脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 食べ物・飲み物 » 納豆は冷凍保存できる?!適切な保存や解凍方法とは

納豆は冷凍保存できる?!適切な保存や解凍方法とは

calendar

reload

納豆は冷凍保存できる?!適切な保存や解凍方法とは

皆さんは納豆の賞味期限が切れて、捨てた経験はありますか?

「さすがに、もう食べられないか・・・」、「でも、発酵しているから食べられるかも・・・」

このように悩む人もいるでしょう。もし、納豆を冷凍保存できるなら、どれくらい保存期間は伸ばせるのでしょうか?

また、冷凍しても品質に問題は無いのでしょうか?

というわけで、今回は納豆の冷凍方法や解凍方法についてお話していきます!

納豆は冷凍しても良いの?

さて、さっそく本題に行きましょう。納豆は冷凍しても品質は落ちないのでしょうか?また、保存期間はどれくらい伸びるでしょうか?

冷蔵保存だと長持ちしない?

納豆とは、元々は納豆菌の繁殖によって発酵させて作られていますね。

基本的には、適切な保存方法であれば腐敗しないとされていますが、冷蔵保存の場合は1週間ほどが賞味期間になるでしょう。

そもそも、賞味期限とは?

賞味期間を過ぎると、次のような変化が現れます。

・アンモニア臭がきつくなる

・ネバネバ感が弱くなる

・食感が損なわれる

・乾燥する

・苦味が強くなる

健康被害があるとまでは言えませんが、時間が経つほど品質はどんどん落ちていくと言えますね。さらに悪化していくと、カビ菌が増殖する可能性もあるので、長期的に置いておくことは避けた方が良いでしょう。

冷凍保存するとどうなる?

納豆がたくさん手に入ったり、旅行などのタイミングで納豆を消費できないこともありますよね。そんな時は長期保存したくなります。

そこで有効なのが、冷凍保存

納豆菌は冷凍保存しても死滅せず、休眠状態になって生き延びるので、解凍したらまた復活します。

このように、冷凍時は納豆の品質の変化がかなり少なくなるので、長期保存が可能になるということです。

目安としては、3か月~半年程度は保存可能とされていますね。

納豆を冷凍保存するには?

さて、納豆は保存できるとわかったところで、次は保存方法について確認していきましょう。

用意するのはラップジップ付きフリーザーバッグの2つ。

この2つを使用することからもわかるように、冷凍保存のポイントは納豆を密閉状態にすること

ちなみに、保存方法は2種類あります。

1つ目は、納豆をパックごとラップで包み、さらにジップ付きフリーザーバッグで密閉する方法。もちろん、空気は抜いてください。

2つ目が、納豆をパックから取り出して納豆だけをラップでつつみ、さらにジップ付きフリーザーバッグを使用する方法。

どちらの方法でも良いのですが、保存時にパックがある分スペースを大きく使ってしまうので、2つ目の方がかさばらないでしょう。

納豆を解凍するには?

最後に、納豆の解凍方法について確認しておきましょう。

凍った納豆はカチカチに固まっているので、そのまま食べるのは難しいですね。そのため、解凍する必要があります。

基本的には、冷蔵庫の中で徐々に解凍していくのが良いでしょう。

常温だと、時間が経ち過ぎた場合に品質に支障が出る可能性がありますからね。特に夏は高温ですから、要注意。

また、室温は季節によって変わってしまうので、ベストな解凍時間も変わってきます。

そのため、温度が一定な冷蔵庫の方が良いわけです。目安としては、6~8時間ほど置いておくと解凍できているでしょう。

ちなみに、電子レンジによる解凍はNG!それは、電子レンジだと納豆菌が死滅してしまうからですね。解凍自体はできますが、食感や風味が変わってしまい、美味しく食べられない可能性があります。

まとめ

さて、今回は納豆の冷凍保存についてお話してきました。

方法さえ間違えなければ、冷凍しても美味しく食べることは可能です。

賞味期限の近い納豆があれば、冷凍しておいた方が良いかもしれませんね。

納豆を食べると痩せる?納豆ダイエットの効果や方法とは

「納豆を食べると太る説」は本当?太る食べ方とは

納豆は便秘改善に有効?