脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 食べ物・飲み物 » 玉ねぎで男性ホルモンが増加する?テストステロンを増やす食べ方とは?

玉ねぎで男性ホルモンが増加する?テストステロンを増やす食べ方とは?

calendar

reload

玉ねぎで男性ホルモンが増加する?テストステロンを増やす食べ方とは?

玉ねぎには色々な健康効果がありますよね。

たとえば、「血液をサラサラにする」とか

玉ねぎで血液サラサラって何で?

「ダイエットに良い」など。

玉ねぎで痩せる仕組みは?

ところで、「玉ねぎで男性ホルモンを増やせる」という話を聞いたことはありますか?男性ホルモンは精力アップや筋肉や骨の形成などの作用がありますね。

そこで今回は、玉ねぎで男性ホルモンのテストステロンを増やせる理由と、効率良く増やす食べ方についてお話していきます!

テストステロンとは?

まず、テストステロンとは何かという話からですね。テストステロン男性ホルモンの一種です。男性でも女性でも体内に存在するホルモンですが、簡単に言うと「男らしさ」に影響するホルモンです。

テストステロンが多いほど、体毛が濃くなったり筋肉や骨が太くなったり。

テストステロンの作用

筋肉や骨の維持・増強

テストステロンはタンパク質の合成を促進します。筋肉や骨はタンパク質によって形成されていますから、テストステロンが多いほど筋肉質で骨格が増強される傾向にありますね。

筋トレ効果を高めることにもつながりますし、若々しい身体を維持することにも有効です。

認知機能をコントロール

テストステロンは脳の働きにも影響しています。特に、記憶を司るという海馬の働きを活発にしてくれますよ。

記憶力も上がりますし、空間認識能力も向上します。

社会性の向上

競い合うのが好きな男性っていますよね。周囲の人にライバル意識を持って、負けないように成長しようとする感じ。

テストステロンが多いと、このような競争心が刺激されます。仕事でも同期に負けないよう働いたり、経営者なら他社に負けないように努力します。

競い合う仕事に就いている人ほど、テストステロン値が高い傾向にあるようです。

逆に、テストステロンが少ないと、向上心に欠けているようですが・・・

加齢に伴う病気リスクを下げる

テストステロンは若々しい身体を維持するもの。そのため、加齢による身体の衰えを抑えることにつながります。

たとえば、動脈硬化を抑え、心筋梗塞などの血管に関わる病気のリスクを下げることができますね。また、テストステロンは記憶力にも関わってきますから、認知症対策にもなるでしょう。

逆に、テストステロンが少ないと、これらの病気リスクが高まるとも言えますね。

モテる?

テストステロンが多い人ほど、社会性が高い傾向にあります。チャレンジ精神や向上心といっと内面にも影響し、仕事上ではリーダーシップを発揮する頼れる人材になるでしょう。

また、筋肉質の体つきになるので、外見的な魅力も増えますね。というわけで、男性ホルモンが多い人ほどモテやすい傾向にあると言えます。

玉ねぎでテストステロンを増やせる理由

さて、ここからが本題ですね。なぜ、玉ねぎを食べるとテストステロンが増えるのでしょうか?

ポイントは玉ねぎに含まれる含硫アミノ酸という成分。この成分にはテストステロンの合成を促進する効果があると考えられています。また、テストステロンの減少も抑えられるようですね。

ちなみに、玉ねぎを切った時に涙が出てくるのは、含硫アミノ酸から合成される成分の影響です。

効率良くテストステロンを増やす食べ方とは

1日にどれくらい玉ねぎを食べると良い?

まず、1日にどれくらい玉ねぎを食べるとテストステロンが増加するのか気になりますよね。「毎日何個も食べないといけない!」とかだったら続けられませんからね笑

でも、そこに関しては安心してもらって大丈夫です。目安としては、1日に半玉ほど食べれば十分です。

玉ねぎを使った料理はいくらでもありますからね。味のバリエーションも多く、食べ続けるのもそれほど難しくはないでしょう。

ちなみに、実験において、4か月間玉ねぎを食べ続けたマウスは、血中のテストステロンが2倍になったそうですよ。

生で食べるのが良い

実は、含硫アミノ酸は熱に弱い傾向にあります。そのため、生で食べるのがテストステロンを増やす場合は効果的です。

切った後、すぐに加熱すると良い

とはいえ、加熱調理をしても問題はありません。ただし、包丁で玉ねぎを切った後、すぐに加熱するように意識してください。

それは、含硫アミノ酸は空気に触れると化学反応を起こして別の成分に変化するからです。そのため、切った後、長時間置いておくと、含硫アミノ酸は減少してしまいます。

まとめ

さて、今回は玉ねぎでテストステロンを増やせる理由についてお話してきました。ストレスなどでホルモンバランスが崩れる人も多いでしょうが、食べ物でホルモンの分泌量を変えられるのは嬉しいですね。

ぜひ、試してみましょう!

玉ねぎを食べると口臭や体臭がきつくなる?