脱力ライフの館

Home » 暮らし » 一人暮らし » こたつは一人暮らしに必要?意外と電気代が安く済むので、メリットは大きい?

こたつは一人暮らしに必要?意外と電気代が安く済むので、メリットは大きい?

calendar

reload

こたつは一人暮らしに必要?意外と電気代が安く済むので、メリットは大きい?

寒い季節がやってきましたね。日本では昔からコタツは馴染み深いものですが、必ずしも家にあるものでもありませんね。

「実家では使っていたけど、一人暮らしでは使用していない」という人も多いかもしれません。

実際、一人暮らしの生活にこたつは必要なものなのでしょうか?

そこで今回は、一人暮らしでこたつを使用するメリットやデメリットについてお話していきます!

こたつのデメリットは?

まずは、こたつを家に置いた場合に考えられるデメリットについて考えていきましょう。

といっても、それほど欠点も無いんですよね。思いつくことと言えば、次の2点。

・シーズンものだから、収納に困るのでは?

・こたつを置くだけで、部屋が狭く感じてしまうのでは?

ちょっと考えていきましょう。

シーズンものだから収納に困る?

基本的にこたつを使うのは冬ですね。だから、「夏場はこたつ一式をどこかにしまっておかないといけないのでは?」という発想が出てきます。

でも、基本的にはこたつ布団を収納できるスペースさえあれば、問題ありません。こたつ自体は布団を取ってしまえばテーブルとして夏場も使えますからね。

私もこたつを家で使用していますが、夏場はクローゼットにこたつ布団を入れています。意外と小さく収まるので、邪魔には感じませんね。

部屋が狭くなるのでは?

一人暮らしの部屋にこたつを置くと、部屋が一気に狭くなる気がしますよね。

まあ、見た目の印象の問題もあるのですが、サイズは普通のテーブルと大差は無いでしょう。

感覚的には、テーブルに布団がプラスされるようなものですからね。

最近のこたつはテーブルのサイズも様々で、正方形の小さめなテーブルもあります。部屋の広さに合わせたこたつを選ぶと良いでしょう。

ちなみに、見た目の話で言うなら、こたつ布団の色やこたつの天板の色は重要です。部屋を広く見せたいなら、ホワイト系の明るい色を選びましょう。大抵の部屋には合わせやすいと思いますよ。

ニオイが気になる?

こたつをずっと使っていると、「あれ?こたつ布団が臭い・・・」と感じることがあります。その原因は汗だとか食べかすなどの生活上で発生するニオイ。

こまめにニオイ対策をする必要があるかもしれません。

こたつのニオイの原因や対策は?

こたつのメリットは?

こたつの利点と言えば、どんなものが思いつきますか?まあ、暖かいことですよね。でも、それだけではありません。

電気代が安い?

こたつは電気代がかかるイメージがあるかもしれませんね。「普通に暖房を使用した方が結果的に安く済むのでは?」と思う人もいるでしょう。

まあ、その辺は使用する暖房の種類だとか、消費電力の問題もありますが、基本的にはこたつの方が安くなります。

なぜかというと、そもそも暖める範囲が全然違いますからね。部屋全体を暖めるのと、こたつの中を暖めるのでは、当然、消費電力も違うわけです。

洗濯物を乾かすとかなら、部屋全体を暖められるエアコンやストーブの方が良いかもしれませんが、自分が暖まるためなら、こたつで十分ですよね。

そして、こたつのメリットは保温性の高さ。ある程度こたつの中が温まれば、一旦は電源を切ってもOKです。こたつ布団の中に熱がこもるので冷えにくく、自分の体温による熱もありますから、保温性はポイントですね。

エアコンなどのようにつけっぱなしにする必要が無いので、稼働時間を比較しても、節約になるでしょう。

私の場合は日本の北の方に住んでいるのですが、こたつを使用してから、毎月の暖房費が2000~3000円安くなりました。10月から3月くらいまで使用するので、12000~15000円くらいの節約になりますね。

部屋の空気が乾燥しにくい

冬は部屋の湿度が結構低くなりますよね。それは、暖房によって室温を上げているから。

こたつを使用すれば、暖かさを感じつつ、湿度が高い状態を保てるので、肌にも優しいですね。

こたつの種類は色々

最近では、こたつの種類もたくさん増えているんですよね。テーブルの形は正方形のものもあれば、長方形や円形のものもあります。もちろん、寸法も様々。

こたつ布団のデザインも多種多様なので、自分の部屋の雰囲気に合わせた色を選べるのが良いですね。

そして、最近よくあるのが、リバーシブルのこたつ。どういうことかというと、たとえば、「天板の色が表と裏で違い、どちらの面を上にしても良い」みたいな感じ。同様に、こたつ布団も裏表でデザインが変わり、好きな面を上にできるといったもの。

リバーシブルだと、実質2種類のデザインを合わせ持っているようなものですよね。部屋の雰囲気を変えたいという時に、こたつに関しては裏表を変えるだけでOKみたいな。

こたつもある意味、インテリアの1つになるかもしれませんね。

こたつの購入を検討している方は、下記の2つのサイトで自分に合ったこたつを探してみると良いでしょう。




AKAYAオンラインショップ
↑のサイトのコンセプトは、「欲しい家具が必ず見つかる」。商品の数が業界でもトップクラスで、こたつはもちろん、様々な家具の販売を行っている、老舗家具屋です。




激安家具

こちらのサイトの特徴は安さ!

商品数500を超える生活インテリアや日用品の販売を行っています。送料も無料で、お金に余裕の無い大学生でも購入しやすいですね。

まとめ

さて、今回は一人暮らしでこたつを使用するメリットについてお話してきました。暖かさと電気代の安さに加え、部屋をおしゃれに見せてくれる。こたつを買っておいて損は無いと思いますよ。

大学生の一人暮らしのメリットとデメリット

こたつの中で寝ると危険?知っておきたいリスクとは?