脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » ダイエット » 「鶏皮は太る」は嘘?!高カロリーなのにダイエットに良い5つの理由とは?

「鶏皮は太る」は嘘?!高カロリーなのにダイエットに良い5つの理由とは?

calendar

reload

「鶏皮は太る」は嘘?!高カロリーなのにダイエットに良い5つの理由とは?

皆さん!ダイエット中はどんなものを食べますか?野菜中心?肉類はササミだけ?

色々な方法がありますよね。では、「ダイエット中に鶏皮を食べるよ~」って人はいますか?

「鶏皮は脂の塊」「鶏皮は高カロリーだから太る」。こんなイメージがありますよね。

でも、鶏皮の優れた栄養素がダイエットをサポートしてくれることは知っていますか?

というわけで今回は、鶏皮を食べて痩せられる理由についてお話していきます!

鶏皮の栄養価は?

最初に、鶏皮の栄養成分について見ていきましょうか。数値は鶏皮100gあたりの値とします。

まずは三大栄養素の炭水化物、タンパク質、脂質について。

炭水化物:0.0g

タンパク質:9.5g

脂質:48.6g

糖質が含まれていない?

とりあえず気になるのが、炭水化物が0.0gってことですかね。そうです。鶏皮は肉類の中でも糖質が全く含まれていない部位として有名なんです。これだけでもちょっと印象が変わってきますよね。

ダイエットでは糖質制限も必要になったりしますから、鶏皮を食べるだけで糖質制限につながるかも?

脂質は多い

一方、脂質は48.6gということで、鶏皮の半分近くは脂質で構成されているってことですね。「脂の塊」と思われるのも納得です。

「こんなに脂質を摂ったら太ってしまうのでは?」というイメージがつくのも仕方のないことです。

ビタミン類やコラーゲンが豊富

ビタミン類も健康な身体作りには欠かせませんよね。特にダイエット中は必要な栄養素も不足しがち。

鶏皮で摂取できるのは、ビタミンA、B2、B3、B12、Kなど。

また、鶏皮と言えばコラーゲンですね。コラーゲンはタンパク質の一種ですが、美容界では注目を集める成分です。肌質を保つためにも、なるべく摂り入れておきたいですよね。

鶏皮は高カロリー?

ところで、鶏皮は実際、高カロリーなのでしょうか?

鶏の他の部位と比較してみましょう。100gあたり、

鶏皮:497kcal

もも肉:181kcal

むね肉:136kcal:

ササミ:106kcal

という感じで、他の部位と比べた時は圧倒的にカロリーが高いですね笑

やはり、脂質の多さがそのままカロリーに影響しているようです。ちなみに、脂質1gあたり、9kcalです。つまり、鶏皮の場合、カロリーのほとんどは脂質によるものですね。

というわけで、鶏の部位で考えると鶏皮は高カロリーになるわけですが、他の食べ物と比べたらどうでしょうか?鶏皮を上回るカロリーの食べ物なんてたくさんあります。カツカレーやカルボナーラ、オムライス、ハンバーガーなど。

このように考えると、鶏皮も悪くないかも?

鶏皮で痩せられる理由とは?

さて、鶏皮のカロリーを知って、「そんな高カロリーなものダイエット中に食べられないよ・・・」と思いましたか?そんな人達はまず、「高カロリー=太る」という考えを少し変えた方が良いかもしれません。

間違いでは無いのですが、ダイエットは「カロリー制限をすれば良い」というほど単純なものではありません。

【関連記事】カロリー制限をしても太る?カロリーについての正しい知識

もちろん、カロリーの数値を気にすることも大切ですが食べ物に含まれる成分にもう少し目を向けた方が良さそうです。というのも、鶏皮にはダイエットに適した成分があるからです。

というわけで、鶏皮がダイエットに良い理由を確認していきましょう!

①コレステロール値、中性脂肪を下げる

脂肪分にも種類があることを知っていますか?飽和脂肪酸不飽和脂肪酸です。簡単に違いを言うと、飽和脂肪酸はコレステロール値を高め不飽和脂肪酸はコレステロール値を下げてくれます

コレステロール値が高いほど中性脂肪が増えやすくなり、動脈硬化や心筋梗塞などのリスクも増えますね。

ちなみに、鶏皮に含まれているのは不飽和脂肪酸。肥満対策にもつながるでしょう。

②腹持ちが良い

脂質の多さというのは、ダイエットにおいてはメリットでもあります。というのも、脂質は消化に時間がかかり、腹持ちが良いのが特徴。

ダイエットの天敵は空腹感ではないですか?空腹に耐えることで減量できることはわかっていても、それは食欲を抑えていることになりますね。自身の欲を我慢すると、ストレスも増えていきます。

「ストレスに負けてたくさん食べてリバウンド」というのがダイエットの失敗するパターンですね。

それを解消するのが鶏皮。長時間お腹の中にとどまってくれるので、余計に空腹を感じることもありません。鶏皮自体は高カロリーですが、それで空腹感を消せれば、結果的には1日あたりの摂取カロリーは減りそうですよね。

