脱力ライフの館

Home » 暮らし » 睡眠 » 「昼寝は太る」って本当?寝方によっては逆に痩せることも・・・

「昼寝は太る」って本当?寝方によっては逆に痩せることも・・・

calendar

reload

「昼寝は太る」って本当?寝方によっては逆に痩せることも・・・

「食べてすぐに寝ると、牛になるよ」

こんなこと、皆さんは言われたことはありませんか?でも、昼食後とかって、結構眠くなりますよね。よく、「食後に寝ると太る」という話を聞きますが、それは事実なのでしょうか。

どうやら、寝方によっては痩せる可能性もあるらしい・・・

ということで、今回は「昼寝は太る説」についてお話していきます。

昼寝で太る理由とは?

さて、お昼ごはんを食べた後、眠気を感じる方も多いでしょう。特に予定がなければ、昼寝をするという方もいるのではないでしょうか?

そこで心配なのが、太ってしまうこと。なぜ、太ると言われているのでしょうか。

エネルギー消費が少ない

寝ている時って、身体を動かさない分、消費エネルギーが少ないんですよね。(基礎代謝による消費くらいかな)

食事直後はエネルギー補給を終えたばかりの状態。しかし、摂り入れたエネルギーの使いどころがないと、摂取した脂肪分がそのまま中性脂肪として蓄積されます。

また、炭水化物は体内でブドウ糖に変換されますね。活動中であればブドウ糖も消費されるのですが、寝てしまうと体内に溜まってしまうようです。

昼寝で太るのは、「消費エネルギー < 摂取エネルギー」になっているからですね。

交感神経が乱れる

食事中や食後は少しずつ副交感神経が優位になり、身体がリラックス状態になっていきます。すると、血液が胃に集中し、眠気も感じるようになりますね。

ただし、食後すぐに寝ると、まだ交感神経が優勢の場合があります。その状態だと消化活動に支障が出てきます。(それでどうなるの?)

結果的に、代謝が落ちたり腸内環境が乱れたり・・・

さらに、栄養が上手くエネルギーに変換されず、脂肪として体内に残ってしまうようです。(怖い~)

夕食後の場合はもっと太りやすい?

昼食後の睡眠と夕食後の睡眠では、太りやすさも変わってくるようです。昼寝であれば起きた後、午後の活動次第ではエネルギーを消費できますね。しかし、夜は摂取したエネルギーを消費しきれません。(基本的にね)

夜は代謝も落ちているので、身体に脂肪が溜まりやすい状態になっています。

というわけで、夕食直後の睡眠はNG!

昼寝で痩せる場合とは?

さて、ここまでの話だと、「食後に寝ると太る」って言っているようなものですよね。

「違うの?」

もちろん太るケースもあるのですが、寝方によっては逆に痩せることもあるんです。(怪しいな~)

それには、いくつか理由があります。確認していきましょう。

短時間睡眠で痩せる

実は、食後の睡眠で太るのは熟睡した場合の話。

痩せる昼寝の睡眠時間は15~20分ほど。短時間の睡眠だと、「ノルアドレナリン」の分泌が促されて、脂肪代謝が高まるようです。ただし、熟睡してしまった場合は、その間にエネルギーが脂肪に変換されてしまいます。

あらかじめ、アラームを設定しておくと、20分ほどの昼寝ができますね。寝る前にコーヒーなどでカフェインを摂取しておけば、目覚めもスッキリしますよ。

消化の手助け

「え?寝たら消化の妨げになるんじゃないの?」

短時間の睡眠の場合は、逆に消化を促すことにつながるようです。たとえば、食後すぐに動いて、胃が痛くなった経験はありませんか?それはまだ、胃に血液が集中していなくて消化が上手くいっていないから。

昼寝をするってことは、身体を動かさないってことですよね。そのため、血液が胃に集まるまで身体を休め、消化機能を促進することにつながります。

基礎代謝が上がる?

まず、基礎代謝の説明をしておきましょう。簡単にいうと、人間が生きるための身体の機能によって消費されるエネルギーです。心臓の動きだとか胃の動きだとか、外からはわからなくても、体内では常にエネルギー消費が行われています。

「なんで昼寝で代謝が上がるの?」

実は、答えはもう出ています。それは、消化機能が促進されること。これは胃腸や肝臓の働きが高まることを意味しています。基礎代謝が上がれば、1日の消費エネルギーが増えますから、痩せやすい身体に変わっていきますね。

昼寝の痩せる以外のメリット

昼寝の良さは痩せることだけではありません。

ストレス解消

昼寝にはリラックス効果があり、ストレス解消に役立つようです。(なんで?)

短時間睡眠の場合、ストレスホルモンの一種である「コルチゾール」を減らすことができます。

ちなみに、コルチゾールには空腹感を促すホルモンである「グレリン」の数値を高める効果があります。ストレスで暴飲暴食になるのは、この理屈によるものなのかもしれませんね。

ということは、昼寝には精神的な負担や体重増加を減らす効果があるということですね。心身ともに健康になれるので、昼寝は良い習慣かもしれません。

作業効率アップ

短時間の睡眠を取ることで、眠気を無くしたり疲労回復できるので、午後の作業の効率が良くなります。そして、集中力や記憶力アップにもつながるので、社会人の方も学生の方も昼休みに仮眠をとると良いかもしれませんね。

(詳しくは下記の記事をご覧ください!)

↓↓↓

昼寝をすると作業効率が上がる?効果的な寝方とは

まとめ

さて、今回は「昼寝は太る説」についてお話してきました。

結論をいうと、「睡眠時間による」って感じですかね笑

短時間なら痩せて、長時間なら太る。アラームをセットしておけば解決!

昼寝にはメリットが多いですから、積極的に生活に取り入れていきたいですね。

昼寝は姿勢が大事?脳を休めるための寝方とは?