脱力ライフの館

Home » 暮らし » 覚醒?理性崩壊?深夜テンションの原因や対策とは?

覚醒?理性崩壊?深夜テンションの原因や対策とは?

calendar

reload

覚醒?理性崩壊?深夜テンションの原因や対策とは?

皆さん・・・「深夜テンション」の経験はありますか?

深夜になると、普段やらないようなことを勢いでやったり、ちょっとしたことで笑ってしまったり・・・

後から思い出すと奇行に走っていたかも・・・これが深夜テンションです。しかし、何が原因でこのような状態になるんでしょうか?

そこで、今回は深夜テンションが起きる理由についてお話していきます。

深夜テンションとは?

まずは、深夜テンションとは何かを知っておきましょう。

深夜テンションって何?

深夜テンションは、日中はできないようなこと(価値観とか恥ずかしいとかの理由で)を平気で行えるようになったり、普段は笑わないようなくだらないことでも面白く感じてしまう状態です。

このような状態になれば、深夜テンションになっている可能性が高いですね。

僕も経験があるのですが、友達と深夜まで遊んでいて、夜中1時くらいから頭脳戦のゲームを始めたり・・・

頭が回っていない状態で脳を使うゲームをすると、奇行に走ることが多いんですよね。

「何で今それを選んだ・・・?」

普段の自分たちならやらないようなミスをして、何故か笑えてしまいます。

深夜テンションになるとどうなる?

深夜テンションといっても、人によって陥る状態は変わるようです。

僕の場合はテンションが上がって笑いのツボが浅くなりますね。(周りに迷惑はかけてないはず・・・)

まあ、夜型の人間なので深夜テンションになることは少ないですが、友達と遊んでいる時はなりがちです・・・(楽しいからオッケー♪)

他の人の場合だと、ネットショッピングで衝動買いをしてしまったり、暴飲暴食を始めたり、SNSで謎の投稿をしたり、後悔することも多いようですね。

深夜テンションになる原因とは?

さて、ここからが本題ですね。深夜テンションは何から生まれるものなのでしょうか?確認していきましょう。

深夜テンションの原因①:夜になると脳機能が低下する

人間の行動や思考は、脳の中の「本能的な感情を生み出す部分(大脳辺緑系)」「その感情を制御する部分(前頭前皮質)」この2つの機能のバランスによって決められています。

夜になると、前頭前皮質の機能が落ちてしまうため、感情的な言動が増えてしまうのです。

大脳辺緑系

感情と本能を司る部分。自動車で言うところのエンジンみたいなものですね。

前頭前皮質

理性的な判断や行動を行うための脳の領域です。感受性や好奇心などにも関連するので、活性化した状態だと、仕事や勉強の効率・やる気が高まります。

自動車で言うところのハンドルですかね。上手く制御できないと暴走してしまいます。

深夜テンションの原因②:前頭前皮質の機能は午後になると低下する

前頭前皮質の機能は起床してから午前中に機能が高まっています

そして、午後になると前頭前皮質の機能が落ちていきます。

ずっと機能が落ちていくと深夜にはどうなるでしょう・・・

車のハンドルが正常に動かなくなるようなものです。暴走します。

本能的な感情を制御する機能が落ちていくので、バランスがくずれていきます。感情が制御できなくなってくると、理性崩壊のような状態になるのでしょう。

深夜テンションの対策とは?

次に、深夜テンションの対策法について見ていきましょう。

深夜テンションの対策①:夜は寝ること

これが一番わかりやすい解決策ですね。深夜に行動しなければ深夜テンションにもなりませんから笑

ただ、僕のように夜型の人もたくさんいるでしょう。夜に寝るなら、朝型の人間にならなければいけません。

朝型になるのは

「メラトニン」「セラトニン」を知っていますか?どちらも体内で分泌されるホルモンなのですが、朝型人間になるための重要なホルモンです。

メラトニン

睡眠ホルモンとも呼ばれるようです。分泌が多いと眠くなります。日中にメラトニンが分泌されると夜型人間になるわけですね。

対策としては、日光を浴びるとメラトニンの分泌量を抑えられるようです。

セロトニン

セロトニンは脳を活性化させるためのものです。主な効果としては、

・覚醒作用

・ポジティブシンキング

・姿勢改善

・痛みの緩和

が挙げられるようです。セロトニンが昼間に多く分泌されれば朝型人間に、夜に多く分泌されれば夜型人間になりますね。

メラトニン同様に、日光を浴びることで分泌を調整できるとか。

日光を浴びることで、無意識に体内時計がリセットされているのかもしれませんね。

深夜テンションの対策②:有効活用できる?

深夜になると思考力が落ち、理性も崩壊してしまう可能性があるという話でしたね。この状態、何かに使えないでしょうか?

深夜にやらないほうが良いこと

・思考力が落ちてしまうので、思考力を伴う仕事や勉強は効率が悪い

・変に行動力・決断力が出てくるので、ネットショッピングやSNSへの投稿は控えめに

・体型を気にするなら、衝動食いは避けましょう。(水とか飲むと良いですよ)

深夜テンションが役立つかも?

・感情の制御がきかなくなる→表現力が増す?→芸術には活かせるかも?

(調べてみたところ、深夜に作業をする芸術家もいるようです)

・つまらない単純作業

音楽を聴きながらとかでテンションを上げると、楽しく作業できるかも?

新しいことに挑戦

たとえば、投資やネットビジネスなど、興味はあるけど決心がつかないとき。深夜テンションで色々と調べると、やる気が出てくるかも?(僕もブログを始める決意をしたのは深夜だった気がします)

まとめ

さて、今回は深夜テンションになる原因や対策についてお話してきました。

まあ、僕としては周囲に迷惑をかけなければ、深夜テンションは良いと思いますが。(楽しいし・・・)

理性を崩壊させる深夜テンション・・・行動力もすさまじいですから、上手く使えば人生を変えることにもつながるかもしれませんね。