脱力ライフの館

Home » 暮らし » 睡眠 » ロングスリーパーは天才的?!長時間睡眠でxxxxな性格になるって本当?

ロングスリーパーは天才的?!長時間睡眠でxxxxな性格になるって本当?

calendar

reload

ロングスリーパーは天才的?!長時間睡眠でxxxxな性格になるって本当?

睡眠は誰もが経験し、誰にとっても必要不可欠なものですね。

ところで、皆さんは聞いたことがありますか?「睡眠時間で性格が変わる」という説を・・・

実際のところ、どうなのでしょうか?

調べてみたところ、「睡眠時間が長いか短いか」である程度は性格に傾向がみられるようです。

今回は長時間の睡眠を必要とするロングスリーパーの性格の傾向についてお話していきます!

ロングスリーパーとは?

ロングスリーパーの性格の傾向

さっそく、ロングスリーパーの性格について見ていきましょう。

傾向①ストレスが溜まりやすい

ロングスリーパーの人には精神的に打たれ弱いところがあるようです。会社の上司に説教されたり、学校で先生に怒られたり、そのような場合の精神的ダメージが大きくなります。

抱えるストレスも大きくなるでしょう。他にもちょっとしたミスを気にしたり、周りからの反応が気になったり。人と関わると、ほとんど常にストレスを受けているようなものですね。会社のような協調性を要する場では負担も大きいかもしれません。

ストレスはイライラにもつながりますから、普段からイラついている人も多いとか。

ちなみに、ロングスリーパーの人は睡眠によってストレスを軽減しています。しかし、ロングスリーパーは眠りが浅いのも特徴的。眠ってもスッキリせず、余計にストレスが増えてしまうことも・・・

傾向②内向的

ロングスリーパーは人との関わりをストレスに感じがちなので、一人での作業を好む傾向にあります。

人と接するのが苦手で内向的と言えるでしょう。

仕事としては、営業のような様々な人との関わりがある職よりも、研究職の方が適しているかもしれませんね。

傾向③精神的に弱い

先ほども言いましたが、ロングスリーパーの人は精神的に弱い傾向にあります。ネガティブ思考になりやすく、物事を悪い方向に捉えてしまいがち。

精神的な弱さはうつ病の原因にもつながります。

傾向④完璧主義者

打たれ弱さは完璧主義の思考によるものかもしれません。細かいところまで意識するからこそ、ちょっとしたミスが気になるようです。

そして、細かいところまで注意を払うには高い集中力が必要ですね。常に気を張っていると心身ともに疲れてしまい、ストレスにもつながるでしょう。

逆に、細かいところまで追究するからこそ、ひとつのことを極めるのは得意です。そのため、何かの分野に特化して能力を伸ばすことで実力が発揮されるかもしれません。

傾向⑤失敗しにくい

これも完璧主義が関係しています。ミスを気にするため、行動は慎重です。なるべく失敗しないよう、熟考したうえで物事を進めます。

ただし、成功するには知識や経験もそれなりに必要ですね。それゆえ、初心者のうちはスキル不足でストレスに苦しむかもしれません。

ロングスリーパーは天才?

ロングスリーパーには天才が多いという話を聞いたことがありますか?たとえば、相対性理論で有名なアインシュタインもロングスリーパーだったようです。

先ほど挙げた性格の傾向によると、ロングスリーパーは「考えること」を普段から行っていますね。すると、普段から自然に発想力が鍛えられているようです。

とはいえ、医学的な根拠があるわけではありません。そのため、真偽のほどは不明。実際、ロングスリーパーと対になるショートスリーパーにも天才と呼ばれるような人は少なくありません。

ショートスリーパーの性格は?

睡眠時間だけでは天才にはなれないということですね。

自分は本当にロングスリーパー?

もしかしたら、先ほど挙げた性格の傾向が全然当てはまらないと言うロングスリーパーもいるかもしれませんね。

「自分は本当はロングスリーパーではないの?」と感じた人もいるかもしれません。でも、よくよく考えてみてください。睡眠時間だけで性格が決まるというのも、おかしな話です。育った環境だったり、他者の影響を受けたり、様々な要因が性格の形成に関わりますからね。

ロングスリーパーでポジティブな人もいますし、ストレスがほとんどないと言う人もいるでしょう。

「じゃあ、さっきまでの話は何なの?」ってなりますが、それはあくまでも傾向の話。心理テストや血液型診断と似たようなものと考えてください。

上記の性格が当てはまったらロングスリーパーというわけではありません。ロングスリーパーは長時間の睡眠を必要とする人を言います。

ロングスリーパーになる原因は?

まとめ

さて、今回はロングスリーパーの性格の傾向についてお話してきました。一応傾向はあるようですが、それほど説得力のある話でもないでしょう。

睡眠時間だけで性格が決まるほど、人間は単純ではありません笑