脱力ライフの館

Home » 美容・健康 » 食べ物・飲み物 » ラムネが二日酔いに効くって本当?ポイントは低血糖だった!?

ラムネが二日酔いに効くって本当?ポイントは低血糖だった!?

calendar

reload

ラムネが二日酔いに効くって本当?ポイントは低血糖だった!?

忘年会や新年会のシーズンになると、ラムネを買う人が増えると言われています。

それは、「ラムネが二日酔い対策になる説」があるからです。

飲み会の多い時期はお酒による体調への影響も大きくなりやすいですよね。翌朝起きたら、頭痛や吐き気といった二日酔いの状態になる人もいます。

さて、実際のところ、ラムネは二日酔いの改善に役立つのでしょうか?本当に効くなら嬉しい話ですよね。

というわけで今回は、ラムネによる二日酔い改善についてお話していきます!

ラムネはなぜ二日酔いに良いと言われているのか

ラムネの中でも、特に有名なのが森永ラムネですね。スーパーやコンビニで気軽に購入できますし、おやつとしても子どもから大人まで人気があります。

そんなラムネがなぜ、二日酔いに効くと言われているのか。

・・・ポイントはラムネの成分にあります。ラムネの主成分はブドウ糖。

森永ラムネの場合は、成分の90%がブドウ糖だとか。

つまり、ラムネに含まれるブドウ糖が二日酔いに効くと考えられているため、「ラムネは二日酔い対策になる」という説が出てきたわけです。

というわけで、次の段落から、ブドウ糖と二日酔いの関係について見ていきましょう。

飲酒によって低血糖になる?

さて、ラムネと二日酔いの話をする前に、お酒を飲んだ後の体内の状態について少し確認しておきましょう。キーワードは”低血糖”です。

お酒を飲むと低血糖になる?

まずは、お酒を飲んだ後の体の状態について少し見ていきましょう。

結論から言うと、アルコールを摂取すると低血糖になる可能性があります。

低血糖とは簡単に言うと、血液中のブドウ糖の濃度が低い状態です。

ブドウ糖は体の細胞がエネルギーを生成するために重要な栄養素なので、基本的には低血糖にならないように血中の濃度は一定に保たれています。

しかし、アルコールを摂取すると、血中のブドウ糖の濃度が下がる可能性があるわけですね。

アルコールが体内に入ると、肝臓がアルコールを処理するために働きます。その際、肝臓の他の機能が一時的に抑制される可能性があるとか。その1つが、ブドウ糖を産生する機能です。

これによって低血糖の状態になる可能性があるわけですね。

感覚的な話をするなら、お酒を飲むと小腹が空くという経験はありませんか?シメのラーメンを食べたり、おつまみをたくさん食べたりという感じですね。

これは血中のブドウ糖の濃度が落ちて、脳が糖を欲している状態。

ちなみに、低血糖になるとどうなるのかというと、極度の低血糖の場合は意識を失ったり脳にダメージを負うなどの影響が出る可能性があります。

二日酔いは低血糖による症状?

お酒を飲んだ後は、頭痛がしたり倦怠感や吐き気といった症状が出ることがありますよね。いわゆる二日酔いです。

体質の問題だったり、脱水傾向なことなどが原因として考えられますが、その原因の1つが低血糖です。

たとえば、朝起きた時に二日酔いの症状があって、食事をとってから症状が緩和されたら低血糖が原因かもしれませんね。

ラムネで二日酔いが改善されるかも?

さて、ここまでの話から、お酒を飲むと低血糖になる傾向があること。二日酔いの原因の1つが低血糖であることがわかりましたね。

ここでようやく、ラムネの話に戻ります。

つまり、飲酒時にラムネが良いと言われるのは、低血糖を緩和できるからということですね。

二日酔いについても同様で、低血糖が原因の場合はラムネを食べることで改善される可能性があります。

「糖を摂取するなら、ラムネでなくても良いのでは?」

と疑問に感じる人もいますよね。もちろん、通常の食事でも低血糖は改善されます。

ただし、ラムネとの違いは、糖の体内への吸収の早さ。ラムネに含まれるブドウ糖というのは単糖類の一種で、体内への吸収が早いのが特徴です。

一方、砂糖など他の糖類は二糖類や多糖類に含まれ、体内へ吸収されるのに少し時間がかかります。

この辺りの話は下記の記事で詳しく話しているので、気になる人はチェックしてみてください!

