脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 食べ物・飲み物 » みかんはダイエットに有効?体脂肪を減らす食べ方とは?

みかんはダイエットに有効?体脂肪を減らす食べ方とは?

calendar

reload

みかんはダイエットに有効?体脂肪を減らす食べ方とは?

冬の定番とも言えるミカン!こたつの中で食べるという人も多いのではないでしょうか?

安くて美味しいのは魅力的ですよね。

ところで、冬はイベントも多くて太りやすい季節。体重が気になる人も多いでしょう。そんな皆さんに朗報です。

それは、ミカンがダイエットに有効だということ。

と言うわけで今回は、ミカンのダイエット効果についてお話していきます!

みかんダイエットとは?

さて、まずは「みかんダイエットとはどういうものか」ということについて、話していきましょう。

基本的な方法は、食前にミカンを1個食べるというもの。簡単ですよね。

ミカンは水分量が多く、満足感を得やすい食べ物です。それによって満腹中枢を刺激でき、食事量を減らせるというもの。

つまり、摂取カロリーを減らせるからダイエットに良いということですね。

「だったら、食事前に水を大量に飲んでも一緒でしょ?」と思った人もいるかもしれませんね。

ミカンをおすすめ理由は水分量だけでなく、ミカンに含まれる栄養素です。

詳しくは次の段落で。

ダイエットに有効なミカンの栄養素とは?

ダイエットで大切なのは摂取カロリーだけではありません。どんな栄養素をどれほど摂取するかで、痩せやすさが変わってきます。

カロリー制限をしても太る?痩せるためのカロリーの知識

当然、ダイエットに効果的な栄養素というのもあるわけですね。

ミカンにもいくつかダイエットに適した栄養素があります。

シネフリンで脂肪を分解

ミカンのような柑橘類の果物には、”シネフリン”という成分が含まれています。

身体への基本的な作用は免疫力を高めることなのですが、それに加えて脂肪燃焼の効果も期待できます。

この”シネフリン”と言う成分はダイエット系のサプリメントに使用されるほどにダイエット界では注目されています。

では、なぜシネフリンを摂取すると脂肪が燃焼されやすくなるのか。

体内には、体脂肪を分解する働きを持つ”リパーゼ”というホルモンがあります。シネフリンはリパーゼの働きを活性化させてくれるので、脂肪の燃焼率が高まり、体脂肪がどんどん分解されていくという仕組みですね。

ちなみに、シネフリンはミカンの果実だけでなく、その周りの外皮にも含まれています。捨てがちな皮も有効活用していきたいですね。

β-クリプトキサンチン基礎代謝をアップ

ミカンといえば、オレンジ色が特徴的ですね。β-クリプトキサンチンミカンに含まれる色素成分で、ミカンの色はこの成分によるものです。

β-クリプトキサンチンの作用は、活性酸素の除去。簡単に言うと、老化防止のイメージに近いですね。

人間は基本的に、歳を取るほど代謝が落ちていきます。つまり、太りやすい体質になっていくということ。

若い頃はスリムだったのに、年齢を重ねていくうちにお腹が出てきたという人もいますよね。

β-クリプトキサンチンを摂取することで老化防止につながり、間接的に代謝アップに貢献してくれます。

みかんは風邪対策に有効?その理由とは

食物繊維で便秘対策

ダイエットでは便秘改善も課題になってきますよね。

便秘を治すのに良いと言われているのが、食物繊維

ところで、皆さんは食物繊維は2種類に分けられることを知っていますか?

水溶性食物繊維不溶性食物繊維です。簡単に言うと、水に溶ける食物繊維かどうかという違いです。

そして、便秘改善にはどちらの食物繊維も重要になってきます。これを上手く摂取できる食べ物として、ミカンがあります。

水溶性食物繊維には便を柔らかくする作用があり、不溶性食物繊維には腸のぜんどう運動を活発化させる作用が期待できるわけです。

ちなみに、以下の記事で便秘解消に効果的な食べ物や飲み物を紹介しています。気になる人はチェックしてみてください!

便秘解消に効果的な食べ物や飲み物まとめ

ペクチンで脂肪の吸収を抑制

ペクチンは先ほど話した水溶性食物繊維の1つなのですが、便秘だけでなく脂肪の吸収を抑える効果も期待できます。

脂肪の吸収率の減少させ、余分なコレステロールを吸着する作用が期待できるのです。

つまり、太りにくい体質にできるということですね。せっかく痩せても、リバウンドしては意味がありませんから。

ちなみに、ペクチンはミカンの果実部分ではなく、内皮に含まれています

みかんの白い筋って何?食べるべきか食べないべきか?

みかんダイエットの注意点は?

さて、効果がわかったら、次はダイエット方法ですね。いくつかポイントがあるので、確認していきましょう。

みかんは1日3個まで

みかんは毎食、食前に1個、1日3個を目安に食べましょう。

それは、みかんがダイエットに良いといっても、食べ過ぎたら太ってしまうからです。

みかんのカロリーは1個あたり30~40kcal程度と低カロリーですが、甘さからもわかるように糖質は高め。それゆえに、食べ過ぎはNGというわけですね。

みかんは太ると言われる理由とは?

ちなみに、みかんダイエットでは置き換えダイエットは推奨されていません。いわゆる、1食を特定の食べ物だけで済ませる方法ですね。

みかんだけでは、身体に必要な栄養素を補いきれません。そのため、カロリーが気になっても食事はきちんと取りましょう。

おまけの情報として、ミカンを食べ過ぎると肌が黄色くなると言われています。健康上は問題無いようですが、ミカンの色素成分が体内から身体を黄色にしているというわけですね。

手足が黄色くなってきたら、ミカンを食べるのは一旦やめておきましょう。

缶詰のミカンはNG

みかんなら何でもよいというわけではありません。たとえば、缶詰のミカンはダイエットには適していませんね。

それは、甘いシロップに漬けていて高カロリーになっているから。また、皮が取り除かれており、ダイエットに必要な栄養素を十分に摂取できません。

簡単に言うと、ダイエットにおいては缶詰のミカンを選ぶメリットが無いということですね。

焼きみかんがダイエットには良い?

みかんダイエットをするにあたって、焼きみかんを食べるとさらにダイエット効果が高まると考えられています。

それは、皮の成分が果実に浸透するから。これで外皮に含まれるシネフリンも上手く摂取できますね。

焼きみかんの作り方は簡単で、みかんを皮がついたままオーブントースターで加熱し、焦げ目が出るまで焼くだけ。

熱くなっているので、皮を剥く時は注意しましょう。

まとめ

さて、今回はみかんダイエットについてお話してきました。

冬はミカンを食べる機会も多いですよね。でも、食前に食べているという人は少ないかもしれません。

食前に果物を食べると痩せやすいので、ぜひ試してみてください!

食前のフルーツで痩せる?ポイントは食べるタイミング!

みかんの栄養素に関して、ダイエット以外の効能について詳しくはこちら。

みかんに含まれる栄養素や効能まとめ

ちなみに、他の食べ物によるダイエットについてはこちらをチェック!

食事でダイエット!減量に効果的な食べ物や飲み物まとめ