脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » ルテインが目の健康維持に良いのはなぜ?得られる2つの効果

ルテインが目の健康維持に良いのはなぜ?得られる2つの効果

calendar

reload

ルテインが目の健康維持に良いのはなぜ?得られる2つの効果

スマホやパソコンの使用時間が増えるに伴って、目に負担も増えていますね。最近では、目を守るための成分というのも注目されるようになってきました。

中でも、ルテインという物質は目の健康維持に良いとされています。しかし、実際にどのような点で目の健康に役立っているのかわからないという人も多いでしょう。

というわけで今回は、ルテインに期待できる効果についてお話していきます!

ちなみに、「そもそもルテインって何?」という人は先に以下の記事をチェック!

ルテインとは?何から摂取できる?

ルテインの効果①:有害光線の吸収

さっそく本題に行きましょう。ルテインに期待できる目への効果は2種類!

まずは1つ目の”有害光線の吸収”から見ていきましょう。

日常生活で目にする光にも種類があり、目に無害な光と有害な光があります。

ブルーライト

有害光線の例としてわかりやすいのは、スマホやパソコンなどの液晶画面から発せられるブルーライト

どのように目に害があるのか?それは、眼疾患のリスクを高めてしまうことです。

ブルーライトの光は網膜まで届き、目の老化や病気の原因になると考えられています。

ちなみに、ブルーライトは太陽光にも含まれていますね。とはいえ、太陽を極端に避ける必要はありません。ブルーライトは体内時計の調整に役立つ光なので、身体の健康を考えると浴びておいた方が良いかもしれませんね。

紫外線

ブルーライト以外にも有害光線はあります。それは紫外線。紫外線も目の老化や眼疾患のリスクを高めると考えられていますね。

特に強い紫外線を浴びた場合は、網膜の細胞が傷ついてしまうこともあります。

HEV

他には、あまり聞き慣れないものですが、HEVも有害光線です。HEVは紫色の光。最近の研究では、HEVは最も眼疾患に影響を与える光と考えられています。

それは、HEVが網膜の中の黄斑(おうはん)という部分に影響を与えるからです。黄斑は網膜の中でも光を集める場所ですから、言い換えればモノを見るために特に重要な場所が悪影響を受けるということですね。

ルテインで有害光線を対策できる?

上記のような有害光線の影響で目が老化したり病気になる可能性があるわけですが、ルテインを摂取するとこれらの光に対応できるようになります。

それは、目の中に存在するルテインが有害光線を吸収して、目を守ってくれるから。

そのため、普段からルテインを摂取していれば、目にも十分にルテインが存在し、目の健康を保ちやすくなるということですね。

ちなみに、ルテインは体内では生成できないので要注意。食べ物やサプリメントから摂り入れる必要があるので、目に不安のある人は普段の食事を見直してみましょう。

ルテインの効果②:抗酸化作用

ルテインに期待できる効果。2つ目は抗酸化作用です。抗酸化作用とは、細胞の傷を予防したり、損傷を抑制するような作用です。簡単に言うと、老化対策ですね。

目は有害光線を浴びると「酸化ストレス」というものを生じてしまいます。ここでルテインの抗酸化作用が役立ち、網膜への負担を緩和できるのです。

ちなみに、ルテインは目を守る働きをするほど消費されます。つまり、長時間有害光線を浴びる人ほどルテインの消費量が多く、不足しがち。

対策としては、サプリメントで安定的にルテインを摂取したり、有害光線をカットする眼鏡をかけるなどの方法が良いですね。

私が使用しているサプリメントを以下に載せておくので、気になる人はチェックしてみてください。

まとめ

さて、今回はルテインの効果についてお話してきました。

ルテインは加齢に伴って減少する傾向があるので、日頃から摂取してルテインを維持するように意識しておきましょう。