脱力ライフの館

Home » 教育・勉強 » 勉強できる人は頭が良い?間違いではないけど正しくもない理由

勉強できる人は頭が良い?間違いではないけど正しくもない理由

calendar

reload

勉強できる人は頭が良い?間違いではないけど正しくもない理由

いきなりですが、「頭が良い」と「勉強できる」は同じだと思いますか?僕は思いません。皆さんもそうではありませんか?

たとえば、高学歴でも物覚えが悪い人はいるし、中卒や高卒でも頭の回転が速い人もいますね。じゃあ、学歴と頭の良さは無関係?

では、「学力」と「頭の良さ」ならどうでしょう?ここに関連性はありますか?

ということで今回は、「勉強ができる」と「頭が良い」の違いについて考えていきましょう。

頭が良いとは?(一般論)

「頭が良い」って人によって意味合いが違いますよね。単に学力だけで判断する人もいますし。

ちなみに、一般的には次のような人が「頭が良い人」と言われることが多いようです。

物事を素早く論理的に考えられる人

たとえば、「A」という知識や経験があり、「B」という事象について考えた時、

「Aを元に考えると、BからCという結果が起きるだろう」というような思考をすぐにできる人。感覚だけでなく根拠を持った判断ができると知的に見えるようですね。

新しいことにすぐに適応できる人

初めて教えられたことをすぐに理解できたり、それをどう活かすか考えられるような人。

知識量の多い人

「何かわからないことがあったときに、質問したら的確に答えてくれる」とか、「クイズ番組の問題をほとんど解ける」ような人は「博識」という印象を持たれやすいですね。

勉強ができる人は何ができる?

皆さんが「この人学力高いな~」と思うのはどんな人ですか?

・・・おそらく、試験で高得点を取っている人ですよね。仮に授業中に先生に出された問題に答えられても、テストの点数が低いと、「勉強できる人」とは思いにくいでしょう。

ということは、「勉強ができる」 = 「試験で点数を取れる」と言えそうですね。

それでは、試験で点数を取るにはどのような要素が必要でしょう。

点数の取り方がわかる

簡単に言えば、点数の取り方さえ知っていれば、点数を取れますね。

暗記系

暗記科目であれば、テストで聞かれることを覚えておけば点数が取れるでしょう。テストで点数を取れる人は、「何を聞かれそうか予想できる人」ですかね。

たとえば、日本史の勉強をするとき、教科書の内容を全て覚えられたら高得点が取れますよね。でも、そんなの簡単にはできないし、効率も悪い。じゃあ、どうすれば良いでしょう?

重要な情報とそれほど重要ではない情報を見分ける必要がありますね。そして、必要な情報を優先的に覚えていく。「歴史上の大きな出来事や重要人物」は出題されそうですし、「ある村人の日常生活について」とか「ちょっとした事件や事故について」は聞かれにくいでしょう。(極端な例)

ということで、暗記系で点数を取れる人は重要な情報を見極めて覚えられる人。

思考力

数学であれば、応用問題を解けると高得点につながります。そのために必要なのは、公式などの「基礎知識」と、知識をどのように使えば問題を解けるのかという「応用力」。

国語のような文章理解が問われるものなら、読解力が必要になってきますね。

特に国語の場合、面白いことに、それほど勉強しなくても高得点を取れる人がいます。もちろん、語彙力に個人差はあるでしょうが、それだけで点数に差ができるとも思えません。

書かれていることの意味を理解するのが速いんでしょうね。

暗記系とは違い、思考力を問われるものだと必ずしも、「勉強すれば高得点を取れる」わけではありません。

このような点から、「勉強ができる人は頭が良い」という考え方が生まれるのかもしれませんね。

勉強に時間を割ける

勉強しないで試験で高得点を取ることはできるでしょうか?(授業だけで理解できる人も稀にいるようですが・・・)

基本的に、テストに向けて勉強しますよね。なぜなら、勉強しないと点数を取れないから。ということは、点数を取れる人は「勉強に時間を費やすことができる」と言えそうですね。

僕個人の考えですが、これが学力の差の一番の要因だと思います。高得点を取れる人は、その分、勉強時間も長いんです。

考えてみてください。「勉強時間10時間の人」と「勉強時間100時間の人」がいたとき、100時間勉強した人の方が高得点を取れるのは当たり前だって思いませんか?

長時間勉強すれば点数を取れるとわかっていても、勉強に時間を割けない人もいるわけです。集中力が続かないとか、ゲームやテレビなどの誘惑に負けるとか。勉強は基本的に楽しいものではないですから、時間を割こうと思うかどうかは人それぞれ。地頭が優れていても、勉強しない人もいますからね。

そう考えると、勉強に時間をかけられるのも一つの能力なのかも?

