脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 食べ物・飲み物 » 牛乳を飲むと便秘を解消できる?腸内環境が整う理由とは?

牛乳を飲むと便秘を解消できる?腸内環境が整う理由とは?

calendar

reload

牛乳を飲むと便秘を解消できる?腸内環境が整う理由とは?

皆さん、牛乳は好きですか?学校によっては、給食で出されることもありましたね。

牛乳が体にもたらす作用は様々ですが、今回は牛乳による便秘解消についてお話していきます!

牛乳で便秘を改善できるのはなぜ?

さて、まずは牛乳が便秘に良い理由について確認していきましょう。

善玉菌を増やす

さっそく本題ですね。牛乳には多くの栄養素が含まれていますが、便秘に関わるのは炭水化物です。

牛乳には乳糖(ラクトース)という炭水化物が含まれています。この乳糖は腸内細菌のエサとなります。ちなみに、牛乳の炭水化物のほとんど全てが乳糖。

腸内細菌といえば、ビフィズス菌や乳酸菌などですね。このような善玉菌のエサになり、善玉菌の増殖を促します。

善玉菌の働きによって腸のぜん動運動が活発になるので、便が柔らかくなり、排出されやすくなるということですね。

逆に悪玉菌が増えると、腸の働きに影響が出て、便秘や下痢、消化吸収の妨げなど様々な問題が発生する可能性があります。便秘になりやすい人は腸内環境の改善を考えたほうが良いかもしれませんね。

善玉菌優位の環境にする

乳糖はただ善玉菌を増やすだけでなく、善玉菌が優位になりやすい腸内環境を作る手助けもしてくれます。

というのも、乳糖は腸内で変化し、乳酸や酢酸に変換されます。

これらの有機酸は大腸壁細胞の栄養源。腸内のphが酸性に近づき、善玉菌が増えやすい環境になりやすいとのこと。

ちなみに、オリゴ糖も合わせて摂り入れると、さらに腸内環境を改善できるとか。

腸の浸透圧を高める

浸透圧と聞くとわかりにくいですが、簡単に言うと、周りからたくさん水分を取り込むということです。

便も水分を含むことで柔らかくなり、スムーズに排便されやすくなります。

牛乳を朝に飲むと効果的?

便秘対策として、牛乳を飲むタイミングは朝が良いとされています。朝は空腹状態なので、腸への刺激も強くなるからでしょう。

もちろん、「朝じゃないと意味が無い」というわけはありません。他の時間帯でも効果はありますよ。

時間帯による栄養効果が大きく変わるわけでもないので、時間帯を意識するよりも、毎日飲み続けることの方が重要ですね。

ところで、牛乳と相性の良い飲み物としてコーヒーがありますね。コーヒーにも便秘改善に良い作用があります。気になる人はこちらをチェック!

【関連記事】コーヒーで便秘を解消できるって本当?

牛乳を飲むと下痢になる?

人によっては、牛乳を飲むとおなかが緩くなることもあるようですね。

どうやら、日本人の約10%の人は乳糖分解酵素の働きが弱い傾向にあるようです。乳糖が分解されずに腸に運ばれると、腸内でガスを生み出します。腸を圧迫したり、必要以上に腸内に水分が送り込まれることで、下痢につながってしまうこともあるとか。

そのような場合は、ホットミルクを飲んだりココアと混ぜるなどの工夫をすると改善されるようです。

または1回に飲む量を少なめにするなど。

まとめ

さて、今回は牛乳による便秘対策についてお話してきました。

大人になると、意外と牛乳を飲む習慣が無くなっている人も多いでしょう。便秘で悩んでいる人はとりあえず、牛乳を飲んでみると良いかもしれませんよ。

【関連記事】牛乳は冷凍保存で長持ちする?冷凍方法や解凍方法とは?

ちなみに、乳製品は腸に良い傾向にあります。たとえば、チーズも効果的。

【関連記事】チーズを食べると便秘や下痢が改善される?

また、以下の記事で便秘解消に効果的な食べ物や飲み物を紹介しています。気になる人はチェックしてみてください!

【関連記事】便秘解消に効果的な食べ物や飲み物まとめ