脱力ライフの館

Home » 教育・勉強 » ガムを噛むだけで勉強の効果が飛躍的に高まる?脳が活性化する仕組みとは

ガムを噛むだけで勉強の効果が飛躍的に高まる?脳が活性化する仕組みとは

calendar

reload

ガムを噛むだけで勉強の効果が飛躍的に高まる?脳が活性化する仕組みとは

皆さんは勉強する時のこだわりってありますか?

たとえば、音楽を聴きながら勉強をしたり、運動後に勉強をするなど。

勉強をするには集中力を高める必要がありますね。集中できないと、勉強しても内容を全然覚えられませんし、効率が悪いです。集中力アップの方法は色々あるのですが、今回はその中のひとつ、「勉強中にガムを噛む」ことの効果についてお話していきます!

ガムを噛むと脳が活性化する?

ガムを噛むと、記憶を司ると言われる脳の海馬が活性化し、感情を司ると言われる扁桃体のストレス反応を抑えることができるようです。

記憶力アップが学習に良いのはわかりやすいですね。では、ストレスはどのように関係するでしょう?

ストレスが溜まった時ってイライラしますよね。そんな時に集中力を高めることって出来ますか?・・・難しいですね。

集中力を高めるにはリラックス状態になることが大切です。そのためには、ストレスを軽減するのが有効。

つまり、ストレスが減ってリラックス状態になり、集中力がアップし、勉強しやすい状態になれるということですね。

ガムを噛むとストレスを解消できる?その理由とは

集中力は勉強を長時間継続するにも、学習したことを上手く記憶するのにも関わってきます。

ガムを噛むだけで集中力と記憶力が上がるのはお手軽で良いですね。

でも、どうしてガムを噛んだら脳が活性化するのでしょうか?その仕組みは次の段落でお話します。

ガムで学習効果が上がる仕組み

ある実験で、ガムの学習効果を検証するものがありました。授業を行い、半分の生徒役の人にはガムを噛んでもらい、残りの半分の生徒役はガム無しで授業を受けるというもの。

結果、ガムを噛みながら授業を受けた人の方が集中力が高まり、理解度も高い傾向にあったようです。

なぜガムが学習効果に影響するのか。それには2つの要因が考えられます。

ガムを噛むと脳の血流が増加

ポイントになるのは噛む動作。ガムに限った話ではありませんが、噛むことで脳への血流が増加するようです。

食べ物を噛む動作で顔の筋肉が動き、その際に三叉(さんさ)神経という神経が刺激されます。これによって脳への血流が増加するとのこと。

実は、脳を働かせる時の血流はとても重要。思考中は普段よりも多くの血液を脳は必要とします。

というのも、考え事をする時に、働かせている箇所に血液や酸素を送る必要があるからです。

脳に限らず、活発に活動している場所には血液をたくさん送る必要がありますよね。食事の際は消化のために消化器官に血液が集中しますから。

同様に、脳を活発に働かせるにも血液を十分に送ることが大切です。

ガムを噛むことで、脳への血液供給をサポートできるので、脳をしっかりと働かせることができますね。

脳内の酸素量が増加

ガムを噛むことで、脳への酸素の供給量がアップすることが判明しているようです。実験によると、ガムを噛みながら勉強している人は心拍数が上がることが確認されたとか。血液と同様に、脳に酸素を送ることも大切ですね。

ところで、眠い時ってあくびが出ますよね。この時、頭もボーっとしていて勉強するには適さない状態でしょう。あくびが出るのは酸素が不足しているため。

つまり、酸素が脳に十分に供給されないと、脳も上手く働かないというわけですね。

逆に、脳に酸素を送ることができると脳が冴えてきます。集中力や記憶力が高まるので、勉強効果が高まると言えますね。

メジャーリーガーがガムを噛むのも似たような理由。事前に噛んでおくことで、打席に立った時に高い集中力を発揮できるからですね。

ガムを噛むと勉強中の疲労が軽減される?

これは心理的な話になりますが、ガムを噛みながら勉強すると、噛まない場合に比べて、疲労感が軽減されるようです。もちろん、個人差はあるでしょうが。

「噛む動作でストレスを軽減しているから」とも考えられますし、ガムの味や香りが影響しているとも考えられていますが、明確なことはわかっていないようですね。

数学の勉強中はガムを噛まない方が良い?

ガムを噛んで集中力が高まることは確かなようですが、計算力は落ちる可能性もあるとか。

もちろん、ガムを噛んでいる間だけの話ですが。

計算力といっても、今回は計算スピードのこと。ある実験によると、ガムを噛まない方が計算テストの成績は良くなったようです。

まあ、よくよく考えてみると、計算中に口の中にガムがあるって邪魔な気がしますよね。噛む動作をしている分、計算への意識が弱まるのかもしれません。

というわけで、ガムはスピードを要求される場合は噛まない方が良いかもしれませんね。入試の過去問など、時間を計って問題を解く場合は、ガム無しで挑みましょう。本番でもガムは噛めませんからね笑

ガムで賢くなるわけではない

「ガムを噛むと脳が活性化する」という話でしたが、ガムを噛むだけで頭が良くなるわけではありません

ガムによる脳の活性は短期的なもの。長期的に知能の向上に結びつくことは確認されていないようです。

あくまでも、ガムはサポート役ってことですね。勉強中の脳のパフォーマンスを高めるための手段だと思ってください。

勉強できる人は頭が良い?

ちなみに、脳が活性化するからといって、ガムをたくさん噛むのは避けた方が良いかもしれません。ガムに含まれる合成甘味料は下痢の原因になることもありますからね

ガムで下痢になってしまうのは、ある成分が原因だった?

まとめ

さて、今回はガムで勉強効果が高まる理由についてお話してきました。

勉強に限らず、仕事などでも活かせそうですよね。私も作業中にガムを噛むことはよくありますし、実際にこの記事を書いている間もガムを噛んでいます笑

「すぐに集中力が切れる・・・」と悩んでいる人は試してみましょう!

ガムを噛むと痩せる?ダイエットに良い理由とは

ガムへの依存は危険?現れる症状とは?