脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 食べ物・飲み物 » 「緑茶を飲むと貧血になる」説は本当?カテキンと鉄分の関係性

「緑茶を飲むと貧血になる」説は本当?カテキンと鉄分の関係性

calendar

reload

「緑茶を飲むと貧血になる」説は本当?カテキンと鉄分の関係性

緑茶といえば、カテキンという成分が含まれていますね。お茶の渋みの元になる成分です。

何となく、カテキンは健康に良さそうなイメージがありませんか?テレビなどの影響でしょうか。

でも、実際にカテキンには抗酸化作用や免疫アップといった色々な健康効果があるようです。

ところで、カテキンに関して、次のような話も聞きますね。

「カテキンを摂取すると貧血になる」というもの。実際のところ、これらに関連性はあるのでしょうか?もしも、この説が本当なら、緑茶の飲み過ぎには気をつけておきたいですよね。

というわけで今回は、「緑茶は貧血の原因になるのか?」についてお話していきます!

緑茶が貧血の原因になると言われている根拠とは?

かつては鉄剤と緑茶などのお茶類を一緒に飲むのは良くないと言われていたようです。

それは緑茶などに含まれるカテキン(タンニン)が鉄分と結合し、別の物質に変化してしまうことで、鉄の吸収を阻害すると考えられていたからです。

ところで、鉄剤に限らず、食事の中でも鉄分を摂取していますね。

カテキンの特徴として”金属と結合しやすい”こともあり、「せっかく鉄分をたくさん摂るように意識しても、緑茶を飲んだら意味が無くなるのでは?」と心配になります。貧血の人は特に気にするところでしょう。

というわけで、「緑茶を飲むと貧血になる」説の根拠はカテキンが鉄分の吸収を妨害してしまうこと

実際のところ、カテキンは貧血に影響はある?

どうやら、カテキンが鉄分の吸収に影響を与えることは確かなようです。

「じゃあ、お茶類は飲まない方が良いの?」と考えてしまいますが、どれほど貧血に影響してくるのでしょうか?もちろん、体質によっても変わってくるでしょうから、正確なことは何も言えません。

でも、最近の研究では、カテキンが体内の鉄分量を減らす明確な根拠は無いようです。そして、カテキンが鉄分の吸収を抑えるといっても、それほど吸収率に差は出ないとか。

基本的には緑茶を飲むかどうかよりも、普段の食事の中に鉄分が十分に含まれているかが大事になってくるようですよ。まあ、元々、鉄分量の少ない食事をしていたら貧血になってしまうのも、当たり前な気がしますよね笑

カテキンを摂取したからといって、「鉄分がほとんど吸収されなくなる」わけではありません。カテキンと結合するのはほんの一部だということを忘れずに。まあ、カテキンの量が多いほど結合する鉄分も増えるわけですが。

よほど緑茶を飲み過ぎない限りは影響も少ないでしょう。

緑茶を飲み過ぎると胃痛になる?

カテキン自体は色々な健康効果をもたらしてくれるので、わざわざ避ける必要はありません。貧血気味の人はカテキンを避けることよりも、鉄分の摂取量を増やすことを考えたが良いかもしれませんね。

緑茶で虫歯予防ができる?

 

緑茶で風邪を対策できる理由とは?

それでもカテキンが気になる場合は?

「多少は鉄分の吸収量に影響がある」という部分で、カテキンが気になる人もいるかもしれませんね。

それでもお茶を飲みたいという場合は、飲むタイミングお茶の種類を意識しましょう。

まず、飲むタイミングとしては食事の前後は鉄分吸収への影響が考えられますね。胃の中でカテキンと鉄分が結合する可能性がありますからね。逆にいうと、そのタイミング以外ならそれほど気にならないでしょう。

そして、カテキンの量が少ないお茶を選ぶと安心できるかもしれませんね。緑茶は特にカテキンの量が多いですから。カテキンが少なめの玄米茶などを飲むと良いでしょう。

ちなみに、お茶の淹れ方でもカテキンの量は変わってきます。お湯で淹れるとカテキンが多くなり、水出しにするとカテキンの量が減ります。

ちょっとした豆知識ですね。

まとめ

さて、今回は「緑茶で貧血になるのは本当か?」についてお話してきました。

緑茶が原因とは言えないですね。仮にカテキンを摂取したら鉄をほとんど吸収できなくなるとしたら、お茶は危険な飲み物になってしまいますから笑

カテキンよりも鉄分の摂取量を気にしましょう。

緑茶を飲むと痩せる?脂肪を燃やす成分とは?