脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 食べ物・飲み物 » グミを食べると太る?エネルギー補給源になる理由は糖質の高さ?

グミを食べると太る?エネルギー補給源になる理由は糖質の高さ?

calendar

reload

グミを食べると太る?エネルギー補給源になる理由は糖質の高さ?

グミは低カロリーなので、太りにくいイメージがありますよね。脂質もほとんど無いため、スナック菓子などに比べると太る要素は少ない気がします。

しかし、グミを食べても太る可能性があるのです。

というわけで今回は、グミで太ってしまう原因についてお話していきます!

グミの栄養素は?

まずは、グミに含まれている成分を簡単に確認していきましょう。

カロリーは1袋あたり(50g)あたり、150~200kcalほど。もちろん、製品によって多少数値は変わります。

このカロリーのほとんどは、炭水化物によるもの。タンパク質も少し含まれていますね。

そして、脂質がほとんど含まれていないのも特徴的。チョコレートやスナック菓子は脂質が多いので、脂質を減らす目的ならグミはおすすめですね。

グミで太ってしまうのは何故?

さて、簡単にグミの栄養を確認しましたが、脂質が少ないという点では太る原因とは考えにくいですよね。やはり、「油っこいものを食べると太る」というイメージがあるからでしょうか?

では、グミで太るケースとは?順を追って確認していきましょう!

グミは糖質が高い

製品によって数値は異なりますが、グミは糖質が高いことが特徴的です。実は、糖質の高さが問題。どれくらいだと思いますか?

目安としては、1袋あたり、40g近くの糖質が含まれています。ご飯1杯あたりの糖質が55gほどなので、おやつとしてはグミの糖質は高めかもしれません。

糖質は体脂肪が増える原因

体脂肪が太る原因を脂質の摂り過ぎだと思っている人もたくさんいますね。

しかし、これは正しいとは言えません。この理屈だと、糖質はいくら摂っても太らないってことになりますからね。

皆さん、血糖値という単語は聞いたことがありますか?これは、血中の糖の量を数値化したものですね。基本的に、血糖値は食後に上がるものですが、糖質をたくさん摂取するほど急激に増加します。

高い数値のままで維持するわけにはいかないので、身体は血糖値を下げようとします。その際に分泌されるのがインスリン

インスリンの役割は簡単に言うと、糖質をエネルギーに変えることです。そして、インスリンは血糖値が急騰するほどたくさん分泌されます。

でも、それで全ての糖質がエネルギーに変換されるわけではありません。一度に大量のエネルギーを用意されても、人間はそれを簡単には使いきれませんからね。

必要な分しかエネルギーには変換されないわけです。でも、血糖値は下げる必要はあります。ということは、血中の余った糖は別の形で体内に貯蔵されるわけです。これが体脂肪。体脂肪はエネルギーの貯蔵庫のようなものですね。

つまり、一度に大量の糖質を摂取すると、糖質を消費しきれないので、体脂肪として体内に残ってしまうということです。

これが太ってしまう原因ですね。グミは糖質が高いおやつなので、食べ過ぎると体脂肪も増えやすくなります。

グミはエネルギー補給源としても使用されている

ちなみに、グミの糖質は体内への吸収が早いため、食べた後すぐに糖質がエネルギーに変換されます。

そのため、大量のエネルギーを必要とするアスリートがよく食べているわけですね。彼らがおやつとしてグミを食べるのは、脂質の制限の目的もあるかもしれませんが、エネルギー補給源として利用しているということ。

では、激しい運動をしない一般人が食べた場合は?

すぐにエネルギーに変換されるということは、インスリンの作用がすぐに働いているということ。つまり、エネルギーを必要としていないなら、インスリンは糖質を体脂肪に変えてしまいます。

(アスリートが食べている=太りにくい)というイメージがあるかもしれませんが、太る要素もあるということですね。

グミを食べ過ぎてしまう原因

グミで太ってしまうのは、食べ過ぎてしまうから。あくまでも、グミをちょっと食べただけで体脂肪が増えるわけではありません。

むしろ、グミダイエットという方法もあるくらいですからね。

グミダイエットのポイントは?

しかし、グミはなぜかたくさん食べたくなるもの。理由としては、以下のようなものが考えられます。

グミの食感を好む

グミのモチモチした食感は、なかなか他では体験できませんよね。

あの食感にハマってしまうと、パクパク食べてしまうのも無理はありません。

しかし、それゆえにたくさん食べてしまうわけです。

砂糖への依存性

糖質にも色々種類がありますが、グミに含まれているのは主に砂糖。フルーツに含まれる果糖などと違い、砂糖は血糖値が急激に上がりやすい部類です。

そして、砂糖には依存性があるとも言われています。もちろん、これはグミに限った話はありませんよ。

時々、「甘いものが食べたくなる!」ってことがありますよね。そんな時に砂糖をたくさん摂取してしまうと、砂糖に依存して、それが習慣になってしまいます。太りやすい食生活になってしまうわけですね。

グミの手軽さ

グミの魅力のひとつは手軽さ。片手で食べられるし、スナック菓子のように手がベタベタになることもありませんね。作業中でも食べやすいので、つい食べてしまいます。

咀嚼音も鳴らないので、周りを気にする必要もありませんからね。

この食べやすさも食べ過ぎの原因になるかもしれません。

グミを食べ過ぎると便秘になる?

まとめ

さて、今回はグミで太ってしまう原因についてお話してきました。もしかしたら、「グミダイエットのつもりが、体重がどんどん増えていく・・・」という経験をした人もいるかもしれませんね。

何でも、程度は大切ってことですね。

ガムを食べると太る?痩せる?