脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 食べ物・飲み物 » アイスに賞味期限・消費期限が無いのはなぜ?10年後も食べられるような保存方法とは

アイスに賞味期限・消費期限が無いのはなぜ?10年後も食べられるような保存方法とは

calendar

reload

アイスに賞味期限・消費期限が無いのはなぜ?10年後も食べられるような保存方法とは

暑い時期になりましたね。そんなときに食べたくなるのが、アイス

ところで、皆さんは知ってますか?アイスには賞味期限や消費期限の記載が無いんです。では、アイスは永久に保存が効くのでしょうか?

10年後でも食べられるのか、開封済みでも品質は保たれるのか、冷凍庫に入れなくても大丈夫なのか・・・

というわけで今回は、アイスの賞味期限・消費期限や保存方法の疑問についてお話していきます!

アイスに賞味期限が無い理由

さて、まずはアイスに賞味期限がなぜ無いのかをお話していきましょう!

「本当に賞味期限が無いの?」って思った人は実際にアイスをチェックしてみてください。

アイスは賞味期限を表示しなくて良い

そもそも、賞味期限や消費期限をを記載する際、食品ごとに検査が必要になります。(細菌の数を調べたりとかね)

詳しいルールについては下記の記事をチェック!

賞味期限や消費期限は何で決まる?

そして、全ての食品が賞味期限や消費期限の表示を義務付けられているわけではありません。たとえば、アイスもその1つ。

アイスは品質劣化が極めて少ない

賞味期限や消費期限が表示されているのは、元を考えると、品質が変化するからです。生肉とかをイメージするとわかりやすいですよね。数日・数時間で品質に差が出ます。

では、アイスの場合はどうでしょうか?アイスの保存といえば、基本的に冷凍ですよね。これがポイント!

アイスの保存の際、-18度以下しておくと、細菌が繁殖できなくなります。これは家庭の冷凍庫でも可能な温度です。細菌が繁殖しなければ、劣化のしようがないということですね。もちろん、全く劣化しないというわけではありませんが・・・

ちなみに、「-18度以下で保存しましょう」というのは、ちゃんと商品に記載されています。つまり、「賞味期限とかは無いけど、その代わりに-18度以下で保存することが必要」ってことですね。

劣化するタイミングとは

さて、最適な方法で保存し続ければアイスの品質はほとんど落ちないので、10年後でも食べられるようです。

しかし、それはあくまで理論上のお話。購入後、ずっと-18度以下に保つことは可能でしょうか?

たとえば、お店でアイスをケースから取り出した時。そして、それを家まで持ち帰るまでの間。さすがに常温ですよね笑

さらに、家で冷凍庫の開け閉めをするだけでも温度変化はあります。冷凍庫にアイスだけを入れ続けるわけではないでしょう。基本的に、冷凍庫で保存していても-18度以下を保ち続けることは困難です。

まあ、それでも長持ちすることに間違いはありません。ただ、全く劣化しないというわけではないということを覚えておきましょう。

未開封アイスの賞味期限とは

賞味期限は簡単に言ってしまえば、美味しく食べられる期間のこと。ということで、アイスを美味しく食べられる期間の目安を把握しておきましょう。

もちろん、それ以降に食べても問題はありません。ただ、保存期間が長いほど風味が損なわれるのは事実です。

まずは、未開封のアイスについて考えていきましょう。

美味しく食べられるのは1カ月間?

家庭用冷凍庫の温度は基本的に-20度前後。ただし、「食品がどれだけ中に入っているか」、「扉の開け閉めの頻度はどれくらいか」によって温度は変わっています。

まあ、これは個人差の大きい話ですから、劣化具合も家庭によって変わってくるでしょう。ただ、日数が経つに連れて劣化がわずかながら進んでいることに変わりはありません。風味も変化しているでしょう。

「なるべく美味しく食べたい!」という人は1カ月以内を目安に食べると良いかもしれませんね。

溶けてしまったアイスは?

