脱力ライフの館

Home » 教育・勉強 » 読書 » 小説で手軽にストレス激減?読書がストレス解消につながる理由とは?

小説で手軽にストレス激減?読書がストレス解消につながる理由とは?

calendar

reload

小説で手軽にストレス激減?読書がストレス解消につながる理由とは?

皆さんのストレス解消は何ですか?僕の場合は運動したり、ゲームをしたり、本を読んだり・・・

自分の趣味があれば、それでストレスを減らすことが出来ますね。

ところで、小説を読むのがストレス解消に良いという研究結果があるようです。

そこで今回は、なぜ小説がストレス解消に良いのかについてお話していきます。


ストレス発生の仕組みとは

そもそも、ストレスはどのような仕組みで生まれるものなのでしょうか。

簡単に言うと次のような流れでストレスになります。

不安や恐怖を感じると、脳にある「扁桃体」という部分がストレスホルモンを分泌(もしくは自律神経が興奮)

→心拍数・血圧の増加(ストレス反応)

→うつ病、じんましんなどの症状が発生

主な流れはこんな感じですね。日常生活の中でストレスが積み重なると、症状も重くなっていきます。

なぜ小説でストレスが減る?

ここからが本題ですね。まだ、小説とストレスの関連性がわかりません。

ストレスを減らせるということは、扁桃体の働きを抑えられるということ。

本にそのような作用があるのはなぜでしょうか?

本の内容に没頭する

人はストレスを感じたとき扁桃体が興奮し、ネガティブな発想を引き起こしてしまいます。

ネガティブな発想は日常生活に関連して浮かんでくるもの。仕事上での不満だとか、疲労。他にも、プライベートでイライラすることなどもたくさんありますよね。

ところが、小説を読んでいる間はネガティブな発想が浮かんできません。本の内容に没頭するとともに、頭の中で状況を思い浮かべたり・・・

現実のことを考えている暇が無いんですよね。

ネガティブな発想が抑えられるということは、扁桃体の活動が抑制されているということ。簡単にいうと鎮静効果があるということです。

共感能力が働く

小説を読んでいると、自然に感情移入してきますよね。すると、登場人物の言動に共感したり、小説の中の人間関係を意識したりします。

人間とは、基本的にコミュニケーションを好むので、孤独が苦手な生き物です。そして、孤独感が不安や恐怖につながり、ストレス発生につながります。

小説は孤独感を無くすために役立つわけです。登場人物に共感することで、人と関わっているように感じ、ストレス解消につながります。

ちなみに、登場人物へ感情移入するようになると、共感力が高まります。(共感することも能力)

そして、現実でも相手の気持ちがわかるようになってきます。すると・・・

コミュニケーション能力が高まりますね。そして、さらに共感の経験が増え、ストレス解消にもつながります。

つまり、小説を読むと、ストレスを減らせるだけでなく、ストレスを溜めにくい脳にすることが出来るのです。

読書でストレスを減らすコツ

次に、読書でストレスを緩和するためのポイントを確認していきましょう。

好きなジャンルの本を読むこと

小説といっても、ジャンルは様々ですよね。恋愛・推理・友情・感動など。その中でも、好きなジャンルが人それぞれあると思います。

ポイントは好きなジャンルの話を読むこと。なぜなら、感情移入しやすいからです。

逆に、興味の無いジャンルだと、つまらなく感じるかもしれません。話を楽しめないと、読み続けることが苦痛になってきますよね。余計なストレスになるかも・・・

長時間読む必要はない

読書が好きな人なら良いのですが、そんなに好きじゃない人もいますよね。

でも、そんな人でも問題ありません。ストレス軽減のための読書は、短時間でも良いからです。(30分とか)

通勤・通学時間とかの隙間時間に本を読むと時間を有効活用できて、ストレスも減らせる!一石二鳥みたいな感じですね。

小説以外でも良い

必ずしも「小説を読まないと効果が無い」というわけではありません。ポイントはストレスによるネガティブ思考を抑えること。没頭できる本なら良いんです。

他にも読書の効果は様々

読書はストレス解消以外にも色々な効果があります。脳の活性化だったり、自分の力につながるものばかり!

詳しくは下記の記事を読んでみてください!

読書に意味はある?脳への作用とは・・・

 

朝読書は何のため?得られる効果とは・・・

 

寝る前読書で睡眠の質が向上する?

 

読書で国語力が上がるって本当?

まとめ

さて、今回は読書でストレスを減らせる理由についてお話してきました。

「読書は頭が良くなる」みたいなイメージもありますし、ストレスを減らしつつ自分を成長できるという点で優れたツールと言えそうです。

読書が苦手な方も、少しずつ読んでみると良いかもしれませんよ。

ガムを噛むとストレスが減る?