脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 目のクマがひどい原因はxxxxだった?種類別のお手軽な対策とは

目のクマがひどい原因はxxxxだった?種類別のお手軽な対策とは

calendar

reload

目のクマがひどい原因はxxxxだった?種類別のお手軽な対策とは

「なんか、疲れてる?」

人と会った時にこのように言われたことはありませんか?自分では特に違和感がなくても、疲れが外見に現れることもありますね。たとえば、目の下にできる「クマ」

クマができている人を見ると、「あの人、寝不足なのかな?」「疲れが溜まってそう・・・」って思いますよね。

ところで、皆さんはクマがどのようなときに出てくるかを知っていますか?今回はクマが表れる原因や対策についてお話していきます!

目の下のクマとは?

そもそも、クマとはなんでしょうか?

簡単にいうと、目の周りが黒ずんでいる状態のことを言います。クマがあるだけで老け顔に見えたり、疲れが溜まって見えたり、肌がたるんだり、周囲からの印象にも関わる厄介なものですね。

身体に不調を感じなくても、気づかぬうちにクマができていることは少なくありません。

クマは3種類

クマといっても、いくつか種類があるのを知っていますか?クマは大きく分けて3種類。それぞれのクマで原因も対策も変わってくるので、まずは自分のクマがどれに分類されるのかを確認しておきましょう。

茶クマ

茶クマは目の下が茶色にくすんで見えるクマを言います。また、茶クマの場合は目尻を引っ張ったときに、クマも皮膚と一緒に動きます。

青クマ

青クマは目の下が青色にくすんで見えるクマを言います。青クマの場合は目尻を引っ張っても、クマの位置は変わりません。

黒クマ

黒クマは目の下が黒色にくすんで見えるクマを言います。黒クマの場合は目尻を引っ張ると、クマが見えなくなります。

あなたのクマの種類は?

さて、クマは3種類あります。原因や対策を知るには、自分のクマがどれなのかを判断する必要がありますね。

見極めるポイントは2点。「クマの色」「目尻を引っ張った時のクマの様子」です。自分のクマがわかったら、さっそく対策を確認していきましょう!

茶クマの原因・改善

まずは茶クマのお話から。

茶クマの原因

茶クマの原因は一言でいうと、「メラニン色素の沈着」です。

色素沈着の原因は、皮膚への刺激。たとえば、目をこする癖がある人は茶クマが出来やすい傾向にあります。また、女性の場合はメイクを落としきれていないと茶クマの原因になることも・・・

普段から目元に刺激を与えていると、茶クマが出てきやすくなりますね。

茶クマの消し方①保湿

茶クマの原因は皮膚の色素沈着ですね。つまり、茶クマの改善には皮膚の改善が必要になります。

皮膚の改善とは、古い皮膚を新しいものに変えること。ターンオーバーとも言われますね。

肌を保湿することによってターンオーバーが促進されるので、茶クマができたら、まずは保湿から始めましょう。

ちなみに、皮膚のターンオーバーが茶クマを消すのに欠かせないということは、改善には時間がかかるということです。メイクで隠すこともできますが、なるべく茶クマができないように肌質を良くしておきたいですね。

茶クマの消し方②ビタミンCを摂取

ビタミンCは何となく健康的なイメージが強いですね。実際、健康に良い栄養素ですが笑

そして、ビタミンCは肌にも良いです。ターンオーバーを促進する効果があるので、茶クマでなくても美肌作りにおすすめです。

ビタミンCはレモンなどの果物から簡単に摂取できるので、お手軽な方法ですね。

茶クマの消し方③紫外線対策

紫外線といえば、シミの原因として有名ですね。シミができてしまうのは、肌を紫外線から守ろうとしてメラニン色素が沈着してしまうため。

茶クマが出来てしまう原因もメラニン色素の沈着でしたね。特に男性の場合は日焼け止めをしている人も少ないでしょうから、茶クマができやすいかもしれません。

長期的な茶クマの対策なら、紫外線対策が一番良いかもしれませんね。

青クマの原因・改善

次に青クマについて見ていきましょう。

青クマの原因

青クマの原因は、「血流が悪くなること」。目の周辺に血液が十分に行き渡らないと毛細血管が青っぽく見え、青クマが出てくる可能性があります。

そして、血流が悪くなる原因は生活習慣。わかりやすいものでいうと、睡眠不足やストレス・疲労です。他にも、単純に身体が冷えたり、目の疲労が溜まっただけでも青クマが出てくることがあります。

また、冷え性の人も血液の循環が悪いので、青クマが出来やすい傾向にありますね。

一般的に言われる、「クマがある = 疲れているのでは?」というイメージによるクマは青クマということですね。

青クマの消し方①体温を上げる

身体が冷えると血流が悪くなりますね。そのため、基礎体温を高めることが有効です。

日常生活では、「ゆっくり浴層に浸かって身体を温めること」「冷たいものを食べ過ぎないこと」などが考えられますね。また、タンパク質ミネラルをしっかりと摂り入れることで体温は上昇します。

身体が冷えるのは冬だけではありません。夏でもエアコンが効いた部屋に長時間いれば身体は冷えますし、暑いとアイスを食べたくなりますよね。

青クマの消し方②アントシアニンを摂取

アントシアニンとは、カシスやブルーベリーに含まれるポリフェノールのこと。視力を回復させる効果があることで有名ですね。

実は、アントシアニンは青クマにも効果的。アントシアニンが目に良いのは、目の周辺の血流が良くなるからです。つまり、血流の悪さが原因の青クマも解決できます。

アントシアニンで得られる9つの効果とは?