溶けてしまったとはいえ、未開封。もう一度凍らせて食べても身体への影響はありません。(ただし、どれほど常温の状態で置かれてかにもよるでしょう)

有害ではありませんが、品質は変わっていますね。風味やコクが変わったり、食感が全然違うものになっていたり・・・

アイスを構成する成分が、一度溶けてしまった際に分離しているのかもしれませんね。冷凍し直しても、本来の状態には戻せません。

開封済みアイスの賞味期限とは

アイスは量によっては一度に食べきれないこともありますよね。未開封のアイスは長期間保存できるとして、開封してしまった場合はどうでしょう?食べかけのアイスも同じように長持ちするのでしょうか?

風味が落ちやすい

開封している分、品質の変化は大きくなります。未開封の場合との大きな違いは、冷凍庫のニオイがアイスに移ってしまうこと。当然のことながら、アイスの味や香りも変わってしまいます。また、空気に触れることで酸化が始まります。

目安としては、一週間以内に食べるが良いかもしれませんね。まあ、品質をどの程度気にするかによるので、ここに正解はありません。

未開封とは状況が違う

開封済みのものでも10年後も食べられるのかというと、それは怪しいですね。

そもそも、賞味期限とは定められた方法で保存されていた場合に品質が保証される期間なので、アイスに限らず、開封したら賞味期限の適応外です。

アイスの場合は-18度以下での保存が規定されていますが、開封済みということは数分間は常温で置かれていたということ。未開封の状態でもなくなっているので、適応外ですね笑

手作りアイスの賞味期限とは

市販のアイスが長期間保存できることはわかりましたが、自分で作ったアイスはどうなのでしょうか?もしかしたら腐ってしまうのか?

基本的には市販のものと同じ

手作りとはいえ、冷凍保存されている限りは腐ることはありません。ただし、未開封の状態とはいえないので、開封済みのものとして考えましょう。

目安はやはり一週間ほど。まあ、手作りのものを何年も置いておく人もほとんどいないと思いますが笑

アイスを長持ちさせる保存方法とは

ここからは劣化をなるべく防ぐための保存方法について確認していきましょう。

温度管理を意識する

アイスが長持ちするのは、冷凍保存が基本だからです。そのため、温度変化には気をつけておきたいですね。特に夏は温度変化が大きいですから、購入後は急いで冷凍庫にGO!

開封後、全部を食べきれないなら、残す分はすぐに冷凍庫に戻した方が良いですね。

密閉する

未開封なら良いのですが、開封済みや手作りのアイスなら保存時に密閉しましょう。これは空気に触れることを防ぐため。空気に触れている間、酸化し続けるので、品質はどんどん落ちていくと考えておきましょう。

また、密閉することで冷凍庫のニオイが移る心配もなくなりますね。

ニオイの強い食品とは分けて保存する

移るニオイは冷凍庫のものだけではありません。冷凍庫内に他の食品が入っているなら、その食品のニオイがアイスに影響する可能性も十分あります。そのため、ニオイの強いものとは離しておきたいですね。

アイスの種類は劣化と関係する?

ところで、どのアイスも賞味期限はありませんが、劣化の早さに違いはあるのでしょうか?

結論からいうと、差はあります。まあ、含まれている成分が違えば、当然、変化にも影響してくるでしょう。

乳脂肪の多いアイス

高級なアイスは乳脂肪が多い傾向にありますね。脂肪分が多いほど酸化しやすいので、その分、劣化しやすいといえるでしょう。

まあ、賞味期限が無い時点で長持ちはするのですが、美味しく食べるなら早めの方が良いですね。

モナカアイス

モナカ部分はアイスではありませんから、劣化の仕方もアイスとは違います。やはり、劣化は早い傾向にあるようですね。

雪見だいふく

中はアイスですが、外は餅ですね。餅部分の方が劣化は早いです。餅の劣化といえば、食感に変化が出てくるでしょう。それは雪見だいふく自体の美味しさにも影響してきますね。

まとめ

さて、今回はアイスに賞味期限が無い理由についてお話してきました。

やはり、基本的に冷凍状態ってことが大きいようですね。お店でも家でも冷凍保存されているため、品質が変わりにくいということでしょう。

上手に保存すれば、10年後でも食べられるかもしれませんよ笑

ただし、いつ買ったかわからないようなアイスは、食べる前に見た目やニオイに違和感が無いか確かめておいた方が良いですね。