脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » ダイエット » 納豆ダイエットは痩せる?!得られる5つの効果や方法とは?

納豆ダイエットは痩せる?!得られる5つの効果や方法とは?

calendar

reload

納豆ダイエットは痩せる?!得られる5つの効果や方法とは?

納豆は健康に良いイメージが強いですよね。さらに、最近ではダイエットにも有効であることがわかってきました。

納豆ダイエットというものですね。でも、納豆がどのようにダイエットに関連するのでしょうか?

というわけで今回は、納豆ダイエットの効果や方法についてお話していきます!

納豆のダイエット効果とは?

さて、さっそく本題にいきましょう。納豆を食べると、次のような効果が期待できます。

代謝アップ

納豆は代謝を上げる、つまり、消費カロリーを増やすのに有効な食べ物です。ダイエットでは摂取カロリーを減らすだけではなく、消費カロリーを高めることも大切ですからね。

では、なぜ納豆で代謝が上がるのか?まず、納豆にはビタミンB1とビタミンB2がたくさん含まれています。ビタミンB1には糖質を燃焼させる効果、ビタミンB2には脂肪を分解する効果が期待できます。これによって、体脂肪をエネルギーに変換していき、ダイエットにつながるということですね。

他にも、納豆のネバネバ成分である”ナットウキナーゼ”には血流を良くする働きがあるとされています。

血行促進も代謝アップにつながので、痩せやすい体作りになるでしょう。

便秘改善

便秘になると下腹部が膨らみますから、便秘を改善できるだけでも外見に変化が出ますね。

納豆には食物繊維が豊富なので、腸内環境の改善につながります。

ちなみに、便秘改善のメリットは腸内に溜まった便が無くなるだけではありません。腸の動きが良くなるので、腸の消費エネルギーが増えていきます。すると、お腹周りの脂肪も少しずつ減っていくことでしょう。

納豆で便秘改善できる理由とは?

ちなみに、便秘解消のために納豆と組み合わせると良いのが、キムチ。キムチも発酵食品なので、乳酸菌が豊富です。

納豆と一緒に食べると、便秘解消効果がさらに高まりますよ。詳しくはこちらをチェック!

キムチダイエットで痩せるって本当?

腹持ちの良さ

ダイエットで苦労するのが、空腹を感じること。食べないとストレスが溜まるし、食べたらリバウンドしそうだし・・・

そんな時に食べておきたいのが、腹持ちの良い食べ物。では、どんなものが腹持ちが良いのか?

タンパク質は消化に時間のかかる成分です。そのため、タンパク質を多く含む食べ物は腹持ちが良い傾向にあります。

納豆も植物性タンパク質が豊富なため、同様の効果を得られます。

摂取カロリーをコントロールするなら、余計な間食は無くしておきたいですよね。

食事制限が苦手な人におすすめですよ。

鶏皮を食べると痩せる?高カロリーなのにダイエットにおすすめな理由

体脂肪が増えにくくなる

納豆の良いところは、体脂肪をエネルギーに変換しやすくしてくれるだけでなく、体脂肪が増えにくい体質にしてくれること。

ここでポイントになるのが、納豆に含まれる”大豆イソフラボン”と言う成分。この成分には、コレステロール値を下げる作用があります。これによって余計に体脂肪が増えるのを抑えてくれるわけですね。

ちなみに、大豆イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをしてくれるので、肌質の改善やシミ・シワ対策にも有効だとか。

満腹感を得やすい

納豆には食物繊維がとても豊富で、それゆえに満腹感を得やすい食べ物です。

満腹感を得やすいということは、食事量が減って摂取カロリーを減らせるということ。

食べ過ぎ防止に有効ですね。

納豆ダイエットの方法とは?

さて、効果を確認したら、次は方法ですね。納豆を食べるタイミングや量について確認しておきましょう。

納豆を食べるタイミングは?

納豆を食べるタイミングは食事前、または食事の最初です。目的は満腹感を早い段階で得るため。

食事中ではダメなのか?

絶対にダメというわけではありませんが、食事量をコントロールするなら、あまり良くありませんね。

また、食後に納豆を食べるのもNG!これだと、通常の食事プラス納豆の摂取カロリーになってしまうので、ダイエット効果を得にくくなります。

「納豆を食べると太る」と言われる理由

食べる量は?

いくら健康に良いとは言っても、納豆は1パック当たり80~100kcalほど。食べ過ぎると摂取カロリーが高くなるでしょう。

たくさん食べればダイエット効果が倍増するというわけでもありませんから、食べる量は意識しておきたいところ。

目安としては、1食あたり1パックですね。

納豆を食べるだけで痩せるわけではない

納豆ダイエットでは、摂取カロリーの制限と消費カロリーの増加を目指せます。

とはいえ、普段の食事の量を変えずに納豆を食べれば摂取カロリーは増えるだけです。また、納豆を食べても全く運動しなければ、消費カロリーもそれほど増えないでしょう。

一番良いのは、やはり食事制限をしつつ運動をするという方法。納豆はそのためのサポートとなる食べ物というだけです。

ラジオ体操にダイエット効果?究極の運動と言われる理由

まとめ

さて、今回は納豆ダイエットの効果や方法についてお話してきました。

食事前に納豆を食べるだけで体質を改善できるというのが、簡単に実行できて嬉しいですね。

ただし、2,3日程度では効果は実感しにくいでしょう。食べ物によるダイエットは継続することが大切です。

納豆は冷凍保存できる?

ちなみに、他の食べ物によるダイエットについてはこちらをチェック!

食事でダイエット!痩せるために効果的な食べ物や飲み物とは?