脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » ダイエット » きゅうりで得られる3つのダイエット効果!ただし食べ過ぎると副作用がある?

きゅうりで得られる3つのダイエット効果!ただし食べ過ぎると副作用がある?

calendar

reload

きゅうりで得られる3つのダイエット効果!ただし食べ過ぎると副作用がある?

皆さん、こんな話を聞いたことはありませんか?

「キュウリはほとんどが水分だから、全然栄養が無い」

「世界一栄養の少ない野菜として、ギネスに登録されている」

・・・これって本当でしょうか?調べてみたところ、これらの認識は正しくはないようです。

むしろ、きゅうりはダイエットにおすすめ!豊富な栄養素で健康的に痩せることができるのです。

ということで今回は、きゅうりダイエットの効果ややり方などについてお話していきます。

キュウリのギネス記録とは

よく言われるのが、「キュウリは世界で一番栄養のない野菜」ということ。しかし、これは誤解。正確には、「世界一カロリーの低い果実」です。この違いがわかりますか?

栄養って、カロリーだけではないですよね。糖分・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラルなど・・・たくさんあるんですよね。ちなみに、カロリーの高い栄養素は糖分、脂質、タンパク質の3つ。

キュウリに少ないのは、栄養ではなくカロリーです。(ちなみに、カロリーの高い栄養素は糖分・脂質・タンパク質の3つ)

つまり、キュウリは低カロリーの野菜ってことですね。栄養はまた別の話。カロリーが低いってだけでも、ダイエットに効果的な気がします。

ちなみに、キュウリのカロリーは1本(100g)あたり、14kcalほど。

キュウリに含まれている栄養とは?

さて、キュウリに栄養自体はあるということがわかりましたね。次に気になるのは、「じゃあ、どんな栄養が含まれているの?」ってことではないですか?

それでは、確認していきましょう。

きゅうりの主な栄養①:水分

「キュウリはほとんどが水分で構成されている」

・・・これは正解!キュウリの90%以上は水分と言われています。

まあ、この水分の多さが、「栄養が少ない」って認識につながってしまったのかもしれませんね。「本当に食べる意味があるのか?」と疑いたくもなるでしょう。

でも、ポジティブに考えると、「キュウリでも水分補給ができる!」ってことになりますよ笑

特に夏場はこまめな水分補給が大切ですね。飲み物だけでは十分な補給ができないかもしれません。固形物からも水分を得られるという意味で、きゅうりのメリットは大きいでしょう。

そして、ちゃんと他の栄養もあります。

きゅうりの主な栄養②:カリウム

キュウリに含まれるカリウムは、100kcalあたり約1400mg。これは例えば、ナスの1.4倍に相当します。

・・・どうですか?これを聞いただけでもキュウリの印象が変わってきませんか?

キュウリも特別栄養が少ないってことはないですね。

さて、話を変えて、カリウムの役割についてお話していきましょう。カリウムの大部分は細胞内に活用されます。細胞の浸透圧を調整したり、水分を保持したり。

他にも、心臓や筋肉の機能の調整、神経伝達のサポート、腎臓の機能の補助とか色々ありますね。血圧を下げる効果もあるとか・・・

きゅうりの主な栄養③:ビタミンK

キュウリ100kcalあたり、ビタミンKは240μg。これはレタスと同等ですね。

ビタミンKの主な作用は、血液凝固。(出血時に血を固めて、出血量を減らす機能)

血液凝固には「プロトロンビン」という物質が必要なのですが、これは肝臓で生成されるもの。その生成を補助するのがビタミンKです。そのため、ビタミンKが不足すると、血液凝固に要する時間が長くなります。すると・・・出血が止まりにくくなるんですよね。

ちなみに、ビタミンKは骨づくりにも有効。骨を構成しているタンパク質(オステオカルシン)を活性化して、カルシウムを骨に吸収させやすくします。

きゅうりの主な栄養④:ビタミンC

キュウリ100kcalあたり、ビタミンCは100mg。ビタミンCは聞いたことのある方も多いでしょう。そして、健康的な効果が豊富。主な効能は次のとおりです。

・抗ガン作用

・免疫強化

・美白効果

・骨折予防

・ストレス軽減

・薄毛改善

いや~、たくさんありますね。これらの効果をキュウリで得られるのは驚きです。だんだん、キュウリを食べたくなってきませんか?

