脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 食べ物・飲み物 » 鉱水ってどんな水?硬水との違いとは

鉱水ってどんな水?硬水との違いとは

calendar

reload

鉱水ってどんな水?硬水との違いとは

市販のミネラルウォーターの原材料名に、水(鉱水)と書かれているのを見たことはありませんか?

水の種類といえば軟水や硬水が思いつきますね。「じゃあ、鉱水って何?硬水とは別物なの?」

ということで、今回の記事では鉱水とは何かについて簡単にお話していきます。

軟水・硬水とは?

鉱水の前に、軟水や硬水が何かという話からしていきましょう。

軟水と硬水は、水の硬度によって分類されています。「水に硬さがあるの?」

もちろん、どちらも液体なので、触れても硬さが違うとは思わないでしょう笑

それでは何の違いかというと、含まれる成分の違いです。シンプルでしょう?

硬度に関わる成分とはミネラルのこと。カルシウムとかマグネシウムのような成分がどれほど水に含まれているかによって、軟水と硬水に分類されています。

それぞれの違いについて、詳しくは下記の記事をチェック!

軟水と硬水の違いとは?

鉱水とは?

さて、本題に行きましょう。鉱水とは何でしょうか?

原水の一種

農林水産省が定めるミネラルウォーターの原水は、7区分に分けられています。そのうちの一つが鉱水です。

鉱水は地下水の一種で、ポンプなどで汲み上げられた地下水のうち、ミネラルが含まれているものが鉱水と呼ばれています。

つまり、鉱水とは鉱物質を含んだ天然水ってことですね。

ちなみに、ポンプなどを使わず、自然に湧き出たものは「鉱泉水」。さらに、その水温が25度以上なら「温泉水」と呼ばれます。

ところで、最近ではミネラルウォーターを飲む人も増えてきました。やはり、「綺麗な水が健康に良い」と考えられているのでしょうか。原材料名に「鉱水」と記載されているのは、ミネラルウォーターの品質を示すためだとか。

硬水とは意味が違う

さて、ここまで読んできたらわかると思いますが、硬水と鉱水は意味が異なります。

硬水:ミネラルを多く含んだ水

鉱水:ミネラルを含む地下水

つまり、鉱水だからといって全て硬水に分類されるわけではないってことですね。含有ミネラルが少なければ軟水になりますから。

鉱水は身体に良いの?

鉱水はミネラルウォーターの一種ですから、いわゆる「綺麗な水」といえるでしょう。健康な身体づくりにもつながりますね。

しかし、どんな効果を得られるかは水質によって異なります。大まかにいうと、軟水と硬水でも身体への影響は全然違いますからね。

軟水で得られる効果については下記記事をチェック!

軟水で得られる6つの健康効果とは

硬水で得られる効果については下記記事をチェック!

硬水の5つのメリットと5つのデメリットとは?

自分に適した水を飲んで、健康になりましょう!

まとめ

さて、今回は鉱水とは何かについてお話してきました。

まあ、身体に良い水ってことですね笑

ミネラルウォーターを購入する人は、原材料名を見てみると面白いかも?