脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » ダイエット » ガムは太る?痩せる?噛むことで得られるダイエット効果とは?

ガムは太る?痩せる?噛むことで得られるダイエット効果とは?

calendar

reload

ガムは太る?痩せる?噛むことで得られるダイエット効果とは?

「ガムを噛むと痩せる」

こんな話を聞いたことはありませんか?簡単に言うと、噛む回数が多いので、満腹感を得られて食事量が増えるという説ですね。

しかし、一方で、「全然痩せない」「・・・逆に太った」という話も聞きます。結局、ガムはダイエットに有効なのでしょうか?

ということで、今回はガムのダイエット効果や身体への影響についてお話していきます!

ガムはダイエットに良い?カロリーを見てみると

ダイエットで気になるのはカロリーですよね。当然、ガムにもカロリーはあります。

・・・とはいっても、ガムにも種類がありますね。種類別にチェックしていきましょう!

シュガーレス

「キシリトール」という単語に聞き覚えはありますか?これは成分の名前。

キシリトールは健康に良いとか、虫歯予防になるとかで人気ですね。このようなガムが、シュガーレスのガムになります。カロリは1粒あたり、2~3kcalほど。(ただし、商品によって数値は異なります)

これだけカロリーが低いと、「ダイエットに良いかも?」って気がしてきますよね笑

もちろん、シュガーレスのガムでも糖質は含まれているのですが、10粒でも20~30kcal程度。スナック菓子などと比べれば低カロリーなので太る要素は無さそう?

砂糖入り

シュガーレスは低カロリーですが、砂糖が含まれている甘いガムならどうでしょう?

糖質が多い分、どうしても、キシリトール系のガムよりは高カロリーになりがちです。ただし、商品によって、かなり差があります。

一粒当たり、5kcal程度のものもあれば、20kcalほどの場合も。各商品の栄養成分表にカロリーは記載されているので、気になる人はチェックしてみましょう。

20kcalのものだと10粒食べれば200kcalになりますから、ガムをたくさん食べている人だと摂取カロリー量に影響が出てきそうですね。

ガムのダイエット効果とは

さて、カロリーの数値を見たところ、低カロリーのものを選べば痩せる気がしますね。ここからは、ガムとダイエットの関連性について見ていきましょう。

ガムダイエットはなぜ注目された?

まず、ガムダイエットが注目された理由から。

これはある実験に基づいています。この実験は簡単に言うと、噛む回数でエネルギー消費量に違いが出るのかを調べたもの。

実験の結果、食後にガムを食べた場合エネルギー消費量が増加したことから、「食事をよく噛んで食べ、食後にガムを噛むとダイエットに有効では?」という考えが生まれ、ガムダイエットが注目されるようになりました。

ガムダイエットの方法とは?

ガムダイエットのやり方は基本的には「ガムを噛むこと」なのですが、有効な方法にはいくつかポイントがあるので、確認していきましょう。

食前に噛む

食事の30分~1時間ほど前にガムを噛むと、唾液の分泌が活発になります。

基本的に、唾液の量が増えるのは食事の時ですよね。その際に脳の満腹中枢が刺激されています。

そこで、食前にガムを噛むことによって満腹中枢を事前に刺激してみましょう。

そうすると・・・普段よりも早めに満腹感が得られることから食事量を減らせるので、食べ過ぎ防止にもつながりますね。摂取カロリーを抑えられるので、ダイエットにも良いでしょう。

食後に噛む

唾液の分泌を活発にすると、消化を促進することにつながります。すると、摂取した食べ物がエネルギーに変換されやすくなります。これはつまり、体脂肪になりにくいということ!体脂肪が増えるのは簡単に言えば、食べ物のカロリーがエネルギーに変換されずに体内に貯蔵されるからです。

というわけで、食後にガムを噛みましょう。唾液の分泌量が増え、さらに満腹感を持続する効果も期待できます。

間食で噛む

仕事や勉強で疲れたときって、甘いものが欲しくなりますよね笑

ついついお菓子に手を伸ばしてしまいます。しかし、カロリーを意識するなら、お菓子は我慢したいところ。

そんなときにもガムは有効です。甘さがあり、低カロリー。ガムだけで物足りないなら、お茶無糖炭酸水などの飲み物と一緒に飲むと効果的!

【関連記事】無糖炭酸水を飲むと痩せる?得られる7つのダイエット効果

痩せた後に噛む

さて、ダイエットを終了したらガムを食べるのは止めますか?

リバウンドの可能性を考えると、ガムの摂取は続けた方が良いかもしれません。もちろん、ダイエット中ほどたくさん食べる必要はないですが笑

たとえば、食後の口直しに噛むなど、ダイエット後もこのような習慣を作っておくと、太りにくくなるでしょう。

ダイエットに適したガム

さて、ダイエットの方法について確認してきましたが、どんなガムでも良いのでしょうか?

・・・違いますね。やはりカロリーの低いガムを選んだ方が効果的です。

「でも、たかが数カロリーの差でしょ?」

・・・侮るなかれ。結局、積み重なれば大きな差になります。そもそも、ダイエット自体、短期間で終わるわけではないでしょう。

長期戦になることを想定すると、余計なカロリー摂取は抑えたいところですね。

もうひとつのポイントが、味がどれほど長続きするのかということ。これはガムの消費量が変わってくるからですね。1個当たりのカロリーが同じでも、何個食べているかによって差が出ます。

ダイエット以外の嬉しいメリット

さて、ガムにダイエット効果があることがわかりましたが、他に何か利点は無いのでしょうか?

・・・もちろんあります!確認していきましょう。

小顔効果

まずは小顔効果ですね。これは「単に痩せるから」ではありません。

噛む動作には顎の筋肉が必要ですね。噛む回数が増えると、自然と顎の筋肉が鍛えられます。すると・・・フェイスラインがスッキリし、小顔効果が期待できます!

