脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 食べ物・飲み物 » 寝る前に緑茶を飲んでも大丈夫?淹れ方で睡眠の質が大きく変わる理由とは

寝る前に緑茶を飲んでも大丈夫?淹れ方で睡眠の質が大きく変わる理由とは

calendar

reload

寝る前に緑茶を飲んでも大丈夫?淹れ方で睡眠の質が大きく変わる理由とは

皆さんは寝る前に飲むものってありますか?ココアだったり、お茶だったり、コーヒーだったり、お酒だったり、人によって様々ですよね。

今回の話題はタイトルにもあるように、寝る前に緑茶を飲むこと。「緑茶はカフェインが含まれているから、寝る前に飲むと眠りの妨げになる」と言われることがありますね。

しかし、緑茶の淹れ方によっては、逆に睡眠の質を高める可能性もあるようです。

というわけで今回は、就寝前の緑茶睡眠の質への影響についてお話していきます!

就寝前の緑茶が良くないと言われる理由

冒頭でも触れたように、緑茶にはコーヒーなどと同様にカフェインが含まれています。

カフェインが眠気覚ましに効果的なのは有名な話ですね。カフェインには覚醒作用があるため、就寝前に摂取してしまうとすぐに目覚めてしまったり、浅い睡眠になってしまったり。上手く疲れや眠気が取り除けなくなるかもしれません。

「カフェインが睡眠に良くないことを知っていて、コーヒーには注意している」という人はたくさんいますが、緑茶にもカフェインが含まれていることに気づいていない人も少なくありません。意外な落とし穴ですね。

まあ、最近ではノンカフェインの緑茶も売られていることもありますが。

緑茶のテアニンは睡眠の質を向上させる?

緑茶はカフェインが含まれているため、就寝前に飲むのはNGとされています。しかし、一方で緑茶に含まれるテアニンという成分には、睡眠の質を高める効果が期待できるようです。

睡眠の質とは?

ところで、睡眠の質とはどのようなものでしょうか?

簡単にいうと、眠りの深さですね。深い眠りほど質が良いとされています。人間は寝ている間に細胞のダメージを修復したり、記憶を整理したり、老廃物を取り除くといった作業を行っています。

これらの作業を毎日行っているからこそ、生活が成り立っているわけですね。

睡眠が不足すると、寝ている間の作業が不完全な状態になってしまい、昼間に眠気を感じたり、頭がボーっとしてしまうことがあります。

そして、睡眠の質の高さは寝ている間の作業に要する時間と関連しています。

一般的に必要な睡眠時間は7~8時間程度と言われていますね。これは寝ている間の作業を十分に行うために必要な睡眠時間です。

ところで、ショートスリーパーロングスリーパーといった言葉を聞いたことはありますか?簡単に言うと、ショートスリーパーは短時間睡眠で生活が出来る人。ロングスリーパーは平均よりも長時間の睡眠が生活に必要な人を言います。

ショートスリーパーの睡眠の仕組みとは?

ロングスリーパーになってしまう原因とは?

人によって必要な睡眠時間には個人差がありますが、ポイントになるのが睡眠の質。睡眠の質が良い人ほど、短時間の睡眠でも生活を送ることができるようになります。

逆に睡眠の質が下がるとたくさん寝ても疲れが取れないといった状態になり、寝不足になりやすくなるでしょう。

というわけで、睡眠の質を高めることは生活においても重要なわけですね。

テアニンの作用

さて、本題に戻りましょう。緑茶はカフェインによって睡眠の質を下げると考えられていますが、テアニンという成分が良質な睡眠を作るサポートになるとも考えられています。

テアニンの作用は簡単に言うと、リラックス効果です。たとえば、ストレスを軽減するなど。

ストレスも睡眠の質に影響してきますからね。

ある研究によると、テアニンを摂取することで夜中に目が覚めることが減ったり、目覚めのリフレッシュ感も変わるとか。

ちなみに、テアニンはダイエットにもおすすめ。

緑茶を飲むと痩せる?鍵になる3つの成分とは?

テアニンを上手く摂り入れるための緑茶の淹れ方とは

テアニンが睡眠に良いことがわかりましたが、緑茶にはカフェインが含まれているという話でしたね。結局、カフェインの作用で睡眠の質が落ちてしまうのでは?

ここでポイントになるのが、緑茶の淹れ方。実は、淹れ方によって含まれる成分も変わってくるんです。

寝る前に緑茶を飲むなら、水出しがおすすめ。大切なのは温度ですね。

お湯で淹れた場合はカフェインが抽出されるのですが、水出しの場合はカフェインがほとんど抽出されないとか。

氷水で2~3時間ほどじっくり、ゆっくりと抽出すると、カフェインの少ない緑茶を作ることができますね。テアニンを摂取できるので、良質な睡眠をとることができるでしょう。

まとめ:カフェインの有無が重要

さて、今回は「寝る前の緑茶は良いことなのか?」ということをお話してきました。

ポイントはカフェインの有無ですね。カフェインが含まれているなら就寝前に飲むべきではありません。

水出しで緑茶を淹れて、テアニンを上手に摂取しましょう。

緑茶で風邪を予防できる?