脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » イライラするのはカルシウム不足!?・・・本当に関係するの?

イライラするのはカルシウム不足!?・・・本当に関係するの?

calendar

reload

イライラするのはカルシウム不足!?・・・本当に関係するの?

イライラしている人に対して、「カルシウム足りないんじゃないの~?牛乳飲みな!」みたいな言葉が言われることって、よくありますよね。

でも、皆さん疑問に感じませんか?

「なんで、イライラにカルシウムが関係するの?気持ちの問題でしょ」

ということで、今回は「カルシウムがイライラ解消に良い説」の嘘or本当についてお話していきます!

カルシウムの役割

まずは、カルシウムの体内での役割からチェックしていきましょう。

カルシウムの機能

皆さん、「カルシウムの働き」と聞いて思い浮かぶのは何ですか?

骨を形成するなどですかね。実際、体内のカルシウムのうち、99%は骨や歯に含まれています。

「じゃあ、残りの1%は何?」って話になりますね。残りの1%は「機能カルシウム」と呼ばれるのですが、血液や細胞に存在しています。主な機能は次の2つ。

1つは、脳から筋肉へ送られる神経の情報伝達を助ける機能。

もうひとつが、血液の凝固作用を促す機能になります。

カルシウム不足→イライラの考え方

どうやら、「カルシウムが不足するとイライラする」という認識は、次のような考え方に基づくようです。

・機能カルシウムの不足

→脳から神経・筋肉への情報伝達の手助けが上手くいかなくなる

→精神的なバランスが乱れる

・・・この考え方は正しいのでしょうか。

カルシウムはイライラに無関係?

さて、本題ですね。カルシウム不足はイライラにつながるのか・・・

結論からいうと、すぐにイライラに直結するわけではありません。よくよく考えてみたら、そうですよね。

血液中のカルシウム濃度が低下しても、体内にはカルシウム自体はたくさんあります。99%は骨や歯にあるんですから。

そして、身体の機能として、血液中のカルシウムが不足すれば、骨からカルシウムを血液に送る仕組みが出来ています。血中の濃度が下がって異常が生じるなら、一定に保つように身体は調節するんです。

ということで、「カルシウムの不足」と「イライラ」はそれほど関連性は無いようです。逆に、カルシウムをたくさん摂取したらイライラしなくなるってわけでもないですね。

長期的に見たら、カルシウム不足はイライラにつながる?

それでも、カルシウムの摂取は大切です。血中の濃度が下がれば骨から補いますが、普段からカルシウム摂取量が少なければ、骨という貯蔵庫内のカルシウムはどんどん減っていくわけです。

骨の中のカルシウム量が不足すれば骨密度は下がりますし、成長期は特に身体への影響は大きいです。

そして、骨のカルシウムが不足した場合、血中カルシウム濃度の調整機能に影響が出るかもしれませんね。調整機能が乱れた場合、イライラにつながる可能性もありそうです。

まとめ

さて、今回は「カルシウム不足はイライラにつながる説」の嘘、本当についてお話してきました。

結論的にはどうなるんでしょうね笑

短期で見た場合は特に関係はありませんが、長期で見たら影響が出るかもしれない・・・

まあ、健康のためにもカルシウムは欠かせませんから、日常的に摂り入れておいた方が良いですね。体内に蓄積させておかないといけませんから、普段からカルシウムの多い食べ物や飲み物を摂取しましょう。

というわけで、結論は・・・

わからない!

イライラの原因や対処法とは?

 

イライラを緩和するための食べ物とは?