きゅうりの主な栄養⑤:食物繊維

キュウリ100kcalあたり、食物繊維は7.9g。食物繊維といえば、腸内環境の改善効果が有名ですね。便秘対策とか、善玉菌の増加とか。

他にも効果はありますよ。たとえば、血糖値の上昇を抑えること。小腸からの栄養素の吸収を緩やかにすることで、血糖値の上昇も緩やかになるんですね。高血圧や糖尿病の予防にもなるので、摂取して損はありません。

きゅうりには栄養素が豊富

さて、ここまで読んできて、キュウリに対するイメージは変わったことでしょう。他にも、βカロテンとかも含まれています。

ちなみに、キュウリといえば、ぬか漬けってありますよね。その場合は、さらに栄養素がアップ!

キュウリの栄養に加えて、ぬかに含まれている栄養(カリウム、ビタミンB1など)も一緒に摂取できます。

ただし、ここまでの話で言ってきた栄養素の量は、キュウリ100kcalあたりの話。そもそもキュウリのカロリーが少ないので、栄養素が少ないと感じる方もいるかもしれませんね。

きゅうりで本当に痩せる?得られるダイエット効果とは

低カロリーな食材ってことで、「ダイエットに良いのでは?」って考える方もいるでしょう。その考え方は・・・正解!

もちろん、低カロリーというのもポイントですが、きゅうりにはダイエットに最適な作用があるんです。

それでは確認していきましょう!

きゅうりのダイエット効果①:むくみ解消

キュウリに含まれるカリウムには、余分な水分・塩分を排出する効果があります。むくみは余分な水分が体内に溜まって生じるものなので、カリウムでむくみを解消することができるのです。

ダイエットは体重も大事ですが、外見の変化も気になりますよね。むくみをとって、すっきりした外見にしましょう!

きゅうりのダイエット効果②:脂肪を分解

きゅうりがダイエットに良いと言われる理由のひとつが、きゅうりに含まれる「ホスホリパーゼ」という成分。

ホスホリパーゼは脂肪の分解を促進し、肥満を予防する効果が期待できるのです。

マヨネーズやアイスクリームなどにも含まれているので、キュウリ特有の栄養というわけではありませんが、豊富に含まれているのがポイント。そして、マヨネーズなどに比べて低カロリーでホスホリパーゼを摂取できるという点でも、きゅうりには利点がありますね。

きゅうりのダイエット効果③:食べ過ぎ防止

きゅうりには水分が多いという話をしましたね。そのため、きゅうりを1本食べるだけでもそれなりに満足感を得られます。

ダイエットでは摂取カロリーを制御することが大切。食前や間食にきゅうりを食べると良いかもしれませんね。

仮に3本食べたとしても、約50kcal。全然太る気がしませんね笑

きゅうりダイエットのやり方とは?

さて、きゅうりのダイエット効果がわかったところで、次は方法について確認していきましょう。とはいっても、方法はとてもシンプル。きゅうりを食べるだけです笑

継続的にきゅうりを食べ続ければ、それだけでも効果は期待できるでしょう。

ただ、目的によっておすすめの方法が変わるので、それぞれについて、一応確認しておきましょう。

きゅうりダイエットのやり方①:食前に食べる

きゅうりを食前に食べると食欲を抑えることができるので、

(摂取カロリー)<(消費カロリー)

