脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 食べ物・飲み物 » 便秘解消にはグミが強い?!ただし、食べ過ぎると便秘になる?

便秘解消にはグミが強い?!ただし、食べ過ぎると便秘になる?

calendar

reload

便秘解消にはグミが強い?!ただし、食べ過ぎると便秘になる?

皆さん!グミは好きですか?

子どもから大人まで、好きな人は多いですよね。最近では商品の種類が豊富になり、味も食感も多岐に渡ります。なかには、「グミサプリ」という、特定の栄養を摂取する目的のグミもありますからね。

ところで、皆さんはこんな話を聞いたことはありますか?

「グミで便秘を改善できる!」ということ。もしかしたら、初耳の人も多いかもしれませんね。これは本当の話なのでしょうか?逆に、「グミを食べると便秘になる」という説もありますからね。

というわけで今回は、グミが便秘にどのように影響してくるのかをお話していきます!

便秘とは

ちょっと基本的な話から始めていきますね。まず、便秘とはどのような状態でしょうか?

一般的には、大腸内での排泄物の通りが悪くなり、腸内に便が長時間残ったままの状態になったり、上手く排泄されない状態のことですね。

その際、便は硬い傾向にあり、腸のぜん動運動も弱い傾向にあります。便が腸内で動きにくいため、なかなか排泄できないということですね。

これは腸内環境とも関わってくる話です。腸内に溜まった便は悪玉菌のエサになります。そして、悪玉菌は増加。有害物質が生成され、病気につながるリスクもありますね。

グミで便秘を改善できる理由とは?

グミには食物繊維が多い

皆さんは、便秘改善に良い成分といえば、どんなものを思い浮かべますか?

よく言われるのは食物繊維ですね。実は、グミにも食物繊維は豊富です。グミの栄養成分表示を見ると、炭水化物が多いことがわかりますね。

「炭水化物イコール糖質」というイメージがあるかもしれませんが、炭水化物は糖質と食物繊維の総称です。つまり、食物繊維も炭水化物の一種であるということ。

そのため、「グミは炭水化物が多いから糖分の摂り過ぎになる!」というわけではありませんね。

もちろん、製品によって成分量は異なりますが、便秘解消に効果的な食物繊維をお菓子から摂取できるのは嬉しいですね。

グミはビタミンが多い?

グミの種類によっては、オレンジ味やグレープ味など、果汁が含まれたものがありますね。そのようなグミを食べると、果汁に含まれる成分も一緒に摂取することができます。

便秘解消に良いのは、ビタミン類ですね。ビタミンは腸内環境の改善にも役立つと言われています。

腸のぜん動運動をコントロールしたり、血行を促進して腸の動きを活発にしてくれるのが、ビタミンの良いところ。

シュガーレスグミは下剤に近い効果?

種類によるとは思いますが、シュガーレスグミの場合はマルチトールという成分が含まれていると、浸透圧性下剤に近い効果を得られる可能性があります。

これは簡単にいうと体内の水分を腸内に集め、水の力で便を排泄しやすくするイメージですね。

また、ソルビトールという成分が含まれた甘味料を使用しているグミの場合は、刺激性下剤に近い効果が現れることがあるようです。

食物繊維が便秘解消に役立つ仕組み

ところで、食物繊維が便秘になぜ効果的かは知っていますか?

食物繊維は基本的に、体内で消化されずに排泄されます。その途中、腸内で食物繊維は便に絡まります。

その際、食物繊維は水分を含んだ状態で便に絡まるので、便に水分を与えて軟らかくすることができます。便の硬さは便秘の原因ですからね。

また、食物繊維が便に絡まることで、便自体の体積が増えますね。すると、腸壁を刺激することになります。それによって、ぜん動運動が活発になるので、便が排泄されやすくなるということですね。

ちなみに、食物繊維は腸内環境の改善にも役立ちます。まず、溜まっている便を排泄させることで、悪玉菌の増加を防ぐことができますね。さらに、食物繊維は善玉菌のエサにもなります。善玉菌を増やすことも便秘対策には大切です。

食物繊維を摂取することで、便秘の改善にも予防にもなるということですね。

グミの食べ過ぎで便秘になる?

さて、グミは便秘改善に有効ですが、食べ過ぎると逆効果です。そう。便秘になりやすくなります。

「普段からグミを食べているのに便秘が治らない・・・」という人は、グミを食べ過ぎているのかもしれません。

食物繊維の摂り過ぎ

まず、「食物繊維の摂り過ぎは便秘になる」ということを知っていますか?

食物繊維は便に絡まることで排泄を促すものですよね。でも、食物繊維が多いと、便がどんどん大きくなっていきます。すると、腸内で便が動きにくくなるんですよね。なかなか排泄されず、結果的に便秘になってしまいます。

糖分の摂り過ぎ

糖分過多は悪玉菌を増やす原因になることがあります。というのも、栄養バランスがくずれると悪玉菌が増えやすくなるからです。

なかでも、糖分は悪玉菌のエサになる可能性があると言われています。

甘いものが好きな人は、他の食べ物からも糖分を摂取している可能性が高いですね。そこからさらに、グミでも糖分を摂っていると、糖分過多になるかもしれませんね。

グミを食べ過ぎると太る?

まとめ

さて、今回はグミと便秘の関連性についてお話してきました。

「おやつで便秘を改善!」というところが面白いですね。普段、野菜を食べない人は食物繊維が不足している可能性もありますし、グミを食べると健康的にも良いかもしれませんよ?

グミダイエットってどうやるの?

冷凍したグミが美味しい?

また、以下の記事で便秘解消に効果的な食べ物や飲み物を紹介しています。気になる人はチェックしてみてください!

便秘解消に効果的な食べ物や飲み物まとめ