また、脂質たっぷりのコッテリした鶏皮を食べることで、満足感も得られるでしょう。ダイエット中のストレスを緩和できるという点で、鶏皮は優れています。

③脂質や糖質を分解

鶏皮にはナイアシンという成分が含まれています。聞いたことがありませんか?まあ、名前を覚える必要はありません。

ポイントはナイアシンの作用。ナイアシンには摂取した糖質や脂質を分解し、エネルギーに変換してくれる効果があります。

そもそも、体脂肪が増えるのは、摂取した糖質や脂質がエネルギーとして消費されずに体脂肪の形で貯蔵されているから。

ナイアシンで糖質や脂質をどんどんエネルギーに変換していけば、体脂肪が増えにくい体質になりますね。つまり、痩せやすくなるということ。

鶏皮はダイエットで危険視される脂質を大量に含んでいますが、その分、脂質を分解してエネルギーに変える成分も含んでいます。

これが高カロリーなのに太りにくい仕組みですね。

④タンパク質を補給

ダイエット中に肉類を制限している人はいませんか?それは体重自体は減るのですが、減っているのは体脂肪ではなく筋肉です。

筋肉の主成分はタンパク質ですね。そのため、タンパク質を積極的に摂り入れていかないと筋肉は小さく、弱くなっていきます。

実はダイエットにおいて筋肉量はとても重要基礎代謝に関わってきますからね。簡単に言うと、筋肉が多いほど血流も良く、代謝も上がり、痩せやすく太りにくい身体になります。

そのため、タンパク質を摂取しないダイエットは続けるほど代謝が落ちて、太りやすい体質になってしまいます。

鶏皮はタンパク質も豊富なので、その点も安心ですね。

⑤糖質を含まない

先ほども触れましたが、糖質が含まれていないことが鶏皮の魅力です。

体脂肪を生成しているのは脂質というよりも糖質ですからね。鶏皮を食べても糖質の摂取量は増えないので、糖質制限ダイエットで気軽に食べられますね。

まあ、タレで味付けすればタレに含まれる糖質を摂取することにはなりますが。

鶏皮のカロリーを減らす方法

鶏皮がダイエットに良い成分を含んでいるとわかっても、ちょっとカロリーの高さは気になるかもしれませんね。

制限できるなら、抑えておきたいところ。

先ほども言ったように、鶏皮のカロリーのほとんどは脂質。というわけで、脂質を減らす方法を確認していきましょう。

茹でる

実際に鶏皮を茹でてみるとわかるのですが、茹でた後のお湯を見ると、脂がたくさん浮かんでいることがわかります。

茹でる前後で鶏皮の重さを量ると、どれくらい脂質を落とせたかも調べられますね。

鶏皮を料理に使う時は、一度茹でてから使用すると良いかもしれません。

焼く

茹でて脂質を落とせるということは、加熱すれば脂が落ちるということ。つまり、鶏皮を焼くのも有効です。カリカリの鶏皮を作りたいなら、茹でるよりも焼く方が良いですね。調理法はお好みで。

ちなみに、油で揚げるのはNG。せっかく落とした脂質が戻ってきますからね。じっくりと焼く方が効果的です。

電子レンジで加熱

実は、個人的にはこれが一番おすすめ!

試しに、生の鶏皮をレンジで4分くらい加熱してみてください。脂がたくさん出てくるのがわかると思います。しかも、鶏皮の成分の半分近くが脂ということで、電子レンジでは簡単には焦げません。レンジに入れたら放置でOK。これを繰り返していくと、かなりの量の脂を落とすことができます。詳しくはこちらの記事でチェック!

【関連記事】鶏皮せんべいは電子レンジで簡単に作れる!

鶏皮で痩せるための注意点

「鶏皮で痩せる」と聞くと、「じゃあ、鶏皮をたくさん食べよう!」と考える人が出てきます。

いくつか注意点があるので、確認していきましょう。

食べ過ぎるとお腹を壊す

脂質は消化がゆっくりだということを話しましたね。そのため、大量の鶏皮を食べてしまうと、消化が間に合いません消化不良を起こして、お腹を壊してしまうこともあります。

鶏皮自体も高カロリーですから、食べ過ぎはダイエットにおいても良くありませんね。

タレのカロリーに注意

鶏皮に糖質はありませんが、タレには含まれています。そのため、鶏皮の味付けは重要です。塩とタレではカロリーが全然違いますからね。

なるべくは味付けは塩で。タレをつけるにしても、量には注意が必要です。

ご飯を食べ過ぎない

鶏皮ってご飯にも合う味付けですよね。そのため、ご飯が進んでしまうのもわかります。

ただし、ご飯の食べ過ぎには注意が必要です。鶏皮のナイアシンで糖質を分解できると言っても、程度はありますからね。

「鶏皮を食べれば、炭水化物をたくさん摂取しても良い」というわけでもありません

ちなみに、私は夕食を鶏皮だけで済ませていた時期がありましたね。毎日ではなく、2,3日に一度くらいの頻度ですが。

これを1か月ほど続けていると、体重が2キロほど落ちていました。特に運動量は変えていないので、鶏皮のおかげと言えそうです。

スーパーによっては鶏皮が売っていないこともあると思うので、下にリンクを貼っておきますね。串だと量も調整しやすいので、おすすめです。

まとめ

さて、今回は鶏皮で痩せる理由についてお話してきました。

もちろん、太るか痩せるかは鶏皮の使い方次第なのですが、含まれている成分から考えるとダイエットには適しているということですね。

ストレスの溜まりにくい方法なので、一度試してみるのも良いかも?

ところで、鶏皮は好き嫌いが分かれますよね。ブヨブヨした食感が苦手。脂っこいのが苦手という人もいるでしょう。

そんな人たちは、豚肉を活用してみると良いかもしれません。詳しくはこちらの記事でチェック!

【関連記事】豚肉がダイエットに良いって本当?痩せる3つの理由や方法とは?

ちなみに、他の食べ物によるダイエットについてはこちらをチェック!

【関連記事】減量に効果的な食べ物や飲み物まとめ