脱力ライフの館

Home » 暮らし » 睡眠 » ショートスリーパーは成功者の性格?!行動力で人と差がつく?

ショートスリーパーは成功者の性格?!行動力で人と差がつく?

calendar

reload

ショートスリーパーは成功者の性格?!行動力で人と差がつく?

皆さんの睡眠時間はどれくらいでしょうか?多くの人は6~7時間程度でしょう。

しかし、3~4時間程度しか寝ていないという人もいますよね。しかも、「寝なくても全然大丈夫!」って感じの人。

短時間睡眠の人たちはショートスリーパーと呼ばれることがありますね。そして、ショートスリーパーには成功者も多いらしい!

睡眠時間は性格とある程度は関係性があります。

ということで今回は、ショートスリーパーの性格の傾向についてお話していきます!

ショートスリーパーとは?

ショートスリーパーの性格の傾向

さっそく、ショートスリーパーの性格について見ていきましょう。

傾向①社交的

ショートスリーパーの人には社交的な人が多いと言われています。

静寂を好まず、個人で行動するよりも集団の方が活躍するタイプ。人とのコミュニケーションが大好きなので、老若男女、たくさんの友人がいます。

様々な人との交流があると、仕事でもプライベートでも多種多様な経験ができそうですね。

人との関わりを楽しむので、職種としては事務作業よりも外回りの方が能力を発揮できるでしょう。

傾向②ポジティブ思考

ショートスリーパーには明るい人が多いです。

ポジティブに物事を考えるので、失敗をしても何かトラブルが起きても、マイナス思考にならずに冷静に対処可能

また、ストレスに強く、気持ちの切り替えも早いようです。無駄に落ち込まず、余計に悩まず。慎重に行動して失敗を避けるのではなく、何度もチャレンジして失敗から学んでいくタイプです。

人生では数え切れないほどの失敗を経験しますから、失敗に強い思考回路というのは魅力的ですね。

傾向③好奇心

ショートスリーパーはチャレンジ精神に満ち溢れ、様々な分野に興味を持ちます。

自分の専門以外についてもどんどん学び、知識欲が旺盛といえるでしょう。

もしかしたら、社交的な性格も好奇心から来るものかもしれませんね。多くの人と出会い、多くの経験を貪欲に得ていくわけです。

多趣味なところもショートスリーパーの特徴ですね。

傾向④即決力・即断力

時には大きな決断というのも必要ですよね。

「何か新しいことに挑戦」というときに、リスクをまず考える人もいれば、「とりあえずやってみよう」という人もいます。

ショートスリーパーは後者ですね。失敗を気にせずに挑戦し、失敗したら後から何とかするという考え方です。

もちろん、リスク管理も大事ですが、ずっと悩んでチャンスを逃すのももったいないですよね。

ちなみに、ショートスリーパーはアクシデント時の対処が早いことも特徴的。頭の回転が速いので、何をすれば良いかをすぐに判断できるようです。

味方に付いた場合はとても頼もしい存在ですね。ただし、敵に回したら厄介な存在といえるかもしれません。意見の衝突があったり、商売敵だったりした場合、ショートスリーパーの行動力や判断力は脅威になるでしょう。

傾向⑤時間を有効活用

ショートスリーパーが短時間睡眠をしているのは、「短時間で問題ないから」というのもあるのですが、「時間がもったいないから」という感覚もあるからです。

1日の時間は24時間と限られていますよね。多くの時間を使うには、睡眠時間を削るのが一番効率的だと考えが根底にあります。

1日中家でぼーっとしていることもほとんどありません。常に知的探究心や好奇心によって行動しています。

無駄な時間を過ごさない行動力の高さによって、人とは違ったアイディアも浮かんでくるのかもしれませんね。

ロングスリーパーの性格は?

傾向⑥単調さが苦手

ショートスリーパーの弱点とも言える部分かもしれません。それは、単純作業が苦手なこと。普段から行動力が高くて常に動きまわっているような人が、単純作業になるとすぐに疲れを感じてしまうのだとか。

あまり頭を使わない作業を好まないのかもしれませんね。これが事務作業とかならまだ良いかもしれませんが、車の運転とかになると事故の危険性もあるので、注意が必要ですね。

ショートスリーパーのメリット・デメリットは?

ショートスリーパーには成功者が多い?

ショートスリーパーの性格は、ビジネスにおいては不安要素もありますが、大成功をおさめそうな印象です。

著名人にもショートスリーパーは数多く存在しています。たとえば、ソフトバンク創業者の孫正義さん。学生時代からショートスリーパーで、本を読んで勉強していることが多かったとか。

他にも、マイクロソフト社の創業者ビル・ゲイツさん。世界的に有名な資産家ですね。

ショートスリーパーになるには?

必ずしも性格があてはまるわけではない

ここで大事なことが一点。それは、ショートスリーパーの人が必ずしも全員、上記のような性格というわけではないということ。

さすがに、睡眠時間だけでは人の性格は決まりませんからね、あくまでも「そういう傾向があるんだな~」くらいの認識にしておきましょう。

そうしないと、ショートスリーパーの人と出会ったときに先入観が働いてしまいますからね。もしかしたらネガティブ思考の人もいるかもしれませんし、人付き合いが苦手な人もいるかもしれません。思い込みで相手を困らせないように気をつけましょう。

まとめ

さて、今回はショートスリーパーの性格の傾向についてお話してきました。

ポジティブ思考で行動力が高く、知的好奇心や好奇心が旺盛。いかにも成功しそうな性格ですね笑

ショートスリーパー自体が珍しい存在なので、普通の人とは違った思考回路を持っているのかもしれません。