脱力ライフの館

Home » 副業・投資・ビジネス » プライドが高いと損をする?4つのデメリットとは

プライドが高いと損をする?4つのデメリットとは

calendar

reload

プライドが高いと損をする?4つのデメリットとは

皆さんは、「自分はプライドが高いほうだ」って思うことはありますか?(唐突)

プライドは高いのと低いのと、どっちが良いんでしょうね。「プライドが高い」というのは、マイナスイメージが強い気もしますし・・・

でも、このマイナスイメージって曖昧ですよね。(なんで悪い印象を持たれがちなのか・・・)

そこで今回はプライドが高いことのデメリットについて考えていきましょう。

プライドの高い人ってどんな人?

まずは、プライドの高い人の特徴について確認していきましょう。(こういう傾向の人が多いよって話)

自分のミスや非を素直に認めない

これはイメージ通りかもしれませんね。自分の考えが正しいと思っていると、その考えが原因で失敗したとしても、他に非がないかを探したくなります。「ミスをすることは格好悪い」と考え、自分のミスや間違いをなかなか認められないとか。

負けず嫌い

何かにつけて相手と対立し、勝つことを望んでいます。考えの違いだったり、能力の差だったり・・・

相手よりも上にいることで、自分の存在価値を実感しているようです。

もちろん、これはメリットでもあります。他者よりも熱心に物事に取り組み、自らの成長につながりますからね。

ただし、時には相手を不快にさせる言動をしてしまうことも・・・

固定概念が強い

「男ならこうあるべき」

こんな感じの考え方を持って、それを曲げないことですね。もちろん、考え方は人それぞれなので、それ自体が悪いということではないですが、自分の意見を押し通したり、相手の意見に聞く耳を持たないところも。

こだわりが強い

自分の好きなジャンルだとか、興味のあることには人一倍一生懸命。成果を出すために頑張ります。

このような考え方の根底には、やはり、「自分の存在価値を示せる場が欲しい」という思いがあるようです。

プライドが高いことのデメリットとは

さて、ここまでで特徴を確認してきました。ここからは、デメリットについて考えていきましょう。

嫌われやすい

プライドが高い人に対するマイナスイメージは多分これ。何となく苦手意識を持たれたり、避けられてしまうため。

このような印象を持たれてしまうのは、言動などコミュニケーションの面が原因かもしれませんね。

たとえば、「あ~その話、もう知ってるから~」と、知ったかぶりをする人っていますよね。それは、相手の話を聞かない状態になっています。相手からすれば、「この人、全然人の話を聞かないな~」となることも・・・

他にも、相手を馬鹿にするような言動をしたり、上から目線の態度をするなど。

周囲の人が話しかけてくることが減り、いずれは孤独になってしまうかも?

失敗に弱い

プライドが高い人は自分に自信を持っていますね。「自分がミスをするはずがない」と考えるからこそ、失敗をしたと自覚したときに精神的ダメージが大きくなります。

そして、人に頼ることも苦手なので、困難にぶつかっても何とか自分で解決しようとします。でも、一人ではどうにもならないこともありますよね。

そして、同じ失敗を繰り返して、さらに追い詰められて・・・悪循環ですね。

環境の変化に弱い

固定観念が強いということは、自分の価値観を重視しているということ。そして、その価値観は自分の経験から得られたものですね。プライドの高い人は、自分が一度感じたり思ったことを簡単に変えることができません。

そのため、環境が変わったときにその環境に適応するのが苦手になりがちです。

無くならない欠乏感

プライドの高い人にとって、実は最大の敵は「自分自身」。(意外?)

周囲の人には強がった態度を見せる一方で、内側では自分にダメ出しをしているとか。常に自分よりも出来る人と自分を比べ、相手の境遇や才能を羨んだり、憎んだり・・・

そして、自分自身の価値を疑ってしまうんですね。(だからこそ、自分の価値を実感するために、人一倍の努力をできるのかも?)

なぜ、これがデメリットなのか。それは、どんな成果を出しても自分の人生に満足できないからです。

「まだ、何かが足りない・・・」などと、自分をなるべく酷評しているとか。周りの人から評価されても、自分自身が合格点を出さないって感じですかね。

プライドが高いと、自分自身にずっと満足ができず、安心できないようです。

余計なプライドを無くすには?

一応言っておきますが、プライドが高いことが必ずしも悪いってことではないですよ笑

ちゃんとメリットもありますからね。

しかし、プライドが高い人でも種類がありますよね。というわけで、高いプライドを捨てる方法について、いくつかご紹介します。

活動範囲を増やし、多くの価値観に触れる

これは固定観念をなくすために有効ですね。自分の知らない世界をたくさん見ることで、今まで得てきた価値観に変化が現れることも。

そうなると、「自分の考えが必ずしも正しいわけではない?」と思うようになるでしょう。

世の中は広いですよ笑

努力によって成果を出し、自信をつける

さて、「プライドの高い人は自信家」と言われますが、内面では自信を持ててない人もたくさんいます。しかし、そのような人たちは努力が得意。

何か成果を出したときにちゃんと自分の能力を評価できると、自分に自信を持てて、余計なプライドは捨てられるかも?

大切なのは、努力で何かを成し遂げるということ。経験が自分の自信につながります。

あえて居心地の悪い環境に身を置く

プライドの高い人にとって居心地が悪いのは、自分の力ではどうにもできないような状況に陥ること。

周囲を頼らざるを得ないような状況になれば、頼りますよね笑

他人の評価を気にしてプライドを保とうとしても、自分にはどうにもできない。「じゃあ、プライドを捨てよう」ってなるわけです。

辛い経験を逃げずに乗り越えると、自分の内面に変化が現れることも。

まとめ

さて、今回はプライドが高いことのデメリットについてお話してきました。

う~ん、内面が複雑なんですかね。「自信家に見えて、心の底では自分に自信を持ってない」みたいな感じ。性格が悪いとかではなく、自分に厳しいのかもしれませんね。

こう考えたら、それほどデメリットでもないかも?

じゃあ、今度はメリットについて見ていきましょうか。(下記の記事をチェック!また印象が変わるかも?)

プライドが高いと得をする?4つのメリットとは?