脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 花粉症は腸から対策!?症状を和らげるための食べ物とは?

花粉症は腸から対策!?症状を和らげるための食べ物とは?

calendar

reload

花粉症は腸から対策!?症状を和らげるための食べ物とは?

花粉症は本当に辛いですね(唐突)

目が痒くなったり、鼻水が止まらなくなったり・・・

体質なので、完全に治すことは難しいです。それでも、なんとか症状は緩和させたいところ。

ここで、皆さんに朗報です!

花粉症は食べ物で改善できるのです。

そのなかでも、今回は花粉症対策として、腸から改善する食べ物についてお話していきます。

花粉症の原因とは?

皆さんは花粉症の原因って知ってますか?

実は、簡単に言ってしまうと、アレルギー反応の一種なんです。体が花粉を敵とみなして、体内に入ってくるのを防ごうとする。

このときに、鼻水とかが出てくるんですね。花粉症の症状は、自分を守ろうとして起きてしまうもの。有害な物質が体内に入るのを防ぐために、大切な機能ですが、無害な花粉にも反応してしまうのが残念・・・

原因について、詳しくは下記の記事をご覧ください!

花粉症の仕組みや原因とは?

アレルギーの緩和・・・ポイントは腸?

アレルギー対策に有効な食べ物はたくさんありますが、そのなかでも、腸内環境を整える食べ物が効果的です。(何で腸なの?)

アレルギーは体の免疫機能に深く関連しますが、なんと、その免疫機能・・・

60%以上が腸に集まっていると言われています。ということは、腸の状態を変えるとアレルギー症状の程度も変わってきますね。

善玉菌を増やす

「腸内環境を整える!」

・・・どうやって?

答えは簡単!善玉菌を増やしましょう。

善玉菌といえば、代表的なものは乳酸菌。他にもビフィズス菌とかありますね。

善玉菌の働きは悪玉菌の増加・定着を防ぎ、感染の予防をしたり、有害物質を体外に排出すること。

ちなみに、悪玉菌は腐敗物質の産生や老化につながるとか(恐ろしい・・・)

免疫力をアップ

善玉菌が増えると、なぜ、花粉症の対策になるのか。

腸内環境を整えることは、体の様々な機能を正常に保ち、免疫力を高めることにつながります。

花粉症の原因は、体内で分泌される「ヒスタミン」という物質(鼻水とかを作る元)。免疫力が高まれば、ヒスタミンの分泌量を抑えることができます。

免疫力が高まれば有害物質が体内に入っても対応できるので、花粉の侵入自体を防ぐことが少なくなるってことですかね。

「結局は健康的な体を作るのが大切」って結論になりそうですね笑

善玉菌を増やす食べ物とは?

善玉菌を増やす方法は2種類。善玉菌を含む食べ物を食べるか、善玉菌を育てる食べ物を食べるかです。

善玉菌を含む食べ物

善玉菌の代表的なものである乳酸菌やビフィズス菌は主に、食べ物から取り入れることになります。

食べ物でわかりやすいのがヨーグルト。他にも、ぬか漬けやキムチなどにも乳酸菌が含まれているようです。また、飲むヨーグルトや乳酸菌飲料からも取り入れることができますね。

善玉菌を育てる食べ物

せっかく善玉菌を摂取しても、腸内で生きてくれなければ意味がありませんね。

善玉菌の主なエサは「食物繊維」。ごぼうやニンジンなどの根菜には食物繊維が豊富です。他にも、きな粉は花粉症対策に有効とされています。食物繊維とオリゴ糖がバランス良く含まれており、腸の状態を整えるとか。

悪玉菌を増やしてしまう食べ物

逆に、花粉症で悩む方が控えた方が良い食べ物もあります。控えた方が良い食べ物とは、悪玉菌を増やしてしまうもの。

悪玉菌は体に対しても有害な物質を生成するので、健康面を考えても、意識しておきたいですね。

控えるべき食べ物は脂肪分の多い食品。霜降り肉とか揚げ物とかは脂質が豊富です。

消化しきれなかった脂肪分が、悪玉菌を増やす原因になってしまうようです。悪玉菌は善玉菌の数も減らしてしまうので、花粉症が悪化しやすくなります。

もちろん、「全く食べてはいけない」ってことではないですよ笑

食べ過ぎには注意ってことですね。

まとめ

さて、今回は花粉症対策として、腸内環境を整える食べ物について紹介してきました。

ただ、簡潔にまとめると、健康的な食事を心掛けましょうって結論に落ち着きますね笑

まあ、「花粉症対策のつもりで取り入れて、健康的な体にもなる!」と考えれば、一石二鳥みたいになりますね。

花粉症を緩和するための飲み物とは?