脱力ライフの館

Home » 教育・勉強 » 読書 » 「暗い部屋で本を読むと目が悪くなる」説は本当?視力への影響とは

「暗い部屋で本を読むと目が悪くなる」説は本当?視力への影響とは

calendar

reload

「暗い部屋で本を読むと目が悪くなる」説は本当?視力への影響とは

「暗いところで読書や勉強をすると目が悪くなる」みたいなことを子供の頃に言われたことはありませんか?

まあ、他にもゲームやスマホも同様に、暗い場所で使っていると目に悪いイメージがある人も多いでしょう。

ところで、部屋の暗さと視力は本当に関連性があるのでしょうか?

暗さと視力の低下は無関係?

さて、さっそく結論になりますが、「暗い部屋での読書で視力が下がる」ことについて、医学的な根拠は無いと言われています。

視力低下の原因は距離?

視力低下の原因は部屋の明るさではなく、「近くの物を長時間見続けてしまうこと」

そもそも、人が物を見る際、毛様体という筋肉を伸縮させることで水晶体の厚さを調整しながらピントを合わせています。

ピントの調整は対象物との距離や対象物の大きさなどで変わってきますね。

これはカメラのレンズで近くの物にピントを合わせると遠くの物がぼやけるのと同じようなことです。人間の目も近くの物と遠くの物で、筋肉の伸縮を変えています。

つまり、近くの物を長時間見続けるということは、毛様体の伸縮の動きがなく、筋肉が固まってしまうということです。

筋肉が固まると伸縮の微調整が難しくなり、遠くの物にピントを合わせにくくなるなど、物が見えにくいという状態になります。

これが視力低下。

暗い部屋での読書で視力が下がるのはなぜ?

視力の低下に対象物との距離が関係していることを踏まえると、暗い部屋での読書が視力低下につながる可能性も見えてきますね。

暗いということは、それだけ物を見づらいということ。当然、物との距離が近くなりますよね。

手元で見る本は特に近距離ですから、視力が下がる原因になることもあるでしょう。同様に、暗い場所でスマホを操作することなども視力低下につながるかもしれません。

暗い場所での読書は控えめに

ここまでのことを踏まえて、どうしても寝る前に本を読みたいという場合は、なるべく本を目から離して、長時間にならないように気を付けましょう。

寝る前読書で睡眠の質が上がるって本当?

ちなみに、暗い部屋だと物が見えにくいですよね。それはつまり、焦点が合いにくいということ。

目は必死に焦点を合わせようとするので、その分、疲れやすくなります。視力を維持するには、目への負担をなるべく軽減することが大切ですね。

目の負担を減らすには適度な明るさが大切

暗い場所で物を見るのが目への負担になることがわかりましたね。

これは読書だけでなく、スマホやゲーム、勉強、テレビ、パソコンなど、様々な物に当てはまることです。

手元で作業をするには、適度な明るさが大切。というわけで、寝る前に軽く作業をしたいという場合は、間接照明リモコンで操作できる天井照明を用いると良いでしょう。

照明の購入を検討している方は以下のサイトをチェック!




1つ目が、ヤマギワオンラインストアというサイト。イタリア北欧製のブランド家具やインテリア小物などの販売を行っています。

嬉しいのが、ヤマギワオンラインストアの会員登録(無料)をすると、お得な価格での商品の購入やポイント付与などの会員制度があること。

間接照明やタスク照明も取り扱っているので、一度チェックしてみましょう!
デザイン家具・インテリア・照明なら【ヤマギワ オンラインストア】




2つ目が、エア・リゾームインテリアというサイト。こちらのサイトでは、北欧テイストをはじめとする2000点以上の家具やインテリア雑貨が販売されています。他では買えないオリジナル家具も多数!

定期的にセールが開催されており、リーズナブルな価格で商品を購入できるため、人気となっています。

各カテゴリーごとに売れ筋ランキングという形でおすすめ商品も掲載されているので、一度チェックしてみましょう!
家具・インテリア通販【エアリゾーム インテリア 本店】

まとめ:暗い場所での作業は視力低下になり得る

さて、今回は「暗い部屋での読書が視力低下につながる」説についてお話してきました。

正確に言うと、「暗いから視力が下がる」わけではなく、「暗い部屋だと目への負担が大きくなるため、視力が下がる可能性がある」ということですね。

目は一生ものですから、大切に扱いたいですね。

アントシアニンは本当に目に良い?