脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 食べ物・飲み物 » みかんを食べると太るって本当?太りにくい食べ方とは?

みかんを食べると太るって本当?太りにくい食べ方とは?

calendar

reload

みかんを食べると太るって本当?太りにくい食べ方とは?

みかんは果物の一種ですね。果物は何となく美容に良いイメージがあるかもしれません。また、一方でその甘さゆえに、「食べると太ってしまうのでは?」と考える人もいるでしょう。

実際のところ、みかんは太りやすい食べ物なのでしょうか?もしくはダイエットに適している可能性は?

と言うわけで今回は、”みかんは太る説”についてお話していきます!

みかんは太るって本当?

みかんは冬に食べる機会が多いですよね。イメージとしては、家族でこたつの中で食べるような感じでしょうか。

あっという間に1個を食べきってしまい、ついつい「もう1個食べよう」を繰り返し、気づいたらたくさん食べていた経験のある人もいるかもしれません。

美味しいとはいえ、太りやすい食べ物だとしたら、なかなか食べにくくなりますよね。

みかんのカロリーは?

みかんのカロリーは1個当たり、だいたい30~40kcalほどです。100gあたりで言うと、46kcalほど。実はこれ、他の果物と比べれば低カロリー。

たとえば、100gあたり、バナナは80kcalほど、ブドウは59kcalほどになります。

ちなみに、みかんのカロリーのほとんどは糖質によるもの。糖質制限をしている人なら気になる部分かもしれません。

みかんが太りやすいと言われる理由は?

さて、みかんは低カロリーですが、なぜ太ると考えられているのでしょうか?それにはいくつか理由があります。

満足感を得にくい

みかんはリンゴやバナナなどと比べても水分量が多いです。それゆえに、食べた時の満足感が少ない傾向にあります。つまり、たくさん食べてしまいがちということ。

1個あたりのカロリーは低いですが、たくさん食べてしまえば当然摂取カロリーも高くなります。

「みかんはカロリーが低いから大丈夫!」と油断していると、太る原因になるかもしれませんね。

糖質の過剰摂取で中性脂肪が増加する?

食材に含まれる栄養素を知っておくこともダイエットには大切ですね。

みかんのような果物の場合はビタミンや水分、ミネラルなどが豊富ですが、意識しておきたいのが糖質です。

それは、糖質を過剰摂取すると体脂肪の増加につながるからです。

詳しくはこちら。

血糖値が急上昇すると太りやすい?

果物は食べるタイミングで太りやすさが変わる

果物に含まれる糖は果糖というものです。この果糖を摂取するタイミングで、太りやすさが変わってきます。

それは、食前か食後かの違いです。基本的には、食前に食べるとダイエットに良く、食後に食べると太りやすい傾向にあります。

詳しくはこちら。

食前にフルーツを食べると痩せる?食べるタイミングの重要性

みかんの太らない食べ方とは?

では、みかんの太りにくい食べ方とはどのようなものでしょうか?

実は、みかんダイエットというものがあるのを知っていますか?方法は簡単。食前にみかんを1個食べるだけですね。

まあ、特に体重が気にならないという人は自由に食べて良いと思いますが、「ダイエット中だから制限しないと・・・」と思っている人は試してみてください。

詳しくはこちらでチェック!

みかんはダイエットに有効?体脂肪を減らすための食べ方とは?

まとめ

さて、今回は”みかんは太る説”についてお話してきました。基本的には低カロリーなので気にする必要はありませんが、たくさん食べているという人は少し気にした方が良いかもしれません。

とはいえ、みかんにも良さはあるので、そちらについてもチェックしておきましょう!

知っておきたいみかんの栄養と効果・効能まとめ

みかんは風邪対策に有効?その理由とは

ところで、みかんの白い筋。食べずに取っている人も多いでしょう。あれは一体何なのでしょうか?

みかんの白い筋って何?栄養素やきれいに取る方法