脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 食べ物・飲み物 » チーズを食べて便秘や下痢を改善!整腸作用をもたらす理由とは?

チーズを食べて便秘や下痢を改善!整腸作用をもたらす理由とは?

calendar

reload

チーズを食べて便秘や下痢を改善!整腸作用をもたらす理由とは?

普段、当たり前のように食べているチーズですが、体に良い作用をもたらしてくれることで注目されているのを知っていますか?

今回のテーマはチーズの腸への作用。たとえば、チーズを食べると便秘の改善につながると言われています。

というわけで、今回はチーズで得られる整腸作用についてお話していきます。

発酵食品は腸に良い?

チーズは発酵食品の一種ですが、発酵食品は基本的に腸に良い効果をもたらしてくれます。

発酵食品とは

まず、発酵食品について簡単にお話していきます。発酵食品とは、乳酸菌や麹菌などの微生物によって、食べ物に含まれるタンパク質や糖などの成分が分解された結果、元の食べ物が別の食べ物に変化したものを言います。

たとえば、納豆キムチなど。身近な食べ物が多いですね。

発酵食品は腸を整える

発酵食品による健康効果はいくつかありますが、そのひとつに「腸内環境を整える」というものがあります。

腸内環境は腸内の悪玉菌や善玉菌の数が影響し、悪玉菌が多いと便秘や下痢などの症状が起きたり、免疫力が低下するなど、もしくは様々な病気につながることもあります。

悪玉菌の作用は、炎症を起こしたり発がん性物質を生成したりタンパク質を分解して有害物質を生成しながらさらに増殖するなど。

逆に、善玉菌を増やすことができると腸内環境は改善され、体の不調や病気を予防することができます。

善玉菌は基本的に、消化吸収を助けたり病気への抵抗力を高める作用があります。

そして、発酵食品には乳酸菌などが多く含まれていますが、これらは善玉菌。

というわけで、発酵食品を積極的に摂取することで善玉菌を増やすことができ、腸内環境の改善にもつながるということですね。

チーズは乳酸菌が豊富

さて、ここからが本題ですが、チーズも発酵食品の一種。そして、チーズには乳酸菌がたくさん含まれています

乳酸菌の作用は、悪玉菌の増殖を抑制し、善玉菌を増やすこと。腸内の免疫力を高めることにつながりますね。

また、腸のぜん動運動を活発にしてくれるので、便秘などの症状も改善できます。

チーズは様々な料理に使用できるので、活用しやすいですよね。

ちなみに、チーズ以外にも納豆や漬物、ヨーグルトなどにも乳酸菌は含まれています。

ヨーグルトを食べると腸内環境が改善される?ダイエットにも良い理由

チーズを食べ過ぎると便秘や下痢になる?

チーズが腸内環境の改善に良いという話でしたが、チーズをたくさん食べすぎると、逆に腸内環境が悪化してしまうことがあります。

ポイントはチーズに含まれるタンパク質。一度にチーズを食べ過ぎると、タンパク質の消化が間に合わず、腸に運ばれて悪玉菌のエサになってしまいます

これによって悪玉菌が増加。

チーズの乳酸菌によって腸を改善できるはずが、逆に悪玉菌を増やす手助けになってしまう可能性もあるってことですね。

また、脂質が多いので、消化が間に合わなければ下痢の原因にもなります。「チーズを食べているのに症状が悪化した・・・」という人は、チーズを食べ過ぎていないか気にしてみましょう。

チーズを食べると太るって本当?実際は・・・

ちなみに、チーズを食べ過ぎたときの悪影響や、チーズの適量についてはこちらの記事で詳しく書いています。

チーズを食べ過ぎると起きる体への7つの悪影響とは?

まとめ

さて、今回はチーズで腸内環境を改善できる理由についてお話してきました。

まあ、チーズに限った作用ではありませんが、便秘を改善できる食べ物のひとつとして、チーズを覚えておくと良いかもしれませんね。

牛乳を飲むと便秘を改善できる?

チーズを食べると痩せる?ダイエットをサポートしてくれる理由とは?

また、以下の記事で便秘解消に効果的な食べ物や飲み物を紹介しています。気になる人はチェックしてみてください!

便秘解消に効果的な食べ物や飲み物まとめ