自分に適した勉強方法がわかる

これは必須ではありませんが、大切な要素。勉強方法って人それぞれですよね。「あの人、私よりも勉強時間短いのに、高得点を取ってる・・・」という経験はありませんか?

「短時間で高得点」ができる人は、秀才に見えます。

「元々、脳の構造が違うんだろうな~。羨ましい」

・・・これ、正しいとは思わないんですよね。僕からすれば、勉強して点数を取れない人は、「勉強方法が良くないのでは?」と思ってしまいます。

「効率の良い方法なのか」、「記憶しやすい方法なのか」、「時間をかける箇所は合ってるのか」とか。

勉強方法って無限にありますし、万人に適した方法も無いんですよね。だから、勉強をできる人は自分流の方法を持っています。

点数が取れなくて悩んでいるのであれば、勉強方法を見直すのも一つの手ですね。成績の良い人に聞いてみるのも良いでしょう。ただし、「真似する」のではなく「参考にする」のがポイント。その人のやり方が自分に適しているとは限りませんからね。

勉強時間と学力は比例しない?ポイントは勉強の質を高めること

頭は良くないけど勉強はできる?

世の中には、「高学歴なのに頭が良くない」と言われる人も存在します。

それは、試験で点数を取るために必要なのは「才能」ではなく、「努力」だから。

簡単にいってしまえば、試験は必要事項を暗記して、問題形式に対応できるように訓練すれば、点数を取れるからです。

個人差はあるにしても、暗記は時間をかければできます。問題形式への対応も、「採点基準」だとか「出題パターン」を把握すればオッケー。これも、才能ではなく、経験から学べるもの。

そのため、勉強は時間をかければできるものなんです。元々の脳のレベルの差なんて、誤差に過ぎないでしょう。「自分は頭が悪いから・・・」は言い訳。長時間の勉強をしてないなら、すれば良いだけですから。勉強して点数が取れないなら、勉強方法を変えてみれば良いんです。

だから、「勉強できる」 = 「頭が良い」は正しいとは言えませんね。

逆に、受験に向けて毎日のように勉強して、努力して、やっと合格したのに、「すごいね!やっぱり頭が良い人は違うな~」なんて言われたらイラッとしませんか?

自分は努力して頑張って結果を残したのに、「だって、頭が良いからでしょ?」って言葉で済まされるのは納得がいきません。

頭が良いとは?(僕の考え方)

ここからは、僕の考えについてお話していきます。(興味の無い人はページを閉じてください笑)

頭が良いって、「脳が優れている」ってことですよね。ということは、脳を使う作業で他者より優れた結果を出せる人は、「頭が良い」ということになるでしょう。

学力の高い人も該当していますね。

でも、脳を使う作業って勉強だけではないですよね。仕事・スポーツ・料理・ゲームなど、人間は生活のあらゆる場面で脳を使っています。

それなのに、「頭が良い」と言われるのは学力の高い人や論理的に考えられる人ばかり。それだけが脳の力ではないでしょう。

僕にとっては、スポーツが万能な人も、絵が上手な人も、ゲームが強い人も頭が良いです。どれも、脳の使い方が違うだけで、脳を使っていることに変わりはありませんから。

もちろん、学力の高い人も同じ。「勉強」という分野においては他者より優れているからです。

つまり、僕が考える「頭が良い人」とは、「何かしらの分野で他者より優れている人」。

こう考えると、「人類みんな頭が良い」みたいになりそうですね笑

逆にいうと、「頭が悪い」は「○○の分野に関しては苦手」みたいな感じ。誰でも得意なことと苦手なことがありますよね。だから、誰もが「頭が良くもあり、悪くもある」。これが僕の考え方です。

ちょっと考えてみてください。「数学では100点を取れるが、国語は10点しか取れない人」は頭が良いでしょうか?それとも悪いでしょうか?

「数学100点」の情報だけなら頭が良さそうに聞こえますし、「国語10点」の情報だけならその逆でしょう。これは学力に限った話ではないはずです。

優れた部分だけを聞いたら優秀な人に見えるでしょうし、苦手なことだけを聞いたら優秀には見えないでしょう。

まとめ

さて、今回は「勉強ができる」と「頭が良い」の違いについてお話してきました。

というか、学力だけで「頭の良さ」を判断されたくはないですよね笑

勉強ができるのも、あくまで長所の一つ。人によって長所は違うってことです。