脱力ライフの館

Home » 副業・投資・ビジネス » ブログ » ブログに文章力は必要?そんなことを考える暇があるなら記事を書こう

ブログに文章力は必要?そんなことを考える暇があるなら記事を書こう

calendar

reload

ブログに文章力は必要?そんなことを考える暇があるなら記事を書こう

近年は副業をする人も増えて、ブログによる収入を狙う人も増えてきましたね。

おそらく、この記事を読んでいるあなたもブログ運営に興味があるのでしょう。

ブログ運営のメリットとデメリット

しかし、興味はあっても、実際にブログに挑戦する人はごく一部ブログに挑戦しない人はよく、次のようなことを言います。

「私は文章力が無いから・・・」

確かに、お金になる記事を書くなら、「上手な文章を書かなければいけないのでは?」というイメージもあるかもしれません。

そこで今回は、「ブログ運営は文章力が無いと出来ないのか?」という話題についてお話していきます!

文章力とは?

「私には文章力が無いから・・・」という人たち!文章力ってどんな力ですか?

それに回答できない人はまず、文章力の意味を簡単に知っておきましょう。

文章力とは、文章を書く力のこと。当たり前ですね。

そして、文章力が高いとは、文章を上手に書く能力があるということ。上手な文章といっても、要素は色々です。

たとえば、語彙力の高さ。わかりやすいのが小説ですね。文字だけで情景や感情を表現するには、たくさんの単語を知り、その表現の使い方を知り、どのような言い回しが適切かを考えて書く必要があるでしょう。

確かに、このような力を文章力というなら、ハードルは高く感じるかもしれません。しかし、文章力はもっとシンプルに考えて大丈夫です。

それは、正しい日本語で情報を伝えている文章誤字脱字が無い文章主語と述語の結びつきが適切な文章段落を作って、要点をわかりやすくした文章。

これらにも文章を書く能力が必要ですから、文章力によるものと言えそうですね。

ブログに文章力は必要?

さて、ここまで読んで、皆さんはブログに挑戦する気になりましたか?

まだ、「難しそう・・・」と思っている人もいるでしょう。

では、ブログにはどの程度の文章力が求められるのでしょうか?

メールが書ければブログも書ける

ブログには小説のような文章力は求められていません日本語の文章を書ければ良いのです。

「でも、わかりやすい文章なんて書けないよ・・・」という人。メールは書けますか?

メールが書けるなら、ブログだって書けます。なぜなら、情報を伝えるという目的は同じですからね。

メールで書いたことが相手に伝わっているなら、あなたには文章で情報を伝える能力があります。つまり、ブログに必要なだけの文章力はあるということ。

メールで言うところの「件名」は、ブログの「タイトル」や「見出し」になるでしょう。もちろん、文字数に違いはありますが、基本的に行うことは一緒です。

文章力が不要とは言えない?

もちろん、ブログでも、わかりやすい文章を書ける、語彙力の高い文章を書ける、といった能力は無いよりはある方が良いでしょう。

とはいえ、それは必須の条件でもありません。というか、次の段落でも触れますが、文章力は記事を書いていくうちに上達しますからね。初心者が気にする必要はありません。

ブログを書いていれば、文章力は上がっていく

何事も経験ですからね。続けていれば上達していきます。

ブログを始める人のほとんどは初心者

皆さんはブログを始めるのはどんな人たちだと思いますか?

出版社などで記事を執筆した経験のある人?学生時代に作文などで賞を取った人?

そのような人たちがブログを運営していることもあるでしょうが、ブログを始める人の多くは初心者です。僕も初心者の一人。

別に学生時代に国語の成績が良かったわけでもないですし、普段から文章を書く習慣があるわけでもありません。要するに、完全な素人です。

僕も文章力に自信を持ってブログを始めたわけではありませんし、そもそも、自分の文章力がどの程度なのかを知りません。

自分に文章力が無いと思っているあなた!本当に文章力が無いんですか?自分の文章力を推定できるような経験がありましたか?

多くの人は、文章を書いた経験が無いというだけで、ブログへの挑戦を断念します。それは非常にもったいないです。

ブログで稼いでいる人たちだって、最初は初心者ですからね。

文章力は記事を書くほど伸びる

ちなみに、初心者のうちは文章力が低くても大丈夫!

