脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 食べ物・飲み物 » コーヒーで便秘を解消できるって本当?失敗しないための飲み方とは?

コーヒーで便秘を解消できるって本当?失敗しないための飲み方とは?

calendar

reload

コーヒーで便秘を解消できるって本当?失敗しないための飲み方とは?

コーヒー便秘の解消に良いという説がありますね。しかし、逆に便秘を悪化させてしまうという説もあります。

では、実際のところはどうなのか?結論から言うと、どちらも起こり得ることです。ポイントはコーヒーの飲み方。

というわけで今回は、コーヒーで便秘を解消するための飲み方についてお話していきます!

コーヒーで便秘が解消される理由とは?

さて、まずはコーヒーで便秘が解消されると言われる理由について見ていきましょう。注目すべきはコーヒーに含まれる成分です。

カフェインの作用

コーヒーといえば、カフェインが含まれる飲み物として有名ですね。眠気覚ましに飲むという人も多いでしょう。そんなカフェインが、便秘解消にも役立ちます。

実は、カフェインには胃液の分泌を促す作用があるとされています。簡単に言うと、消化活動を促進するということですね。これによって大腸も刺激されて、動きが活発になります。

そもそも、便秘は腸の働きが悪くて腸内で便が移動せず、便が上手く排出できずに起きる状態。それを改善するには、腸の動きを活性化させる必要があるということですね。

オリゴ糖の作用

オリゴ糖はコーヒーに含まれる甘味料ですね。このオリゴ糖も便秘対策に良いと考えられています。それは、オリゴ糖が善玉菌のエサになるから。

腸内には善玉菌や悪玉菌といった菌類が存在していますが、善玉菌が多い腸ほど良い状態と言えます。簡単に言うと、善玉菌が多いほど腸の働きが良くなるので、便秘の改善にもつながるという話です。

ミルクを入れると良い?

コーヒー本来の成分ではありませんが、コーヒーに混ぜるものとして牛乳がありますね。

カフェオレやカフェラテにも含まれていますし、コーヒー牛乳でも良いでしょう。

牛乳にも善玉菌を作用があるので、コーヒーと一緒に飲むと相乗効果を期待できますね。

牛乳による便秘対策について、詳しくはこちら。

牛乳で便秘を予防できるって本当?腸内環境が整う理由とは?

コーヒーで便秘が悪化する場合とは?

さて、ここまでコーヒーで便秘を改善できる理由についてお話してきました。しかし、コーヒーを飲むと便秘が悪化すると言われることもありますね。

それにもちゃんと理由があります。確認していきましょう。

水分が不足する

コーヒーに含まれるカフェインが便秘改善に良いという話でしたが、カフェインの作用は他にもあります。それは利尿作用

コーヒーを飲むとトイレが近くなるような経験は皆さんもあると思います。

トイレに行く回数が増えれば、その分、体内の水分量も減っていきますね。これが問題。

便秘の原因の1つが、腸内の水分が不足することです。便は水分を含むと柔らかくなりますが、逆に言うと、水分がほとんどないと硬くなってしまいます。

硬い便は腸内でも移動しにくく溜まりやすいので、便秘につながるというわけです。

コーヒーばかりを飲んでいると、逆に便秘が悪化する可能性もあるということですね。

クロロゲン酸の影響

コーヒーにはポリフェノールも含まれていますね。ポリフェノールは基本的には健康に良いものですが、悪影響にもなる可能性があります。

コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールが含まれていますが、この成分には胃腸の働きを抑制する作用があります。

これによって消化が悪くなり、便秘につながる可能性もあるということですね。

カフェインで消化を促進しているのに、クロロゲン酸で消化が抑制される。では、コーヒーは便秘対策として有効なのでしょうか?これに関しては、体質によるとしか言えません。

どの成分がどれほど体に影響を与えるかというのは、個人差がありますからね。

便秘を解消するためのコーヒーの飲み方とは?

さて、最後にコーヒーで便秘を解消するために意識しておきたいポイントを押さえていきましょう。

コーヒーは飲み過ぎない

先ほど説明したように、コーヒーを飲んで便秘が悪化する可能性もあります。コーヒーを飲みすぎると悪化するリスクも高まるので、「たくさん飲めば治る!」と考えるのはやめましょう。

目安としては、1日3杯くらいが良いでしょうか。あとは、個人の体質に合わせて調整しましょう。

水分補給をする

コーヒーを飲んで便秘が悪化する要因の1つが、水分不足でしたね。ならば、その分、水分を補給すれば良いわけです。

コーヒーを飲むときに、コップ1杯くらいの水を飲む習慣をつけておくと、水分不足になりにくくなります。

ちなみに、おすすめなのは無糖炭酸水を飲むこと。なぜなら、もちろん水分補給にもなりますし、炭酸水にも便秘改善の作用があるからです。詳しくはこちら。

炭酸水で便秘を改善?ポイントは胃腸への刺激!

朝に飲むと良い?

便秘対策なら、コーヒーは朝に飲むのが良いとされています。胃腸が活発になりやすく、便通の促進につながるとか。

オリゴ糖を加える

オリゴ糖が便秘に良いという話もしましたね。というわけで、コーヒーにオリゴ糖を入れて飲んでみましょう。ポイントは、砂糖ではなくオリゴ糖ということ。

「自分はブラックで飲みたい!」と言う人も、少しオリゴ糖を加えるだけで変わってくると思いますよ。

まとめ

さて、今回はコーヒーで便秘を解消できる理由についてお話してきました。コーヒー好きの人には嬉しい話だったかもしれませんね。普段コーヒーは飲まないという人も、コーヒーを飲むと脳の働きも良くなりますし、飲む習慣をつけておくと良いかもしれませんね。

まあ、もちろんコーヒー以外にも便秘改善策はありますから、どうしてもコーヒーは苦手という人は無理に飲む必要はありませんよ。

コーヒーを飲むと頭痛が治る?

また、以下の記事で便秘解消に有効な食べ物や飲み物をいくつか紹介しています。気になる人はチェックしてみてください!

便秘解消に効果的な食べ物や飲み物まとめ