青クマの消し方③生活習慣の改善

青クマの根本を解決するには、生活習慣の見直しが必要です。睡眠不足なら睡眠時間を増やす必要がありますし、ストレスが原因なら発散する必要があります。

栄養バランスが偏っているなら、食生活の改善が必要ですね。原因は様々ですが、思い当たる点があれば変えていきましょう。

黒クマの原因・改善

次に黒クマについて見ていきましょう。

黒クマの原因

黒クマの原因は目の下の筋肉の衰えやたるみ。黒クマは他の二つと違い、皮膚の色が変わっているわけではありません。目の下にできる影によって黒く見えているだけです。

加齢にともなって皮膚のハリも失われていくので、黒クマもできやすくなりますね。

黒クマの消し方①筋トレ

黒クマは目の周辺の筋肉を鍛えることで対策が可能です。方法としては、5秒間目をぎゅっと閉じ、ゆっくりと目を開く動作がエクササイズとして効果的。

ポイントは表情筋や眼輪筋を鍛えるということ。筋肉を取り戻すことで皮膚のたるみも無くなっていくでしょう。

黒クマの消し方②マッサージ

目の周辺の筋肉をほぐすことで、皮膚のたるみも対策可能です。目の下の部分を優しく押すと血行が良くなるので、筋肉にとって嬉しいですね。

ちなみに、マッサージは青クマにも有効です。まあ、血流が良くなるという点で納得はできるかと。

クマを予防するには?

さて、クマの対策についてお話してきましたが、そもそも、クマはできない方が良いですよね。そのためには日頃から生活習慣を正して、クマができにくい体質にすることが大切です。

そのために、意識しておくべき習慣について確認しておきましょう。

クマの予防①十分な睡眠

生活習慣の中でも、睡眠は特に重要ですね。ストレスも疲労も睡眠量の影響は大きいです。

目の周辺は特に皮膚が薄いため、血管が透けて見えやすいです。デスクワークでは目を酷使することにもなりますし、目や身体をちゃんと休ませるのは必須ですね。

クマの予防②栄養バランスを考慮

栄養の偏り血流にも影響してきます。また、ホルモンバランスへの影響も無視はできません。

ホルモンバランスの乱れによって、身体の様々な機能に支障が出ます。血行も悪くなるので、目の周辺に栄養や酸素が十分に届かなくなります。

意識するのは、緑黄色野菜などでビタミンやミネラルを摂取しておくこと。野菜が嫌いな人ほど注意が必要ですね。

クマの予防③アイメイクをきちんと落とす

女性の場合はメイクをちゃんと落とすことが重要です。色素沈着によって茶クマができてしまうので、寝る前に忘れずにメイクを落としましょう。

もしも落とさずに寝てしまったとしたら・・・

目の周辺は皮膚が薄いですから、休ませる時間も必要です。

クマがひどいと印象が悪くなる?

職場でも学校でも恋愛でも友人関係でも、生きていく上で人との関わりは欠かせませんね。外見で周りからの印象も大きく変わります。それこそ、クマの有無だけでも。

不健康に見える?

クマがある人に対するイメージは、「睡眠不足」、「疲れが溜まっている」というようなマイナスなもの。

実際は健康体だとしても、クマがあるだけで不健康な生活をしていると思われがちです。体調の悪そうな人には頼み事をしにくいですし、恋愛にも支障が出るかも?

老け顔に見える?

クマがあるだけで実年齢よりも老けて見えてしまいます。特に女性の場合は自分に自信を持てなくなり、人前に出ることを避けたり、恋愛を避けたり・・・

暗そう・怖そうに見える?

クマがあるだけで、「暗い人」「怖そうな人」に見られがちです。知り合い同士なら問題はないでしょうが、初対面では第一印象を左右します。

クマがあるだけで避けられるのは、もったいないですね。

クマは病気なのか?

上記の対策を試みてもクマが改善しない場合、もしかしたら病気の前兆かもしれません。たとえば、次のようなもの。

うつ病

うつ病は睡眠不足や自律神経の乱れを引き起こします。もしもクマの原因がうつ病だとしたら、自己解決は困難でしょう。

疲労感や倦怠感が続くようなら、医者に相談することも検討しましょう。

皮膚炎

花粉症やアトピー性の皮膚炎によって色素沈殿が引き起こされることがあります。アレルギー反応によって血流に影響が出てクマができるとしたら、治すべきはアレルギーの方ですよね。

貧血

目の周辺に血液が届かなければクマができますね。しかし、そもそもの問題として、体内の血液が不足していたら血流を促進させても改善は難しいでしょう。

貧血の人なら、鉄分を補給して血液そのものを増やすことから始めましょう。

クマの改善におすすめの食べ物

さて、クマを改善するには栄養バランスを整えることが必要と話しましたが、その中でも、クマに有効な食べ物についていくつか紹介していきます。

クマ消しに有効な食べ物①卵

卵は鉄分タンパク質が豊富な食材です。また、様々なビタミンも含まれており、健康的な食べ物ですね。

クマ消しに有効な食べ物②アスパラ

アスパラに含まれる葉酸には、血液をさらさらにする効果があります。油と一緒に摂取することで吸収率もアップ!

クマ消しに有効な食べ物③ほうれん草

ほうれん草は鉄分葉酸を多く含み、血行を促進する「ルテイン」も含んでいます。

他の野菜にもルテインは含まれていますが、ほうれん草は含有量が多いのが特徴的です。

クマ消しに有効な食べ物④ブロッコリー

ブロッコリーはビタミンCが豊富な食材です。タンパク質と一緒に食べるとコラーゲンの生成にも役立つので、肌質を高めることにもつながりますね。

まとめ

さて、今回はクマの原因や対策についてお話してきました。基本的には生活習慣が大きく関わっているようですね。

顔は人と関わるときに最も見る部分ですから、その人の印象にも影響してきます。クマはなるべく表れないようにしたいですね。