脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » ダイエット » キムチダイエットで痩せるって本当?得られる4つの効果や方法とは?

キムチダイエットで痩せるって本当?得られる4つの効果や方法とは?

calendar

reload

キムチダイエットで痩せるって本当?得られる4つの効果や方法とは?

韓国のアイドルや女優は肌が綺麗だったり、スタイルが良いイメージがありますよね。その理由の1つとして考えられているのが、キムチをよく食べていること。

実は、キムチはダイエットに効果的な食べ物と言われています。

というわけで今回は、キムチダイエットの効果や方法についてお話していきます!

キムチダイエットとは

キムチは韓国の家庭料理として作られている漬物ですね。最近は日本でもたくさん食べられています。そのまま食べたり、ご飯と合わせたり、キムチ鍋にしたりと、使い道が多いところもキムチの魅力ですね。

キムチダイエットとは毎日の食事にキムチを取り入れて、代謝を上げることによって痩せることを目指したダイエット法です。

しかし、なぜキムチを食べると代謝が上がるのでしょうか?その理由を見ていきましょう!

キムチのダイエット効果とは?

それでは、キムチで得られるダイエット効果について見ていきましょう。

脂肪燃焼効果

まず、キムチの特徴と言えば辛いこと。これは、キムチには唐辛子の辛味成分である「カプサイシン」が含まれているからです。

そして、カプサイシンには脂肪燃焼効果が期待できます。それは、カプサイシンがアドレナリンの分泌を促し、内臓脂肪の燃焼効果を高めてくれるから。

また、血行が良くなるので体温が上がりやすくなります。体の免疫力も高まりますし、冷え性の改善にもつながるでしょう。

腸内環境を改善

キムチは発酵食品の一種ということで、乳酸菌が豊富です。乳酸菌は善玉菌の一種で、腸内環境を整えるにはとても重要。

キムチ1gあたり、1億匹以上の乳酸菌が存在しているとも言われ、さらに食物繊維も豊富。便秘対策としても有効な食べ物です。

腸内環境が改善されれば便秘解消によって外見にも変化が現れますし、自律神経が整うことで血行がが良くなり、代謝も上がります。

ビタミン

野菜類はビタミンが豊富ですね。ただし、ビタミンは熱に弱いので、加熱した料理だと得られるビタミンも減ってしまいます。

しかし、キムチは加熱せずに作る食べ物。さらに、野菜が発行する過程でビタミンB1やビタミンB2などが作られています。

ビタミンB1やビタミンB2には糖質や脂質の分解を促す作用がありますから、さらに痩せやすい身体になりそうですね。

この他にもキムチには複数のビタミンが含まれていることから、キムチは美容効果やアンチエイジング効果も期待できるのです。

アリシンで代謝アップ

キムチにはニラやニンニクが含まれていますね。これらにはアリシンという成分が含まれているのですが、アリシンにはエネルギー代謝を高める作用や疲労回復効果などが期待できます。

ちなみに、アリシンは玉ねぎにも含まれているため、玉ねぎもダイエットに有効な食べ物と言われていますよ。

玉ねぎダイエットは健康的?痩せるための9つの効果とは

キムチダイエットのためのキムチの選び方

市販のキムチは大きく2種類に分けられます。それは、韓国で作られているような自然発酵によるキムチと、キムチ味の調味料に野菜を漬けて人工的に乳酸菌を添加したキムチです。

どちらも発酵されたものでダイエット効果はありますが、特に効果的なのは自然発酵によって作られたもの。

韓国の調味料である「オキアミ」や「ヤンニョム」といったものが使用されているキムチを選ぶと良いでしょう。

キムチダイエットの方法とは

ここからはキムチダイエットのやり方について見ていきましょう。

キムチを食べる時間帯は?

キムチは基本的にはいつ食べても良いのですが、おすすめは夜ですね。

昼間は腸の動きが活発なので、せっかくキムチを食べても乳酸菌が腸内に留まる時間が短くなってしまいます。

一方で夜は腸の活動も落ち着いてきているので、キムチの乳酸菌が長く腸内に留まってくれるのです。

これによって腸内の善玉菌が増えやすくなり、腸内環境の改善効果が高まります。

夕食でキムチを食べれば寝ている間に腸が改善され、朝起きた時に便秘解消効果が見込めますよ。

キムチを食べる量は?

キムチは1日にどれくらい食べるのが良いのか。

目安は50gほどですね。これは小皿1杯分程度。それほど量も多くないので、気軽に継続できるでしょう。

ちなみに、キムチのカロリーは100gあたり45~65kcal程度。低カロリーなので、カロリー過多を気にする必要もありませんね。

キムチを食べ過ぎると危険?知っておきたい4つのリスク

運動と組み合わせると良い?

なんだかんだ、痩せるためには運動も少しは取り入れた方が効果的です。

せっかくキムチを食べて脂肪を燃やしやすい身体にするなら、有酸素運動でさらに脂肪を減らしていきたいですよね。

忙しくて運動をする時間が無いという人は、ラジオ体操や踏み台の昇り降りといった簡単な運動でも良いので始めてみましょう。

ラジオ体操にダイエット効果?究極の運動と呼ばれる理由とは

キムチと納豆は相性が良い?

キムチだけでもそれなりのダイエット効果があるのですが、納豆と組み合わせることで、さらに大きな効果を期待できます。

納豆に含まれる納豆菌やオリゴ糖も善玉菌を増やす手助けをしてくれますし、キムチだけでは不足しがちなタンパク質を補うこともできます。

納豆ダイエットは痩せる?得られる5つの効果とは

キムチとトマトは相性が良い?

納豆以外にも、トマトと組み合わせるのも良いでしょう。

トマトもダイエットに有効な食べ物の1つで、トマトに含まれるリコピンにも脂肪燃焼効果が期待できます。

トマトダイエットで得られる嬉しい6つの効果とは

キムチと豚肉の相性は良い?

肉類は食べる太るイメージがあるかもしれませんが、ダイエットではお肉を積極的に食べるのがとても重要。

中でもおすすめなのが、豚肉です。タンパク質が豊富なのと、代謝を高める効果が期待できるからです。

豚キムチなどで一緒に食べると相乗効果が期待できそうですね。

豚肉がダイエットに良い?痩せる3つの理由

まとめ

さて、今回はキムチダイエットの方法についてお話してきました。

毎日少しキムチを食べるだけで痩せやすくなるので、気軽に続けられそうですね。

「キムチを食べるだけで劇的に痩せる!」というわけではありませんが、痩せやすい身体作りにはつながってくるでしょう。

ちなみに、他の食べ物によるダイエットについては下記の記事でチェック!

食事でダイエット!痩せるための食べ物や飲み物まとめ