脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 食べ物・飲み物 » 軟水と硬水の違いとは?「水の硬度」は何を意味するの?

軟水と硬水の違いとは?「水の硬度」は何を意味するの?

calendar

reload

軟水と硬水の違いとは?「水の硬度」は何を意味するの?

近年では、市販のミネラルウォーターの種類が豊富になってきましたね。皆さんは、「種類によって味が違うな~」って思ったことはありませんか?

それは、水の硬度による違いかもしれません。そして、水は硬度によって「軟水」・「硬水」に分類されています。

そこで今回は、「軟水と硬水の違い」、「硬度とは何か?」についてお話していきます。

水の硬度で軟水と硬水が決まる?

軟水や硬水の話をするにあたって、硬度の話が重要になります。

「何?水に硬さがあるの?」

まあ、軟水でも硬水でも、見た目に違いがあるわけではないですね。水の硬度は、水に含まれる成分によって分けられています。

ポイントはカルシウムイオンとマグネシウムイオンの量。水1000mlにどれくらい、これらのイオンが含まれているのかで水の硬度が決まります。

大まかにいうと、カルシウムイオンやマグネシウムイオンが多いほど硬水に近づき、少ないほど軟水に近づくってことですね。

ちなみに、硬度の計算は次式で行われます。

(硬度) = (カルシウム量[mg/l] × 2.5) + (マグネシウム量[mg/l] × 4)

軟水と硬水の基準とは?

さて、硬度の求め方がわかりましたね。それでは、軟水・硬水の硬度の目安を確認していきましょう。

軟水

軟水の硬度は一般的には、0~100mg/l未満と定められています。(WHOの基準では、0~120mg/lの水が軟水になるらしい・・・なんで違うんだろうね笑)

硬水

硬水は一般的な基準値とWHOの基準値で考え方が違います。

まず、WHOの基準値は、硬度が120mg/l以上のものとなっています。しかし、一般的には硬水は2種類に分けられているようです。それは、「中硬水」と「硬水」。

中硬水は硬度が100~300mg/lの水。硬水は300mg/l以上になっています。

地域によって水の硬度が異なる?

日本の水のほとんどは軟水のようです。一方で、ヨーロッパとか北米では硬水の水が多いとか。つまり、日本の水にはカルシウムやマグネシウムがあまり含まれていないってことですね。

「何で違いが出るの?」

地域による硬度の違いは、それぞれの大地を形成する地殻物質が異なるため。(難しい話になってきたな~)

ところで、天然水ってどんな水か知っていますか?(・・・話が変わってきたぞ)

天然水とは、地中に染み込んだ雨や雪が、地層中で汚れとかゴミをろ過する過程で、地層中の成分を吸収して湧き出てきた水のこと。(地層中にカルシウムとかマグネシウムが含まれているんだね)

ということは、地層に浸透する時間が長いほど、カルシウムやマグネシウムを吸収する時間が増えるってことですね。(硬水に近づく)

これは、国土の広さとか地殻物質が要因として考えられます。日本は土地が狭く、地層にも石灰岩が少ないのが特徴。また、山も他の国に比べると、それほど高くないですね。そのため、軟水が多いってことです。(話がつながった?)

軟水と硬水の違いとは?

さて、軟水と硬水の基準は、水に含まれるカルシウムやマグネシウムの量によるものだってことがわかりましたね。

「それで何が変わるの?」

それでは、比較していきましょう。

飲みごたえ

軟水の特徴は、口当たりの柔らかさ。カルシウムやマグネシウムの含有量が少ないため、さらりと飲めると言われています。

一方で、硬水は喉越しの際に強い飲みごたえがあります。(何となく、重い感じ?)

銘柄によって風味も変わり、癖の強いものもあるとか。

日本の水道水は基本的に軟水なので、日本人は軟水の方が飲みやすく感じるようですね。

食文化との関わり

食文化によって、料理に使われる水の硬度に違いがあるとか。

「単純に、地域によって硬度が違うだけでしょ?」

う~ん、それは否定しませんが、栄養面でも関連性があるようです。たとえば、西洋料理は肉がメインの文化ですね。そのため、食べ物からの摂取だけではミネラルが不足しがち。そして、その不足分を補っているのが、硬水。水で栄養を補っているところが、興味深いですね。

一方で、軟水は和食文化に適していると言われています。先ほど、硬水には風味があるって話をしましたね。

日本料理は素材を生かした繊細な味付けが特徴的。無味無臭の軟水の方が日本料理をより楽しめるってことですね。

地域によって摂れる水の違いがありますが、偶然か必然か、その地域の食文化にも適しているようです。

まとめ

さて、今回は軟水と硬水について、お話してきました。

この2つの違い、水に含まれる成分の量にあったんですね。「軟」水、「硬」水っていうのは、飲んだときの感覚的な話なのかな?(調べてないのでわかりません笑)

ちなみに、軟水・硬水のそれぞれのメリット・デメリットについては下記の記事をチェック!

軟水の6つのメリットとは?

 

硬水の5つのメリットと5つのデメリットとは?