脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 食べ物・飲み物 » コーヒーで頭痛は治る?飲みすぎると頭痛の原因になることも

コーヒーで頭痛は治る?飲みすぎると頭痛の原因になることも

calendar

reload

コーヒーで頭痛は治る?飲みすぎると頭痛の原因になることも

コーヒーを飲むと頭痛が緩和されるという話を聞いたこともあれば、「頭痛の時はコーヒーは飲まない方が良い」と言われることもありますね。

まあ、厳密に言うと重要なのはコーヒーではなくカフェインですが。結局、頭痛時にコーヒーを飲んでも良いのか?

というわけで今回は、コーヒーと頭痛の関係についてお話していきます!

コーヒーで頭痛は治る?

さて、さっそく本題に行きます。コーヒーに頭痛を治すような作用はあるのか?

結論から言うと、「場合による」という言い方が正しくなります。それは、頭痛の原因によってカフェインが上手く作用するかが変わってくるからです。

たとえば、ストレスや過労が原因で生じる片頭痛というのは、脳の血管が膨張することによってその周囲の神経が刺激されて炎症が起こり、頭痛となったものです。

また、脳内の片頭痛の時は脳内のセロトニンというホルモンによって血管が収縮されます。片頭痛の時は、脳の血管の拡張と収縮が繰り返されることによっても痛みが生じますね。

ちなみに、カフェインの作用の1つに、血管収縮作用というものがあります。これによって脳の膨張した血管が収縮するので、片頭痛の緩和につながると考えられているのです。実際、頭痛薬の中にもカフェインが含まれていることがありますね。

このような理由から、コーヒーを飲むと片頭痛を緩和できると考えられています。

ただし、収縮した血管が再び拡張すれば痛みが生じます。収縮と拡張が繰り返されると、余計に頭痛がひどくなる可能性もあるので、必ずしも、カフェインが良いとは言えないかもしれませんね。

試しに、少しコーヒーを飲んでみて、痛みに変化があるかを確かめてみると良いかもしれません。また、コーヒーをどれくらい飲むかによっても、効果は変わってくるでしょう。

ちなみに、片頭痛とは別に、緊張性頭痛というものがあります。これは姿勢やストレスなどの影響によって首や肩の筋肉が緊張し、血流が悪くことによって生じる頭痛です。血流が悪くなると、筋肉が疲弊しやすく、神経も刺激されますからね。

このような緊張性頭痛には、コーヒーはあまり良くないと考えられています。血流が悪いことによって起きる頭痛なので、血管を収縮させたら余計に血液の循環が悪くなりますからね。

1日1~2杯程度のコーヒーは頭痛に良い?

ある研究によると、頭痛持ちの人は1日に1~2杯程度カフェイン飲料を飲むと、全く飲まない日よりも頭痛が緩和される傾向にあったとか。また、3杯以上飲むと頭痛が発生しやすくなる可能性もあるようです。

もちろん、頭痛の種類や個々人の体質によっても変わってくるでしょうが、カフェインを適度に摂取すると頭痛の緩和につながる可能性があるというのは面白いですね。

コーヒーを飲みすぎると頭痛になる?

コーヒーが頭痛に有効な可能性があるという話でしたが、コーヒーを飲みすぎると逆に頭痛の原因になることもあります。

厳密にはカフェインを摂取しすぎるとですね。

”カフェイン中毒”というものを聞いたことはありますか?これは、慢性的にカフェインを過剰摂取することによって体に不具合が生じたり、カフェインを摂らないと心身に不調が生じるというものです。

ちなみに、コーヒー以外にも緑茶やエナジードリンクなどにもカフェインが含まれているので、同様にカフェイン中毒になる可能性はあります。

「どれくらい飲んだらカフェイン中毒になる」という明確な基準はありませんが、目安は1日のカフェインの摂取量が340mg程度とか。コーヒーで言うなら、マグカップ2杯分ですね。コーヒー好きだとあっという間に超えてしまう量なので、要注意。

ただし、それ以上飲んでも特に症状の出ない人もいますし、1日のカフェイン摂取量が100mg程度でも症状が起きる可能性もあるとか。個人差が大きいようですね。

そして、カフェイン中毒の症状の1つに頭痛があります。カフェインの慢性的な摂取が血管の拡張や収縮に影響を与えているのかもしれませんね。

カフェインの摂取量には気を付けましょう。

まとめ

さて、今回はコーヒーと頭痛の関係についてお話してきました。必ずしも有効とは言えませんが、片頭痛の対策として役立つ可能性はありそうですね。

あとは症状や体質によって判断が必要です。

コーヒーで便秘を解消できる?