脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 青魚から摂取できるDHAとEPAの違いとは?

青魚から摂取できるDHAとEPAの違いとは?

calendar

reload

青魚から摂取できるDHAとEPAの違いとは?

青魚に含まれる栄養素として有名なのが、DHAEPAですね。しかし、「DHAって何?」、「EPAって何?」と聞かれると、答えられない人も多いでしょう。

というわけで今回は、”DHAやEPAとは何か?””違いは何か?”についてお話していきます!

DHA・EPAとは?

まずは、DHA・EPAがどんなものかについて確認していきましょう。

DHAは”ドコサヘキサエン酸”、EPAは”エイコサペンタエン酸”のことを言います。まあ、この名前については覚えなくても良いですが笑

どちらも、必須脂肪酸に含まれます。必須脂肪酸というのは、体内では生成できず、食べ物から摂取しないと不足してしまう脂肪酸のことを言います。

DHAやEPAは脳に良いことや、生活習慣病の予防になることなどで知られており、健康を意識している人は摂取していることも多いですね。

DHAとEPAの違いとは?

次に、DHAとEPAの特徴について見ていきましょう。

DHAの特徴

DHAは脳内で機能する数少ない成分の1つです。脳や網膜の脂質部分がDHAで構成されており、思考力や記憶力などの脳の力を引き出す働きがあります。

「魚を食べると頭が良くなる」と言われることもありますが、それはDHAによって脳の働きが良くからと言えるかもしれません。

勉強を頑張る学生、仕事で活躍したい社会人など、脳をフル活用したい人は摂取しておきたいですね。

そもそも、DHAが注目された理由が、和食は魚を食べる文化であることと、日本人の子供の知能指数が高い傾向にあったからだとか。

ただ、最近は魚をあまり食べないという人も増えてきていますから、DHAが不足しがちかもしれませんね。

EPAの特徴とは?

EPAもDHAと同様に脳の機能を維持させる働きがあります。ただし、EPAは脳内にはほとんど含まれていません。

EPAの作用は血液をサラサラにしてくれたり、中性脂肪を減らしたりというもの。

血液の循環は脳にも大切ですから、EPAも脳の働きに良い効果をもたらすと言えますね。

一番良いのは、DHAとEPAの両方を同時に摂取すること。相乗効果が期待できますからね。

DHAやEPAによって得られる効果について、詳しくはこちら。

DHA・EPAから得られる3つの健康効果とは?

まとめ

さて、今回はDHAやEPAの違いについてお話してきました。どちらも必須脂肪酸という点では同じですが、身体への作用に少し違いがあるようですね。できれば、セットで摂取しておきたいところ。

まあ、どちらも青魚から摂取できますから、魚を食べる習慣が身に付けば問題無さそうですね。