脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 食べ物・飲み物 » 【炭酸水は歯を溶かす説】歯や骨への影響とは?

【炭酸水は歯を溶かす説】歯や骨への影響とは?

calendar

reload

【炭酸水は歯を溶かす説】歯や骨への影響とは?

「歯が溶けるから、炭酸水はあまり飲まない方が良い」

こんな話を聞いたことはありませんか?

う~ん、考えにくいですよね。でも、「炭酸水は酸性の飲み物だから溶けるのでは?」と考える人もいるようです。

ということで、今回は「炭酸水は歯を溶かす説」の真偽についてお話していきます!

炭酸水で歯は溶ける?

さて、さっそく本題ですね。炭酸水に歯を溶かすような作用はあるのか?

どんな食事でも、歯は溶ける?

「炭酸水を飲んだら歯が溶ける!」という考え方はありますが、そもそもの話をすると、普段の食事で歯の表面のエナメル質は溶けています

しかし、これに関して、基本的には特に危険はありません。それは、分泌される唾液が溶け出したミネラル分を石灰化することで、歯を修復してくれるから。つまり、食事の度に溶けては修復して・・・を繰り返しているわけです。

これは酸性の食べ物や飲み物を口にした場合でも同じこと。一時的に歯の表面は溶けますが、その後修復されて元に戻ります。ただし、溶ける程度によっては修復が間に合わないことも・・・

砂糖を含む炭酸飲料は危険?

さて、「酸性のものでも問題ない」と直前に言いましたが、危険な場合もあります。それは、加糖された飲み物

たとえば、コーラのような糖分を含む飲み物は歯に悪影響と言われています。

ここで重要なのが、問題なのは炭酸ではなくクエン酸やリン酸などの酸であるということ。これらの酸は、糖分の含まれる炭酸飲料には酸味として大量に含まれているようです。

歯が溶け始めるPHは5.5

「・・・その前に、PHって何?」

PHは酸性やアルカリ性の程度を表す指標です。(PHが7だと中性)

7未満になると酸性に、7より上になるとアルカリ性になります。そして、口の中の酸性度が強くなると、歯が溶けるとされています。目安としては、PHが5.5を下回ると歯が溶け始めると考えておきましょう。

ちなみに、フレーバー入りの炭酸水(オレンジジュースとか)のPHは3.5~4.0位なので、結構強い酸性です。

普通に飲んでいるだけで溶けるということはありませんが、大量に飲むと口の中の酸性度が強くなって、歯の修復が難しくなる可能性はあります。

無糖の炭酸水なら大丈夫?

糖分を含む炭酸水だと歯を溶かす原因になることはありますが、無糖の炭酸水の場合はどうなるのでしょうか?

無糖なら問題ない

最近は無糖の炭酸水も有名になりましたね。ダイエットなど、健康面を気にして飲む人もいます。

そこで疑問になるのが、「歯や骨に影響はないの?」ということですが、基本的には問題ありません。

確かに、PHでいうと、無糖炭酸水は5.5を下回っています。しかし、それほど酸性は強くありません。「大量に飲む」、「口の中に長時間含む」といったことをしなければ、心配無し!

むしろ、色々な面で健康に良いので、生活に取り入れることをおすすめします。

炭酸水で得られる7つの健康効果とは?

骨は細くなる?

炭酸水を水分補給として摂り入れても、骨が溶けるなどの問題はないのでしょうか

・・・問題ありません!

まあ、そもそも炭酸水が直接、骨に触れるわけではないですからね笑

炭酸水は胃に入り、炭酸ガスは血液中に吸収され、水分も普通の水と同様に吸収されます。炭酸ガスは二酸化炭素のことで、二酸化炭素は元々血液中に含まれていますね。ということは、炭酸水を飲んだからといって、身体に大きな変化は現れないわけです。

そして、胃酸も強い酸性ですから、炭酸水を飲んだ程度では影響はないです。

実際、ある研究によると、炭酸水を飲むことによって、骨密度が変化することはなかったとか。(コーラを飲んだ場合は骨密度が下がったらしい)

危険な場合もある?

さて、無糖炭酸水は基本的には危険は無いわけです。しかし、飲み方によっては歯に悪い場合も・・・

どんな場合だと思いますか?

たとえば、無糖炭酸水を飲むときに、甘いお菓子を食べた時。これは実質、糖分を含んだ炭酸水を飲んでいるようなものです。口の中で、お菓子に含まれる糖分と炭酸水が混ざりあい、加糖された飲み物を飲むのと同じ状況になってしまいますね。

他にも、「砂糖が入っていなくてカロリー0」の炭酸水でも、クエン酸などの酸が含まれていることがあります。飲み方によっては歯に悪影響になるでしょう。

歯に優しい炭酸水の飲み方とは?

さて、炭酸水を飲むにあたって、次のことを意識すると、安心して炭酸水を楽しめるでしょう。

成分表示の確認

無糖かどうか(人工甘味料の有無も)の確認に加えて、クエン酸などの酸が含まれているかもチェックしておきましょう。

もちろん、「それらを含んだものを飲んだらダメ!」ということではありませんよ笑

あくまでも、大量摂取がNGということ。

口の中に溜めない

これは実際にイメージしてみると、わかりやすいですかね。すぐに飲み込むのと、しばらく口の中に溜めておいた場合。

口の中の「酸性の強さ」や「酸性の状態の時間」が変わってきますよね。

ちなみに、一番良いのはストローで飲むこと。炭酸水が歯に触れることなく飲みこめるので、歯へのダメージが少なくなります。

フレーバーのものを避ける

レモンやライム、柑橘系のフレーバーは特に酸性が強いので、砂糖の有無にかかわらず、飲み過ぎには注意。

飲み過ぎない

炭酸水が美容や健康に良いのは本当ですが、頻繁に飲んでいると、口の中を中性に戻すことが間に合わなくなります。

寝る前は飲まない

寝ている間は、唾液の分泌量が減ってしまいます。ということは、中性に戻す機能が弱まっているということ。

たとえ無糖のものでも、あまり飲まない方が良いかもしれません。

飲んだ後はうがいを

「口の中を中性に戻す」ということを第一に考えるなら、「炭酸水を飲んだら、うがい」を意識しましょう。他にも、普通の水やお茶を飲むことで、酸性を弱めることができます。

まとめ

さて、今回は「炭酸水は歯を溶かす説」についてお話してきました。

結局のところ、飲みすぎなければ歯には影響ないですね笑

「炭酸水ばっかり飲んでる」って人は、ちょっと気にした方が良いかも。

普通に飲む分には、歯の修復は容易です。

炭酸水を冷凍するとどうなる?フローズンの作り方とは?