脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 食べ物・飲み物 » ガムへの依存は悪いこと?一日中噛み続けることによる身体への影響とは?

ガムへの依存は悪いこと?一日中噛み続けることによる身体への影響とは?

calendar

reload

ガムへの依存は悪いこと?一日中噛み続けることによる身体への影響とは?

皆さんは1日にどれくらいガムを噛んでいますか?人によって様々ですが、中には「この人ずっとガムを噛んでるな~」という人もいますよね。

口が寂しいなどでガムを噛んでいるのかもしれませんが、もしかしたら、それはガムに依存しているのかも?

というわけで今回は、ガム依存になってしまう原因や依存症の症状についてお話していきます!

ガム依存症とは?

依存症といえば、色々なものがありますよね。アルコール依存症ニコチン依存症。最近ではスマホ依存症というものも話題になりますね。「電車内にいる人のほとんどがスマホを使用している」という場面も珍しくないでしょう。

どの依存症でも共通するのが、「これが無いと落ち着かない!」という状態。

ガムへの依存も同様ですね。「口の中に何も無いと落ち着かない」、「味を感じないと落ち着かない」という感じ。

いつもガムを噛んでいるという人は、依存している可能性もありますね。一度、ガムを噛まない日を作ってみて、「ガムが無いとダメだ・・・」って思ったら依存症かも?

ガム依存症の原因とは?

「ガムを噛まないと落ち着かない」ということは、「ガムを噛んだら落ち着く」ということです。当たり前ですね笑

落ち着かないという感情は、ストレスや不安から生まれるもの。直面している精神的な負担を和らげるためにガムを噛んでいた過去があれば、「ガムを噛んだら気持ちが楽になる」と思うようになるかもしれませんね。

その後、自覚無しにガムに頼ることが増え、気がつけばガム無しじゃ落ち着かない状態になってしまうのでしょう。

「そもそもの原因は何?」と考えた時、やはりストレスや不安などでしょうね。ストレスを感じている事象があるなら、それを解決すべきですし、もしかしたら「ガムを噛まないこと」自体がストレスになっているのかもしれません。

そうなってしまった場合は、(ストレスを感じる)(ガムを噛む)(落ち着く)(段々イライラしてくる)(ガムを噛む)という無限ループに近いですね。

まあ、ストレス軽減の方法としてガムを噛むこと自体は悪くありません。ガムだけに頼るのが問題ですね。

ストレスをガムで解消?噛むことの大切さ

ガム依存症による症状は?

ガムは健康に悪い?

ところで、ガムに依存するのは悪いことなのでしょうか?アルコールやニコチンのように身体に有害の可能性はあるのか?

ガム自体にそこまでの影響はありません。ただ、食べ過ぎは健康面では良いとは言えないかもしれません。

人工甘味料の摂取

まず一つ目に、人工甘味料を摂取してしまうこと。少量なら人工甘味料を気にする必要はないのですが、やはり量が多くなるのは良いとは言えません。

まあ、最近では人工甘味料が使われていないというガムもありますし、このあたりは対策が出来そうですね。

顎関節への影響

ガムを噛む時、というか食べ物を噛む時、顎の筋肉が動きますね。そして、ガムを噛むと、顎の筋肉をたくさん動かすことになります。

これに関しては利点も欠点もあります。

適度な量なら顎の筋肉を鍛えて顔を引き締める小顔効果もありますからね。

ポイントは噛み方。ガムを噛む時、左右の歯をバランス良く使えていますか?どちらか一方に偏っていませんか?偏りがある場合が問題です。

片側の筋肉だけが極度に疲労して痛みを感じることもあります。これは顎関節症の症状と同様。

もちろん、左右均等に噛んでいたとしても、噛む量が多すぎれば顎関節への負担が大きくなりますし、強い力で噛むのも同様に筋肉を痛める原因になります。

ちなみに、小顔効果があると言いましたが、噛み方に偏りがあると、顔の左右で筋肉量が変わってきます。すると、顔が左右非対称になってしまうので、外見にも影響が出てきそうですね。

歯への影響

ガムを噛んでいると顎の筋肉が鍛えられていきます。これ自体は悪いことではないですが、歯ぎしりの力も強くなってしまいます。

歯ぎしりの癖がある人だと、どんどん歯の表面のエナメル質が擦り減っていき、知覚過敏になってしまうこともあるとか。

歯ぎしりをしなくても、噛む力が強すぎるとエナメル質は少しずつ擦り減っていきます

顎関節と同様、ガム力が強くなりすぎるのは良くありませんね。

また、左右の歯をバランス良く使わないと、歯並びにも影響が出てくるとか。

頭痛

顎の筋肉が極度に疲弊した時、頭痛の原因になってしまうこともあるようです。特にストレスが溜まっている時は頭痛になりやすいとか。

まあ、ガムを噛むと脳への血液供給量が増えるというメリットもありますから、ガムも程度の問題ってことですね。

ガムを噛むと集中力が高まる?

ガムを飲み込むのはNG?

ところで、ガムを吐き出さずに飲み込んでいる人はいますか?

飲み込むこと自体はそれほど悪いことではないですが、たくさん飲み込むのは悪影響かもしれません。

ガムを飲み込むと便秘や下痢の原因になる?

周囲への影響はある?

ニコチンやアルコールと違って、ガムへの依存で周囲に迷惑をかけるとは考えにくいですね。でも、噛む時にクチャクチャと音を出していたら周りの人は不快になるかもしれません

それと、ガムを噛むのがストレスを抑制につながっているなら、ガムが無い間はイライラしている状態とも言えますね。周囲に強く当たっているなら、悪影響があると言えるでしょう。

これらに関しては自覚しにくいので、気になる場合は周りの人に聞いてみた方が良いかもしれません。

ガムへの依存を無くすには?

最後に、ガムに頼るを止める方法について考えていきましょう。

そもそも、なぜ噛んでいるのか。ストレスに感じている出来事があるなら、それを解決することが改善につながるでしょう。

それが難しいなら、ガムに頼ることを意識的に止める必要がありますね。そもそも、手元にガムが無ければ噛むことはありません。ガムを噛みたいと思った時に、「いや、もう少し我慢しよう」という気持ちでいることが大切になってきますね。

また、ガム以外でストレスを軽減する手段を見つけられると良いでしょう。趣味を見つけるでも良いですし、たまにご褒美として自分に高級品を買ったり美味しいものを食べたり。もちろん、これらも適度に行うのが大切になってきますが。

ストレスを抑えられるのがガムだけなら、依存してしまうのも仕方ありません。でも、それ以外にも改善策はたくさんあるはずです。

ひとつのことに頼るから依存してしまうというわけですね。

まとめ:ガムを噛むのはほどほどに

さて、今回はガムへの依存の影響についてお話してきました。他の依存症に比べれば悪影響は少ないと言えますが、依存すること自体があまり良くないかもしれませんね。

ただし、最後に言っておきます。ガム自体は悪くありません。ガムを噛むと身体への利点も多いですからね。「何事も適度に」という意識が大切です。

ガムで得られる健康効果とは?