【関連記事】ラムネは驚異的な栄養源?!脳をブーストさせるブドウ糖とは

さて、話を戻しましょう。ようするに、二日酔いの時にラムネを食べるメリットは、即効性によるものですね。

頭痛や吐き気を改善したい時に、すぐに食べられてすぐに効果が期待できるのが魅力と言えるでしょう。

ただし、そもそも二日酔いの症状が低血糖によるものでなければ効果はあまり期待できません。

また、ラムネを食べたからといって、飲酒がチャラになるわけでもないので、その点は注意が必要です。

あくまでもラムネはお菓子!健康食品というわけでもないですからね。

ラムネを食べるタイミングや量は?

さて、低血糖による二日酔いであれば、ラムネを食べることによって改善される可能性があることがわかりましたね。

ところで、ラムネはいつ、どれくらい食べるのが良いのでしょうか?

基本的には水分補給とともに

まず始めに、二日酔い改善のためには、何よりも水分補給をきちんとするのが重要です。

そして、水分補給をしつつラムネも食べるのが良いです。森永ラムネであれば、1日1本程度を目安に食べるのが良いでしょう。

注意点として、二日酔いが辛いからといってラムネをたくさん食べるのはNG!

ブドウ糖の過剰摂取になる可能性がありますし、ラムネはあくまでもお菓子。たくさん食べて健康になるわけではないので、その点は勘違いしないようにしましょう。

お酒を飲んでいる最中にラムネを食べる

先ほどのパターンは、二日酔いを感じてからラムネを食べる場合。

では、二日酔いになるのを見越して、事前にラムネを食べておくのはどうでしょうか?予防的な意味合いですね。

これに関しては、ケースバイケース。

まず、お酒を飲みながら食事をしている場合はラムネを食べる必要はありません。たとえば、シメにラーメンやおにぎりを食べていたり、おつまみとして甘い物を食べている場合などですね。

このような場合は既に糖分を摂取しているので、低血糖にはなりにくいです。そのため、プラスでラムネを食べてもあまりメリットがありません。

それよりも、お酒を飲んで少し時間が経ってからラムネを軽く食べておく方が効果はありそうですね。時間が経ってから低血糖になる可能性もありますから。

次に、飲酒時にあまり食べ物を食べていない場合。飲むのがメインの場合ですね。この時は、糖分の摂取量が少ない可能性があるので、低血糖になる可能性もあります。

そのため、お酒の合間にラムネを食べることで糖分を摂取するのは有効と言えそうですね。

また、おつまみとしてラムネを食べれば、食事をしながらお酒を飲むよりもカロリーを抑えられそうです。

【関連記事】ラムネで痩せる?!ダイエットをサポートする2つの理由

ラムネを食べてもお酒はチャラにならない

二日酔いにラムネが良いと聞くと、「飲んだ後にラムネを食べておけばたくさん飲んでも良いんだ」と思う人もいるかもしれませんね。

しかし、その考え方はNG!

ラムネに期待できるのは、あくまでも低血糖の緩和。アルコールの分解や代謝の速度が速まるわけでもないですし、肝臓への負担も変わりません。

そもそも、二日酔いになるほどのお酒を飲まないように意識する方が重要ですからね。

まとめ

さて、今回はラムネによる二日酔い対策についてお話してきました。

効果に関しては個人差がありそうですね。

でも、もしもラムネを食べて症状が緩和されるなら嬉しい話です。二日酔いになると仕事や勉強のパフォーマンスも急激に落ちてしまいますからね。

試しに食べてみるのも良いでしょう。

ちなみに、二日酔い以外にラムネに期待できる効果についてはこちらの記事をチェック!

【関連記事】大人こそラムネを食べるべき?!生活に役立つ3つの効果とは

【関連記事】ラムネで集中力アップ?勉強や仕事の作業効率が変化する

最近は森永ラムネにも大粒型があります。1粒の満足感が大きいので、おすすめですよ。

そして、普通のラムネの味に飽きたという人はこちらもおすすめ!なんと、コーラ味です!私もこちらの商品は家に常備していますね。脳を使う作業をする時はラムネを食べています。