脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 食べ物・飲み物 » 緑茶うがいで風邪を対策?!期待できる効果や具体的な方法とは?

緑茶うがいで風邪を対策?!期待できる効果や具体的な方法とは?

calendar

reload

緑茶うがいで風邪を対策?!期待できる効果や具体的な方法とは?

皆さん!風邪の予防・対策として、どんなことをしていますか?手洗い?うがい?もちろん、それらも大切ですが、特に効果的なのが「緑茶うがい」

これは名前の通り、うがいに緑茶を使うということ。

というわけで今回は、緑茶で風邪対策をする方法についてお話していきます!

緑茶うがいが風邪対策に良い?

さて、風邪対策には緑茶うがいが良いと言われています。

カテキンの殺菌作用

今回ポイントになるのは、緑茶に含まれるカテキンという成分。お茶の渋みの元になる成分ですね。緑茶はカテキンの含有量が他のお茶に比べて多いのが特徴。

そして、カテキンには殺菌作用があります。これが緑茶が風邪に有効な理由。

うがいの目的は口の中や喉にいる細菌やウイルスを体外に出すことですよね。

緑茶でうがいをすると、喉についている細菌やウイルスをカテキン成分で殺菌してくれるんです。

当然、風邪の予防になりますし、風邪をひいた後でも、喉の炎症を抑えるのに効果的です。

普通の水ではそれほど殺菌効果が期待できませんから、「風邪をひきたくない!」、「風邪を早く治したい!」という時には緑茶を活用すると良いですね。

ちなみに、殺菌作用は風邪以外にも口臭対策にもつながるようですよ。

お茶の選び方

お茶といっても、種類はたくさんありますね。カテキンの含有量が多いお茶ほど、風邪には効きます

日頃から飲まれているお茶で言うと、カテキンが特に多いのは釜炒り茶。次に煎茶。そして、番茶、玉露、紅茶、ほうじ茶、ウーロン茶という順番ですね。

ちなみに、緑茶というのは煎茶や玉露など、様々な日本茶の総称です。つまり、緑茶にも種類がるということですね。

意識するのはカテキンの量。

温かい湯でお茶を淹れるのが良い?

ちなみに、お茶を淹れる際ですが、お湯の温度は70度以上がおすすめです。温度が高いほどカテキンを上手く茶葉から出せるとか。

もちろん、うがいをする時に70度以上である必要はありません笑

温かい湯でお茶を淹れて、冷ましてからうがいをすると良いでしょう。

緑茶うがいのやり方とは?

緑茶に限った話ではありませんが、うがいには効果的なやり方があるようです。それは3つの手順を踏むこと。

まず、口をゆすぎます。緑茶を口に含んで、口の中の汚れや細菌を洗い流します。特に食後は食べカスもありますから、それらを洗浄する必要もありますね。まあ、歯磨きでも良いのですが。グジュグジュと何回か口をゆすぎましょう。

次に、うがいを行います。これはいわゆる、ガラガラと音を鳴らす動作です。緑茶を含んで上を向き、声を出すように音を出すと、喉の奥まで洗浄できるようですね。

最後に、普通の水で口をすすぎます。ここは緑茶ではありませんよ。目的は口の中のphを元に戻すこと。この3ステップを行うのが、効果的なうがいです。

緑茶を飲むのは風邪対策になる?

さて、緑茶でうがいをするのが風邪に良いことはわかりましたが、緑茶を飲むのは意味が無いのでしょうか?

カテキンが体内に入るという意味では変わりませんよね。

もちろん、緑茶を飲むのも風邪対策には効果があります。カテキンには免疫力を高める作用も期待できるようですから。

ただ、細菌が増えやすいのは喉です。そのため、喉で殺菌をすることを目的にするなら、うがいの方が効果的かもしれません。

逆に、うがいをした後、余った緑茶を飲むと良いかもしれませんね。

とにかく、緑茶を飲むことにも意味はあるので、コンビニなどで緑茶のペットボトルを買って、持ち歩くと良いでしょう。

緑茶はインフルエンザに有効?

緑茶は風邪には有効なようですが、インフルエンザにはどうでしょうか?

特に冬はインフルエンザが流行りやすい時期ですから、緑茶が効果的なら摂り入れておきたいですよね。

ところで、インフルエンザは感染力が高いのが特徴的。喉の粘膜に感染した場合、ウイルスは20分ほどで細胞に取り込まれてしまうようです。

うがいはこまめに出来るものではありませんよね。インフルエンザの予防としてうがいをするなら、20分おきにうがいをしなければいけません。仕事中や授業中はうがいをするわけにもいきませんから、現実的ではありませんね。

でも、ガッカリするのはまだ早いかもしれません。カテキンで免疫力が高まるなら、インフルエンザに感染するリスクは下げられそうですね。ある実験によると、カテキンを摂取するとインフルエンザの疾患率が下がっているとか。

というわけで、インフルエンザ対策なら、緑茶はうがいよりも飲む方が良いでしょう。毎日緑茶を飲めば、免疫力も高まりそうです。

ただし、飲み過ぎには要注意!

緑茶を飲み過ぎると胃痛になる?

まとめ

さて、今回は緑茶うがいが風邪の対策になる理由についてお話してきました。

ちょっとした工夫ですが、これで風邪を予防できるなら、お手軽で良いですね。今時、緑茶は色んなところで購入できますし、身近な飲み物です。

ちなみに、同じお茶でも、ウーロン茶は風邪の時はNG!詳しくはこちら。

咳がひどい時のウーロン茶はNG?