脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 緑茶を飲むと虫歯対策になる?!抗菌作用を期待できる成分は?

緑茶を飲むと虫歯対策になる?!抗菌作用を期待できる成分は?

calendar

reload

緑茶を飲むと虫歯対策になる?!抗菌作用を期待できる成分は?

緑茶は様々な健康効果をもたらしてくれることで知られていますが、虫歯の予防にも役立つことを知っていますか?

今回は、緑茶で虫歯対策ができる理由についてお話していきます!

虫歯ができる仕組みとは?

そもそも、虫歯ができるメカニズムを知っていますか?

何となくのイメージだと、「むし歯菌が歯に穴を開けている」みたいな感じですかね。

しかし、その認識は少し不正解。

むし歯菌は食べ物の糖分をエサに口の中で増殖しますね。そして、むし歯菌はネバネバした物質を生成します。

プラーク(歯垢)というものに聞き覚えはありませんか?これはネバネバした物質とむし歯菌が絡まってできるもの。歯にくっつくわけですね。そして、その状態でむし歯菌が酸を出すと、それによって歯のエナメル質が溶けていきます。つまり、虫歯は歯が溶けてできるものということ。

ちなみに、むし歯菌が酸を出すのは糖分と結びついた時。そのため、食後に歯を磨かずにいると、むし歯菌が増えて虫歯ができやすくなるわけですね。

まあ、唾液によって口の中は中性に近づいていくのですが、ゆっくり飲み食いしていると口の中が酸性の状態が長くなりますね。

「食事をすると酸によって歯が溶けてしまうなら、歯を磨いても虫歯になってしまうのでは?」

基本的にはそのような心配はありません。歯の表面が溶けても、溶けたエナメル質が修復されて、歯は元に戻ります。虫歯は修復が間に合わなかった状態ってことですね。

緑茶で虫歯を予防できる理由とは?

虫歯ができてしまうのは、むし歯菌が増えてたくさんの酸を口の中に作り出すからですね。ということは、むし歯菌を減らすことができれば、虫歯の予防になりそうですね。

そのために最適なのが歯磨きですね。口の中の糖分を取り除くことで、むし歯菌の増殖を防げるわけです。

・・・でも、いつでも歯を磨けるわけではないですよね。そんな時に、むし歯菌を減らす方法のひとつが緑茶を飲むこと。

ポイントは緑茶に含まれるカテキンです。もちろん、緑茶以外のお茶にも含まれてはいるので、他のお茶でも効果はあります。

緑茶は特にカテキンの含有量が多いのが特徴的。そして、カテキンの作用が殺菌・抗菌作用です。

カテキンはむし歯菌の増殖を抑え、プラークの生成も抑制してくれます。これが緑茶が虫歯予防に効果的な理由ですね。

特に効果を見込めるのが食後。というか、虫歯のリスクが高いのが食後ですからね。食後に糖分を含まない飲み物を飲むことは大切。

飲み物で口の中の食べカスを胃へ流し込むことで、むし歯菌のエサ自体も減らせますね。まあ、これは緑茶に限らず、他のお茶や水でもできることですが。

とりあえず言えることは、緑茶は虫歯の予防に役立つということですね。勘違いしてはいけないのが、緑茶に歯のエナメル質を修復する力は無いということ。そのため、虫歯ができてしまってから緑茶を飲んでも、虫歯は治りませんよ。

もしも虫歯が出来た時は、素直に歯医者にいきましょう。

ちなみに、カテキンの殺菌作用は虫歯以外にも効果があります。

緑茶で風邪対策ができる?!

まとめ

さて、今回は緑茶で虫歯を予防できる理由についてお話してきました。

食後に緑茶を飲む習慣をつけると、虫歯のリスクをかなり減らせそうですね。

緑茶の飲み過ぎは胃痛になるからNG?!