そもそも、能力は経験によって成長するものですからね。

たとえば、スポーツだって練習するほど技術が高まりますよね。

料理だって、毎日自炊していれば、簡単に感じるでしょう。

文章力も同じ。最初はみんな文章力は低いです。そして、数十記事、数百記事と書いていくと、かなり文章力が上達します。

ブログを書くにあたって意識すべきことは?

さて、ブログに対するイメージも少しずつ変わってきたのではないでしょうか?

ここからは、初心者がブログを書くにあたって意識しておいた方が良いことをお話していきます。

まあ、ネットで調べれば「文章力を高める方法〇選!」みたいな記事が出てきますが、いきなりたくさんのポイントを押さえるのは大変です。

そもそも、ブログの書き方は自由ですし、大切なのは楽しく書くこと。ポイントを全部押さえようとすると、疲れてしまいます。

とりあえず、次の点に気を付けて書くと良いでしょう。

誤字脱字に気を付ける

まずは、文章を書くにあたっての基本。誤字脱字に気を付けましょう。仕事の書類を作成する時にも大事ですよね。

とりあえず、記事を書いたら、その記事を読んでみましょう。とはいっても、流し読みで大丈夫です。

流し読みでも、誤字や脱字があれば違和感があるでしょうから。見つけたら修正するという感じで。

情報が正しく伝わるか

記事の目的は基本的に、情報を伝えること。書いた記事を読んで、変な日本語がなければ大丈夫です。

しかし、もしかしたら自分では判断がつかないかもしれませんね。

そんな時は、友人に読んでみてもらう、SNSで記事を紹介して反応を見るなどが良いでしょう。

段落分けをすると書きやすい

文章を書く経験が無いと、どうやってブログ記事を書けば良いか困る人もいるでしょう。そんな人は段落分けをすると書きやすいです。

段落は読者にとってわかりやすくする目的もありますが、書き手が言いたいことを整理するのにも有効です。

どうやって書いたらわからない人はまず、段落を作りましょう。最初のうちはメモの感覚で見出しを設定すれば良いです。

自分が書きたいことを大まかに箇条書きし、それを見出しにするのが良いですね。

段落ごとに書くことが決まっていれば、文章の流れも自然になりますよ。

完璧を求めない

初心者のうちは、「こんな低レベルな記事を公開して大丈夫かな・・・」と不安になるものですが、そんなことは気にする必要はありません。

そもそも、自分の文章が良い文章かなんて、考えてもわからないんですから。とりあえず公開しましょう。

実際、ブログを書いている人たちは、とりあえず公開して、後々、記事を修正します。これは検索順位や検索ワードなどのデータをもとに、閲覧されやすいように記事の一部を修正するため。

公開前から悩んでも仕方ないわけですね。

必ずしも新しい情報が必要なわけではない

何となく、「ブログには既出の情報を書いてはいけない」というイメージを持っている人もいるかもしれませんね。「新しい情報を書かないといけない!」みたいな感じ。

でも、必ずしもそんな必要はありません。実際、検索上位に出てきた記事をいくつか読んでみると、似たような情報が書いていることもよくあります。

ブログでは新規の情報よりも個性が必要。たとえば、ダイエットの記事を書くなら、既出の情報と合わせて、自分の経験を書くこともできますね。

他にも、社会問題についての記事を書くなら、自分の意見を書くこともできるでしょう。

ブログを日記のようなものと考えると書きやすいかもしれませんね。ただ、「今日は何をした」、「今日は何を食べた」みたいな内容だと他の人にとって何の価値もないので、他の人にちょっとでも役立つ情報を書くのが良いですね。

まとめ:とりあえず1記事書いてみよう!

さて、ここまで読んで、「意外と簡単そう!ブログに挑戦してみようかな!」と思った人も多いのではないでしょうか?

そこまで行ったら、あともう一息!

自分のサイトを作って、1記事目を書いて公開するだけです。

自分がブログで通用するかは、やってみないとわかりませんよ。




WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』

ブログ運営を始めるにはまずはレンタルサーバーから。おすすめは私も利用しているエックスサーバーです。wordpressのインストールや独自ドメインの取得もまとめて行えます。

ちなみに、私が1年ブログ運営をした結果を下の記事で紹介しています。

初心者がブログを1年続けるとどうなる?