過程で発生する好き嫌いなので、それほど気にする必要もないでしょう。

食べたことが無いという問題

また、子どもは食べたことのない食べ物や料理を避けることがあります。食べ慣れたものならどんな味かわかりますが、知らない食べ物は未知数ですからね。

「もしも嫌いな味だったらどうしよう・・・」

このような考えから、食べ慣れた好きなものばかりを食べてしまうケースもあります。

後天的な要因

「先天的」があれば、「後天的」もあります。ここで言う後天的は、周囲の環境から受ける心理的な要因です。簡単に言ってしまうと、トラウマですね。(結構引きずるんですよね~)

「食べずに残して怒られた」、「こぼしてクラスの子たちにバカにされた」など、傷付いてその食べ物へのイメージが悪くなってしまうことが多いです。嫌な思い出ほど、よく覚えているものです・・・

また、親の好き嫌いも影響します。親の嫌いな食べ物は子どもも嫌いになってしまうことがありますよ。

ただ、味自体が嫌いなわけでなければ、いずれは克服できるようになるかもしれませんね。「嫌なイメージがあったけど、試しに食べてみたら大丈夫だった」みたいなこともあり得る話です。

好き嫌いで成長に影響はある?

「何で、好き嫌いはダメなの?」

誰もが一度は考えたことのあるような疑問ですね。

正直なところ、好き嫌いがあっても他の食べ物から必要な栄養素は摂取可能ですから、身体の成長という点ではそれほど問題はないでしょう。栄養に偏りがない場合の話ですが・・・

ちなみに、食べているものによって、身体面、精神面に影響が出ることもあります。

また、嫌いな食べ物があるというのは大人になってから影響するかもしれませんね。

大人の好き嫌いの影響とは?

職場の人や友人など、他の人と一緒に食事をした際、嫌いなものを残すと、悪いイメージを持たれるかもしれません。

「えっ・・・この人、これを食べれないの?」

僕が所属しているサークルにも野菜嫌いの偏食の人がいるのですが、サークルの人たちからバカにされたり、呆れられたりしているのをよく見かけます。

もしくは、「食材を大切に」という考えを持っている人から見たら、食べ物を残す行為は「もったいない」ですよね。大人なので、いちいち指摘されることも少ないかもしれませんが、内心はどのように思われているかわかりません。

好き嫌いを克服させる方法とは?

さて、ここまで、原因や影響について話してきましたが、好き嫌いがあることは仕方ありません。人それぞれ原因はあるものです。たとえば、味覚の問題ならどうしようもないですからね。

しかし、できれば「食わず嫌い」は減らしたいところ。子どもの好き嫌いを無くす、皆さんはどのような方法を考えましたか?

絶対にやってはいけないのが、「食べなさい!」と叱ることです。なぜかというと、原因のところで話した「後天的要因」につながります。要するに、嫌な記憶が残ってしまうわけです。楽しい食事でないと、自然に拒絶してしまいます。親に「勉強しなさい!」って言われたら、やる気が無くなりますよね。それと同じようなものです笑

そこで、次のような方法を試してみましょう。

慣れるまで少しずつ食べさせる

子どもの好き嫌いは、嫌いな食べ物の味に慣れていないだけというケースもたくさんあります。そのため、何度も食べさせることで慣れていき、食べられるようになっていくのです。

日々の食事で少量ずつ料理に含めれば、改善していくでしょう。ただし、無理やり食べさせるのはNG。

食べたら褒める

子どもは親に褒められると嬉しいものです。「嫌いなものを頑張って食べたら、お母さんに褒められた!また褒められたいから、もう一度食べよう!」という思考にさせることで、積極的に食べさせることができます。

心理的に、その食べ物を食べることに良いイメージを持たせることができると、進んで食べるようになるかもしれませんね。

お腹を空かせる

あたりまえの話ですが、お腹が空いていないと美味しい食事にはなりません。間食を減らしつつ、空腹状態にしておきましょう。(ちゃんと食事はさせてあげてくださいよ笑)

調理法を変えてみる

嫌いな食べ物には何かしら理由があります。においが苦手、食感が気持ち悪いなど色々考えられます。

僕の場合はキノコがだめでした。

あの香りと食感の組み合わせが苦手で、子どものころは苦労しました。

調理法を変えるだけで食べられるようになることもよくありますから、色々試してみると良いかもしれませんね。

「食べないと損」と思わせる

たとえば、「このお肉高いやつだよ?」というように高級感があるように見せたり、「これはなかなか食べられないよ?」と珍しいものに見せて興味を引くと言う方法も面白いかもしれません。

もちろん、これを毎日言っていたら効果はありません。たまに言ってみると何かしら変化が起きるかもしれませんね。

まとめ

さて、今回は子どもの好き嫌いについてお話してきました。食べ物を好きになるのも、嫌いになるのも、何かしらの理由があります。お子さんの気持ちを考えながら接してあげると良いでしょう。

味覚は人それぞれですから、「好き嫌いが多いのはダメ!」ってことでもありません。自然に慣れさせるのが良いでしょう。

困ったときは自分が子どもの頃のことを思い出して見るのも良いかもしれませんね。