の状態を作りやすくなります。「食欲を抑えられなくてダイエットができない!」という人は、食事の前にきゅうりを1本食べておきましょう。

きゅうりダイエットのやり方②:すりおろし

脂肪を分解するホスホリパーゼきゅうりの細胞膜が破壊されることで活性化します。そのため、きゅうりをすりおろして食べることで、脂肪を減らす効果が高まるのです。

ただし、注意点があります。ホスホリパーゼは熱が弱点!ジューサーやミキサーを使用する場合は熱が加わっていないかを確認しましょう。低速にするのがおすすめです。

きゅうりダイエットのやり方③:置き換え

置き換えダイエットというものがありますね。ご飯などの主食の代わりに特定の食材を食べるダイエット。

きゅうりでも置き換えダイエットは効果的です。1日一食だけご飯ものをきゅうりに置き換えると、摂取カロリーが大幅に減少します。

ご飯1膳が250kcalだとしたら、置き換えによって200kcal近く減らすことができますね。

ただし、毎食は避けましょう。特定の食材だけを食べ続けるのは栄養の偏りの原因になります。そして、摂取カロリーを減らし過ぎるのも問題。

いわゆる、不健康な痩せ方になってしまいます。

ダイエットではカロリーに関する知識も必要です。下記記事で確認してみてください!

カロリー制限をしても太る?痩せるためのカロリーの知識

きゅうりダイエットのやり方④:間食に食べる

3食の栄養バランスは考えていても、間食のおやつをたくさん食べてしまうと太ってしまいますね。

そのため、間食にきゅうりを食べるのも効果的。多少マヨネーズをつけて食べたとしても、ポテトチップスなどを食べるよりは低カロリーになります。

きゅうりダイエットのアレンジ

ダイエットは継続が大切ですね。毎日のように同じ味のきゅうりばかり食べていても、飽きてしまいますね。そこで、ダイエット効果を高めながらできるアレンジをいくつか紹介していきます。

きゅうりダイエットのアレンジ①:キムチと一緒に食べる

キムチは発酵食品ですね。発酵食品は腸内環境を改善するのに最適です。きゅうりの食物繊維と組み合わせることで、相乗効果が期待できます。

もちろん、きゅうりの味を変えることにもなるので、おすすめの組み合わせです。

キュウリダイエットのアレンジ②:加熱して食べる

加熱するとホスホリパーゼの効果は薄れてしまうのですが、食感や風味を変えることはできます。ときどき炒めてみるのも良いでしょう。

キュウリダイエットのアレンジ③:玉ねぎと一緒に食べる

玉ねぎがダイエットに効果的というのは知っていますか?玉ねぎも「痩せやすく太りにくい身体」を作るのにおすすめの食材です。

きゅうりと玉ねぎで香味和えなどを作ると良いでしょう。

玉ねぎのダイエット効果については下記記事をチェック!

玉ねぎダイエットは健康的?得られる効果とは?

きゅうりダイエットの注意点とは?

さて、きゅうりダイエットを行うにあたって、いくつか注意点があるので確認しておきましょう。

きゅうりダイエットの注意点①:食べ過ぎは良くない

きゅうりはたくさん食べると身体が冷えます。身体は冷えるほど代謝が落ちてしまうのでダイエット効果が薄くなってしまいますね。

特に、普段から冷え性の人は注意が必要です。

きゅうりダイエットの注意点②:調味料に注意

キュウリ自体は低カロリーですが、マヨネーズなどの調味料には注意が必要です。多少はつけても良いと言いましたが、つけすぎはNG。

これはカロリーの問題だけでなく、塩分の問題でもあります。調味料は塩分を多く含むものが多いので、塩分過多に気をつけましょう。

塩分の摂取量が多いと、身体がむくむ原因にもなります。

きゅうりダイエットの注意点③:トマトとは相性が悪い?

トマトもダイエットに良い食材として有名ですね。しかし、きゅうりとトマトの組み合わせにはデメリットがあります。

それは、きゅうりに含まれる「アスコリビナーゼ」という酵素がビタミンCの吸収率を下げてしまうため。

トマト以外でも、ビタミンCが豊富な食材と組み合わせるのはあまり良くありませんね。もちろん、身体に害があるわけではありませんが、他の食材の効果を半減させてしまうのは嬉しくありません。

ちなみに、トマトダイエットについては下記記事をチェック!

トマトダイエットで得られる6つの健康効果とは?

まとめ

さて今回は、キュウリダイエットのやり方や効果についてお話してきました。

「キュウリには栄養がない」と言われてはいますが、そんなことはありません。スーパーでも安価で売られているので、気軽に試すことができますね。

ちなみに、他の食べ物によるダイエットはこちらの記事をチェック!

ダイエットに効果的な食べ物、飲み物まとめ