ただし、左右の歯でまんべんなく噛むことが大切。片方だけだと筋肉の付き方も変わってきますし、顔にゆがみが生じるかもしれません。

集中力アップ

噛む動作は、脳を刺激すると言われています。脳の活動を活発にし、集中力が上がるようですね。

仕事中勉強中など脳を使う作業をするときは、ガムを噛むと効率良く進められるでしょう。また、集中力が上がれば間食も減りそうですね。

ところで、アメリカの野球選手はガムを噛んでいるイメージはありませんか?これは集中力を高め、プレーに活かすためとも言われています。「集中力が持続しなくて困っている・・・」という人は試してみると良いでしょう。噛む動作で脳が活発になる仕組みについて詳しくは関連記事をチェックしてみてください。

【関連記事】ガムで集中力が高まる仕組みとは?

(ちなみに、ガム以外にも集中力を高める食べ物があります。気になる人はチェック!)

【関連記事】集中力を高める食べ物とは?

虫歯予防

キシリトール入りのガムが虫歯予防になるのは有名な話ですね。ただし、キシリトールが無くても虫歯対策にはなるようです。

ポイントは先ほども言ったように唾液が増えること。虫歯の原因は、口内の雑菌の繁殖ですよね。唾液には殺菌効果があるので、唾液量が増えると虫歯になりにくくなります。

この理屈から、「ガムは虫歯予防になる」と言えるわけですね。

ストレス解消

ガムの噛む動作は脳を刺激するものですね。脳の活動が活発になる以外にも、ストレスを解消する効果があります。日頃のストレスがガムで緩和されるとしたら、嬉しい話ですよね。詳しくは関連記事をチェック!

【関連記事】ガムでストレスが減る理由とは?

ガムで太るケースも?

ここまでの話だとガムにはダイエット効果があり、他にも嬉しい利点があるという感じでしたね。

しかし、「ガムで太った」という声もあるようです。ということは、食べ方によっては太る可能性があると言えますね。

そこで、太るケースについて確認していきましょう。

高カロリーのガムを食べる

商品によってカロリーに差があるという話はしましたね。たくさん食べるほど、摂取カロリーに差が出るのは予想できるでしょう。

もちろん、ガム以外の食事の内容も重要ですが、同じ食事をするなら、ガムのカロリー差の影響は大きくなります。

「なかなか痩せないな~」と思ったら、ガムのカロリーをチェック!

ガムを食べ続ける

ガムには少なからず糖分が含まれています。ということは、ガムを食べれば血糖値が上がりますね。

そして、上がった血糖値はすぐに下がっていきます。問題は、血糖値が乱高下してしまうこと。血糖値の変動は、空腹を感じる要因になります。たとえば、食事をガムに置き換えようとしたら、余計に空腹を感じるようになって食事量が増えるかもしれませんね。

もしくは、間食の量が増えてしまうかもしれません。仮にガムだけを食べていたとしても、カロリーが積み重なってしまうと太る原因になりますね。

ガムを食べるタイミング

これはガムを食べる量にも関連しますが、いつ食べるのかも重要。

たとえば、間食。

普段、間食を摂っていないなら、わざわざガムを間食に食べる必要はないですよね。1日あたり、数10kcalの差が出るので、食べなくても良いなら避けましょう。

「たったそれだけのカロリーで変わる?」

この差を大きいとみるか、小さいと見るかは人それぞれでしょう。しかし、人によって運動量が大きく異なるため、1日あたりの消費カロリーの量が違うということは考慮しておきましょう。

1日50kcalの差で体重が変わる人もいれば、全然変わらないという人もいるわけです。

あなたはどっちでしょう?

ガムを食べ過ぎた場合のデメリット

「ガムは健康に良い」と言う人がいますね。実際、ダイエット効果以外にも小顔効果などがあるので、メリットはあります。

では、デメリットは?

ガムに依存してしまう

食べる量食べ方によっては、ガムへの依存になり、身体に悪影響を及ぼすこともあります。たとえば、歯や顎への影響。詳しくはこちらで確認しておきましょう。

【関連記事】ガムに依存した場合の悪影響とは?

下痢になる

これはキシリトールを含むガムの場合。

個人差はありますが、食べ過ぎは下痢の原因になります。

下痢って身体に良いと思いますか?

下痢は大腸を傷める原因になります。すると、腸内環境が悪化しますね。実はこれ、腸内だけの問題では無いんです。

食べ物の栄養を吸収するのは腸ですよね。腸の機能に不具合が生じると、栄養の吸収量が減ってしまうんです。

これは代謝が落ちる原因になります。つまり、痩せにくくなるということ。体質に影響が出てくるわけですね。

【関連記事】カロリーの勘違い?摂取カロリーを減らしただけでは痩せない?

「太りやすく、痩せにくい」

ダイエットのつもりで食べているとしたら、真逆の効果になってしまいます。キシリトール入りのものは、食べ過ぎに注意!

【関連記事】ガムを飲み込んだら身体に害がある?

まとめ

さて今回は、ガムはダイエットに良いのかについてお話してきました。

う~ん、難しいですね笑

効果はあると言いつつ、食べ過ぎると身体に悪影響・・・

自分の中で、「1日何個まで!」って決めておくと良いかもしれませんね。

おやつ関連で、ダイエットで注目されているのがグミ。面白いのが、食べ方によって太ることも痩せることもあること。詳しくはこちら!

【関連記事】グミを食べると太る?原因は糖質の高さ

【関連記事】グミダイエットのやり方とは?

ちなみに、他の食べ物によるダイエットについてはこちらをチェック!

【関連記事】減量に効果的な食べ物や飲み物まとめ