脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 食べ物・飲み物 » みかんの白い筋って何?栄養素や役割とは?

みかんの白い筋って何?栄養素や役割とは?

calendar

reload

みかんの白い筋って何?栄養素や役割とは?

皆さんはミカンを食べている時に、果肉の周りについている白い筋のようなものを気にしますか?

好き嫌いが分かれるところで、気にせずに食べる人もいれば、嫌だと言う人は丁寧に白い筋を取っていますね。

この白い筋は一体何なのか?取るべきか取らないべきか?どうすれば上手く取れるのか?

今回は、このようなテーマでお話していきます!

みかんの白い筋って何?

まずは、そもそもミカンの白い筋は何なのかという話から。

白い筋の名前は?

正式名をアルベドを言います。何となく、ゲームのキャラクターに出てきそうな名前ですね笑

アルベドはミカン特有のものと思われがちですが、柑橘系の果物の内側にはアルベドがあります。

白い筋の役割は?

では、アルベドの役割とは何でしょうか?

アルベドは水分や栄養分の通り道。つまり、果実に養分を送るための管のような働きをしているわけですね。

アルベドが果肉全体にくっついていることからわかるように、果実が成長するにはアルベドからの養分補給が欠かせません。

みかんの白い筋に栄養はある?

さて、アルベドが栄養を運ぶ働きをしていることがわかりましたが、人間にとっては食べる意味はあるのでしょうか?

・・・実は栄養豊富!

栄養面で考えると、アルベドを食べないと損ですね。

ヘスペリジンで生活習慣病対策

アルベドにはヘスペリジンというポリフェノールの一種が含まれています。

ポリフェノールの作用といえば、コレステロール値を下げたり毛細血管を強化したり、血行改善、発がんの抑制などがありますね。

果肉にもヘスペリジンは多少含まれているのですが、アルベドには果肉の100倍近くのヘスペリジンが含まれています。

ちなみに、ヘスペリジンにはビタミンCの吸収を手助けする効果も期待できます。

つまり、ビタミンCを摂り入れたい場合、ヘスペリジンも摂取すると効率が良くなるということですね。

みかんは風邪対策に有効?その理由とは

ペクチンで腸内環境改善

ペクチンは水溶性食物繊維の一種。みかんの白い筋にたくさん含まれています。

食物繊維といえば、便秘改善に役立つ成分として有名ですね。もっと言うと、腸内に善玉菌を増やし、腸内環境の改善が期待できます。ダイエットでも腸内環境の改善は課題の1つですね。

薄皮とアルベドも一緒に食べるだけで、ペクチンの摂取量は約4倍!

なるべく食べておきたいですね。

みかんはダイエットに有効?脂肪を減らす食べ方とは

みかんの白い筋を取るには?

アルベドに栄養がたくさんあるとわかっても、「そんなことはいいから、白い筋は食べたくない!」という人もいるでしょう。

確かに、食感や味に影響してきますからね、アルベドの栄養も他のものから摂取すれば問題ありません。

というわけで、アルベドを取る方法について見ていきましょう!

お湯につけておく

まずは沸騰させたお湯を用意します。

あとは、みかんを皮ごとお湯の中に入れるだけ。1~5分程度漬けておけば良いでしょう。

そしたら、取り出して実際に剥いてみましょう。

「あんなに苦戦していたのに、お湯につけるだけで簡単に剥けてしまうとは!」

ただ、お湯につけておくとミカンが温まってしまうので、お湯につけた後、一旦冷やしてから食べると良いでしょう。

軽く揉んでから剥く

「わざわざお湯を沸かすのは面倒くさい!」という人は、軽くみかん全体を揉んでから皮を剥いてみましょう。

つぶれるほど強く揉む必要はありませんよ。

その後に皮を剥いてみると、果肉と筋のくっつきが緩まっているので、筋を剥がしやすくなっています

ヘタの方から剥く

もう一つ簡単な方法が、みかんをヘタの方から剥くという方法。

そもそも、白い筋はヘタから全体に行き渡っています。つまり、根本であるヘタの部分から剥いていくと、白い筋も取れやすくなるということです。

まあ、全体からキレイに取るのは難しいかもしれませんが・・・

まとめ:白い筋は食べた方が得!

さて、今回はミカンの白い筋についてお話してきました。

果肉から剥がしてしまいがちですが、栄養が豊富と知ると、捨てるのがもったいなくなってしまいますね笑

みかんの果肉に含まれる栄養素とは?

みかんは太ると言われる理由とは?