脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 食べ物・飲み物 » 納豆は便秘解消に最適?!適切な食べ方とは?

納豆は便秘解消に最適?!適切な食べ方とは?

calendar

reload

納豆は便秘解消に最適?!適切な食べ方とは?

納豆は健康的なイメージが強い食べ物ですね。そんな納豆ですが、実は便秘解消にも有効とのこと。

というわけで今回は、納豆で便秘を改善できる理由についてお話していきます!

納豆が便秘解消に良い理由

さて、さっそく本題に行きましょう。納豆はなぜ便秘改善に良いのでしょうか?

食物繊維が豊富

便秘対策として有名なのが、食物繊維を摂取することですよね。これによって腸内環境が改善されると言われています。納豆にも食物繊維が豊富なので、便秘に有効ということですね。

ところで、食物繊維には2種類あるのは知っていますか?それは、水溶性食物繊維不溶性食物繊維です。それぞれ、腸内での働きに違いがあるので、確認していきましょう。

水溶性食物繊維は主に海藻類やこんにゃくなどに多く含まれています。水溶性ということで、字からもわかるように水に溶ける性質がありますね。

腸内で便に混ざった水溶性食物繊維が水に溶けることによって便に水分が含まれ、便が柔らかくなります。これによって腸内の便が移動しやすくなり、便秘改善が期待できるということですね。

次に、不溶性食物繊維は野菜や果物に多く含まれています。こちらの食物繊維の腸への作用としては、腸を刺激して動きを活発にすることが挙げられます。

腸のぜん動運動を促進することによって便が移動し、排便を促してくれるという仕組みですね。

この2種類の食物繊維を摂取することによって、腸内環境が改善されます。そして、納豆にはどちらの食物繊維も豊富に含まれているのです。つまり、納豆を食べるだけで必要な食物繊維を得られるということ。

ちなみに、腸を刺激するなら炭酸水も有効!詳しくはこちら。

炭酸水で便秘が改善される?

納豆菌が豊富

納豆は発酵食品ですね。それには納豆菌というものが関わっています。もちろん、納豆に含まれていますね。

そして、納豆菌は腸内環境の改善にも役立ちます。納豆菌が生きたまま腸まで届くと、ビフィズス菌などの善玉菌の働きをサポートしてくれるのです。

腸内には悪玉菌と善玉菌が存在しますが、善玉菌が多いほど腸内環境が改善され、腸の働きが良くなります。結果的に、便秘になりにくい状態になるということですね。

毎日1パック食べよう

一度納豆を食べただけでは、腸内環境は上手く改善されません。大切なのは、継続して食べること。

目安としては、毎日最低1パックは食べておきたいですね。とはいえ、食べ過ぎには注意。食物繊維も摂取しすぎると、下痢になったり、便秘が悪化してしまうことがあります。

納豆と一緒に食べるとさらに効果的な食べ物

納豆だけを食べるのでも良いのですが、一緒に食べるとさらに腸内環境改善に良い食べ物があります。確認していきましょう。

まず、納豆100gあたり、含まれる食物繊維は水溶性が2.3g、不溶性が4.4gほどです。やや、水溶性食物繊維の方が少なめですね。

そのため、海藻類などで水溶性食物繊維を摂取すると、バランス良く2種類の食物繊維が得られるので、さらに腸内環境の改善が見込めます。

他には、善玉菌である乳酸菌を多く含む食べ物を食べることで腸内の善玉菌を増やし、便秘対策をすることもできます。

乳酸菌と言えば、ヨーグルトやチーズ、キムチなどに含まれていますね。納豆と一緒に食べる必要はないですが、これらも毎日摂取すると良いでしょう。

チーズを食べて便秘を改善!整腸作用をもたらす理由とは?

ヨーグルトで腸内環境が改善される?ダイエットにもおすすな理由

まとめ

さて、今回は納豆で便秘解消できる理由についてお話してきました。食物繊維と言えば、野菜に含まれるイメージが強いですね。野菜嫌いな人は不足しがちな栄養素だったかもしれません。

しかし、野菜嫌いでも納豆は食べられるという人もいるでしょう。

日本を代表するスーパーフードである納豆、毎日でも食べておきたいですね。

納豆ダイエットは痩せる?得られる5つの効果

「納豆を食べると太る」説は本当?太らない食べ方とは

納豆は冷凍保存できる?適切な保存や解凍方法とは

また、以下の記事で便秘解消に効果的な食べ物や飲み物を紹介しています。気になる人はチェックしてみてください!

便秘解消に効果的な食べ物や飲み物まとめ