脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » イライラは食べ物で解消!?必要な栄養素とは?

イライラは食べ物で解消!?必要な栄養素とは?

calendar

reload

イライラは食べ物で解消!?必要な栄養素とは?

私たちの日常は会社や学校、友人関係などで、多くのストレスに晒されています。溜まりに溜まったストレスはイライラにつながり、周囲の人に怒りをぶつけてしまうこともあるでしょう。

イライラは出来れば、取り除いておきたいもの。何か方法はないでしょうか?

・・・実は食べ物でイライラを解消できるのです。

ということで今回は、イライラに良い食べ物や栄養素についてお話していきます。

血糖値の変化がイライラにつながる?

糖分を摂取すると、体内に吸収されて血糖値が上がりますよね。血糖値が上がると、インスリンが分泌されて、血糖値が下がります。

血糖値が高いと、人は高い集中力を保つことができます。つまり、脳を使うためには糖分は不可欠なわけですね。(「朝ごはんはちゃんと食べましょー」って言われるのも、これが理由)

じゃあ、血糖値が低いとどうなるのか。眠くなったり、何となく無気力な状態なってしまうんですよね。

集中力をキープするポイントは血糖値?効果的な食べ物や飲み物とは?

そして、低血糖の時は、血糖値を高めるためのホルモンが分泌されます。

実はこのホルモン、ストレス時に分泌されるものと同様なんです。しかし、ストレス状態でないときにこのホルモンが分泌されると・・・

気分が落ち着かなくなったり、焦りの気持ちが湧いてきたり。

これがイライラにつながるんですね~

ということで、イライラを抑えるためには血糖値の急激な変化を避けることが大切。予防策みたいなものですかね。暴飲暴食は逆にイライラを悪化させるかも?

イライラに良い栄養素とは?

さて、イライラに効果的な栄養素といえば、何が思い浮かびますか?

今回はいくつかの効果的な栄養素についてお話していきます。

カルシウム

イライラしてるときに、「カルシウム足りないんじゃないの~?」って言われたことはありませんか?

カルシウムといえば骨や歯を形成するための栄養素ですが、神経にも関連するんです。伝達機能の興奮を抑える働きがあるので、イライラの抑制にもつながります。

主に、乳製品や魚類、ホウレンソウから摂取できます。

イライラとカルシウムは関係あるの?

ビタミンC

ビタミンCの不足は、ストレスを溜める原因になります。そして、ストレスがイライラにつながりますから、ビタミンCの摂取は欠かせません。

ちなみに・・・

ビタミンCは水溶性です。これはどういうことかというと、体内に蓄積させることができないってことです。水に溶けて、体外に排出されてしまいます。そのため、ビタミンCは毎日摂り入れるのが理想です。

主に、柑橘系から摂取可能です。他にもキャベツやピーマンにも含まれていますね。

ビタミンB1

ビタミンB1はブドウ糖の代謝に関連します。ブドウ糖といえば、脳のエネルギー。イライラしているときは脳の働きも悪くなっているので、ブドウ糖が脳に行き渡ることは大切です。

ということで、ビタミンB1を摂取すると、さらに効果的。

主に、さつまいもや豆類・ナッツ類、豚肉から摂取できます。

イライラに良い食べ物とは?

さて、基本的には、上記のような栄養素が含まれている食べ物を食べれば良いわけですが、その他、効果的な食べ物をいくつか紹介していきます。

クルミ

ナッツ類の中でも、クルミはストレス解消に最適なスナックです。ポイントはセロトニンの分泌につながること。セロトニンは「幸せホルモン」とも言われており、気分を安定させたりポジティブ思考になるとか。

うつ病のリスクも下がるようですよ。

おやつとして、サラダに混ぜて、など食べ方の幅が広く、自分なりに工夫できるのも良いところですね。

ブルーベリー

ブルーベリーといえば、視力回復に良いということで話題になったこともありますね。

アントシアニンは本当に目に良い?身体への9つの健康効果とは

しかし、ブルーベリーに含まれるアントシアニンにはストレスを軽減する効果もあります。

また、ビタミンCも含まれていますから免疫力を高めることにもつながりますね。ヨーグルトと混ぜて食べるなどで、さらに大きな効果も期待できそうです。

ちなみに、生のブルーベリーって手に入りにくいですよね・・・

でも、冷凍でもドライフルーツでも効果は同様。食べやすい形で食べてください。

ダークチョコレート

「・・・何それ?」

まず、チョコレートの一種です笑

チョコレートってカカオ豆で作られていますよね。ダークチョコレートは「カカオの含有率が70%以上」のチョコレートのことを言います。特徴はポリフェノールの豊富さ。ポリフェノールにはストレスホルモンの血中濃度を減少させる効果があります。

もちろん、普通のチョコレートでも良いですよ。糖分が入っているので、脳に栄養を送るという意味でも良いでしょう。

まとめ

さて、今回はイライラに効果的な栄養素や食べ物についてお話してきました。身近な食べ物で対策することができるので、実践しやすいですよね。

イライラも心の問題。栄養素で緩和できるなら、しておきたいところです。

イライラの原因や仕組みとは?